カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1972年4月のヒット曲

今年になってから 「Albums of the Year」 企画を行っておりますが、その
スタートは「1973年」という実に中途半端な年からになっております。

というのも1972年迄のOASI-Zは 「ロック少年」 ではなく「ポップス少年」
だったからです。
1972年までは「シングル盤の洋楽ポップス」を中心に聴いておりましたので、
リアルタイムな感覚で、アルバムの順位をつけるのは困難であると判断した結果
1973年からスタートしたのです。

洋楽ポップスはシングル盤のレコードで聴くもの。そして、できれば音質の悪い
AMラジオで聴くのが、味わい深いと考えます(笑)。
当時はFMラジオをエア・チェックするという発想はなく、音質度外視でAMラジオ
の「洋楽ヒット・チャート番組」を録音し、何度もそのカセット・テープ繰り返し
聴いて、レコードを滅多矢鱈に買えない小学生は満足するしかなかったのです。

そもそもラジカセというもの初めて買ってもらったのが、1972年の4月の事で
当時、小学5年生になったばかりのOAS-Zは外で遊んでいても、必ず午後5時には
家に帰るようになりました。

その理由は、北海道STVラジオで月~土のPM5時から放送されていた、この
ブログでも何回か登場している「ハイ、ダイヤルリクエストです」という洋楽の
ヒット・チャートを毎日、リクエストの票数で順位を決める番組を聴く為でした。

恐らく、当時北海道に住む10代の洋楽ファンは、10人中10人が聴いていたと
思われるとても貴重で、ありがたい洋楽ヒット・チャート番組でした。

一つの曲に対し、10名ほどのリクエスト者の名前を読み上げるのですが、自分の
名前が読み上げられた翌日は、学校でちょっとしたヒーローでしたね(笑)。

今回は、そんな「ポップス黄金時代」1972年の4月のヒット曲に
スポットを当ててみたいと思います。

【今日の5曲 1972年4月のヒット曲】
1.母と子の絆/ポール・サイモン
2.愛するハーモニー/ニュー・シーカーズ
3.チャッキー・ワゴン/ルー・クリスティー
4.スーパー・バード/ニール・セダカ
5.名前のない馬/アメリカ



Mother and Child Reunion/Paul Simon

白人ミュージシャンとして初めての「レゲエ曲」と言われたこの曲。当時は何の気
なしに聴いておりましたが、ポール・サイモンのソロ作品はサイモン&ガーファン
クル
時代と違って、音楽に向かう姿勢がとてもラジカルでしたね。

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽 | GENRE:音楽 |

ロック夜話~8月の洋楽ヒット曲を聴きながら

毎日暑いですね~。

なんか、年々暑くなっているように思うのですが、気のせい?

先日、このクソ暑い中でゴルフをしたんですけど、死ぬかと思いましたよ。

昼食の時に、余りの暑さで調子に乗って「中生」 2杯飲んだら、

午後からのプレーで汗が止まらなくなってしまってね。

おまけに、なんだか気持ちも悪くなってきちゃって・・・

いくら喉が渇いた言っても、ほどほどにしないとね。

海よりも深く反省した、真夏の休日でした・・・。

という事で、ここ数日オリンピック漬けの毎日で、思うように更新が出来て

いないのですが(←言い訳)、今日は1971年1972年1973年1974年

そして1975年8月のヒット曲を聴きながら、まったり過ごして行きたいと

思います(笑)。


【今日の5曲】 1971年~1975年の8月のヒット曲

1.サマー・クリエイション/ジョーン・シェパード
2.メタル・グルー/T.レックス
3.ギヴ・ミー・ラヴ/ジョージ・ハリスン
4.バンド・オン・ザ・ラン/ポール・マッカートニー&ウイングス
5.そよ風の誘惑/オリビア・ニュートン・ジョン




サマー・クリエイション/ジョーン・シェパード(1971年8月のヒット曲)


洋楽を聴き始めた1971年の夏、ヒットしていたのがこの曲でした。

マックスファクターのCMソングに使われていた曲で、OASI-Zにとって「夏」

をイメージする曲と言えば、今でも「サマー・クリエイション」なのです。

もう40年以上前のヒット曲なんですけどね・・・。

因みに、このシェパードさんは千昌夫さんの奥さんだった方で、一時期

「新婚さん いらっしゃい」の司会も、務めておりましたね。



メタル・グルー/T.レックス(1972年8月のヒット曲)


ロック・ミュージシャンで一番最初に好きになったのは、マーク・ボラン

その辺の所は、ここにも書いたんですけど、それまでは「ポップス」

ヒット曲を中心に聴いていたのですが、「ロック」のカッコ良さに惹かれて

聴くきっかけになったのがT.レックスだったのです。

この頃のマーク・ボランは、ファンが待ち望むアイドル性やカリスマ性を

備えたロック・スターを意識的に演じていたわけですが、決して健康的な

アイドルでは無く、何処か影がある、危うさが漂うポップ・アイコンでした。

続きを読む

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 |

雨のフィーリング

Here Come That Rainy Day Feeling Again

日本列島に台風4号が上陸し、ここ新潟も風雨が強くなってまいりました。

そんな時に何ですが「雨の日に聴きたい音楽」、例えば邦題に「雨」がつく
洋楽も結構ありますよね~。

「雨を見たかい」
「雨に濡れても」
「雨に濡れた朝」
「雨の日と月曜日は」
「悲しき雨音」・・・・・


そんな中で40年ぶりに、本当に久しぶりに耳にしたのが'71年のヒット曲
フォーチュンズ「雨のフィーリング」でした。

以前、リンクさせていただいていたtone toneさんのブログで、偶然聴く
機会があったのですが、本当に懐かしくて涙が出そうでした。

普通、40年も時間が経過すればその間に1回くらいは、ラジオやどこかで
耳にする事があっても良さそうなものですが、本当に1度も聴いたことが
無かったのです。

すっかり、この曲の存在自体を忘れていたのです・・・。

このレコードを当時、私の兄が所有しておりその影響で私が小学4年生の
時、この曲に出逢ったのです。
ワクワクするイントロと、Aメロ~Bメロ~サビのメロディ・ラインがほどよい
ポップな高揚感に包まれていて、ストリングスが効果的に使われた70年代
ポップスのフォーミュラー
と言える曲だと思います。

フォーチュンズはイギリスのバンドで、60年代初期に結成されるもヒット曲
には恵まれず、ようやく'71年にこの「Here Comes That Rainy Day Feeling
Again」
が全米15位のヒットとなったのです。
日本の洋楽チャートでも、ベスト10に入るスマッシュ・ヒットでした。

日本でヒットした大きな要因は、曲の良さも然ることながらレコード会社が
つけた「雨のフィーリング」という邦題が、良かった事だと思います。
「Here Comes That Rainy Day Feeling Again」を、カタカナ標記にすると
長過ぎですものね~(笑)。


Here Comes That Rainy Day Feeling Again/The Fortunes

この曲を私に思い出させてくれた、tone toneさんに感謝します。
元気にしてるかなぁ~。

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 |

冬の散歩道

冬の散歩道




天気が良い時は、雪が眩しく見える時もあります。





でも、こんな時に車の運転をしていると、死ぬかと思います。





大荒れ新潟
夕方ではありません、お昼に撮影したものです





新潟市内は、ここ10日ほど気温がずーと低いので雪が解けずに、時々この

ような吹雪になります。



こんな時は家に早く帰って、音楽を聴いて気持ちだけでも明るくなりたいですね。





「冬の散歩道」 サイモン&ガーファンクル 
【Hazy Shade Of Winter】


先日までの企画「70年代ポップス・ベスト30」に選ばれても良かった位、

大好きな曲。1973年の冬にリバイバル・ヒットしました。


この曲を聴きながら、暖かい春「早く来ないかな」

小学生の頃、いつも思っておりました。



まぁ、バングルスでも、可愛いからいいんだけどね。(汗)。




THEME:洋楽 | GENRE:音楽 |

ロック夜話② 1972年、10月の洋楽ヒット曲を聴きながら

10月になった途端にめっきり「あき」らしくなりました。

あきと言っても「ほしのあき」じゃないですよ。というフレーズは
確か以前に使ったような・・・。

ほしのあきも、JRAジョッキー三浦コーセイと結婚したのですね~。
コーセイとのセーコウにセイコウして、早く元気な赤ちゃんを生んで
ほしーのぉ・・・。

今年も残すところ、あと3ヶ月。ホント1年は早いものです・・・。

そんなこんなで、前置きが長くなりましたが1972年10月にヒットした
洋楽から「今日の5曲」を選んでみました。

1.渚の想い出/ミッシェル・ポルナレフ
2.灰色の朝/ブレッド
3.アローン・アゲイン/ギルバート・オサリヴァン
4.秋はひとりぼっち/ヴィグラス&オズボーン
5.シーモンの涙/イングランド・ダン&ジョン・フォード


先ず、1曲目はミッシェル・ポルナレフ「渚の想い出」です。
シェリーに口づけ以降、出すシングルが全て大ヒットしましたね~。
この曲を聴くと、たくさんの人で賑わっていた海も、「今はもう秋ぃ~
誰も居ない海ぃ~」という感じの情景が、浮かんで来ます。


渚の想い出/ミッシェル・ポルナレフ

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。