カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダーな気分で

昨日は長嶋茂雄読売ジャイアンツ終身名誉監督と、松井秀喜さんの「国民栄誉賞」
授賞式で盛り上がった1日でしたが、長嶋さんは始球式で松井の投げる球を、本気で
打ちにいってましたね(汗)。

ところでその野球の話ですが、「アンダースローのピッチャー」というと、貴方は誰を
思い浮かべますか?(←あまりにも唐突過ぎないか?)

私が子供の頃、最初に出会ったアンダースローの投手と言えば、元巨人の渡辺秀武
「メリーちゃん」の愛称で親しまれた投手で、ノーヒット・ノーランを記録した
1970年に20勝するなど、堀内、高橋一三と並んで巨人のV9に大きく貢献しました。

しかし、私の世代で最も活躍した下手投げの投手と言えば、阪急ブレーブスの黄金期
を支えた山田久志に尽きると思います。
通算284勝は、アンダースローの投手の中では最高の成績。プロ野球記録の12年連続
開幕投手を務めるなど、記録にも記憶にも残る昭和の大投手と言えるでしょう。

ただ、普通に野球をやっていて最初からアンダースローの投手を目指す事は有り得ない
わけで、アンダースローに辿り着くまでには色々な葛藤や苦悩があったと思われます。

先に書いた渡辺秀武は、プロに入ってから南海ホークスの杉浦忠を真似て下手投げに
転向したという事ですし、山田久志は社会人野球の時にサイドスローから下手投げに
転向したとの事。

少年野球や高校野球の指導者が、オーバースローで芽が出ない投手にアンダースロー
を勧めるという事は、先ず考えられませんし、特に今の時代はアンダースローのプロ
野球投手が少なくなったので、今後は名球界に入るような投手は現れないのでは?と
思います。

という事で 何の脈絡も有りませんが、野球からロックへ「強引・マイ・ウェイ」に曲の
タイトルに「アンダー」がつく5曲を選んでみました。


【1曲目】
アンダー・マイ・ホイール/アリスクーパー・・・Killer

Killer.jpg


Under My Wheels/Alice Cooper

アメリカのグラム・ロックと言えば、このアリス・クーパー
最後の「ガチャガチャガチャガチャ」が堪りませんね~(笑)。

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ロック夜話~ALLな気分で

Planet EarthWelcome Interstate ManagersCountry LifeSound Of SilverThe Big Express


皆さんは、ロンドン・オリンピック観てますか?

ロンドンと日本は時差が9時間あるので、所謂日本のゴールデンタイムは
ロンドンのお昼前後なので、どうしても「決勝」となると日本時間の深夜に
なってしまうのは、致し方ないところですね。

そんな中でも「柔道」は、日本に放送時間を合わせてくれているのか
なんとか頑張れば決勝をリアル・タイムで観る事が出来ていいですね~。

その柔道ですが、海老沼選手の準々決勝の試合での「旗判定」における
三人の審判の不可解な判定と、それを覆した「ジュリー制度」なるものに
驚かされました。

レベルの低い審判も然ることながら、その低レベルの審判による誤審を防ぐ
為に「審判を審判するジュリー制度」って、一体・・・。

あれじゃ審判を三人置く意味は、ないんじゃね?
判定になったら、ジュリーに審判を委ねればいいんじゃね?

まぁ、三人の審判には「ジュリーがライバル」(by石野真子
と言えるように、しっかり審判技術を磨いてもらいたいものです・・・。


Planet Earth
All The Midnight In The World/Prince・・・Planet Earth

Welcome Interstate Managers

All Kinds Of Time/Fountains Of Wayne
           ・・・Welcome Interstate Managers



All I Want Is You/Roxy Music・・・Country Life

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

嵐が過ぎ去った後に

after storm

先日の「爆弾低気圧」による暴風雨。凄かったですね~。

上の写真は、その暴風雨が我家の庭にある「シャラの木」をポキリと折った
写真です(涙)。

これまでも、雪の重みで庭の「ゴールドクレスト」が倒れた事件は有ったの
ですが、木の枝が折れたのは初めてでした・・・。

新潟市では国道沿いの電柱が20本倒されたり、その影響もあって10万戸の
世帯で停電があったというほど、大きな爪痕を残しました。
(我家も1時間ほど停電しました)

まさに、「春の嵐」が吹き荒れた感じでしたね・・・。


そんな時に、不謹慎かも知れませんが「今日の5曲」は邦題に「嵐」
つく曲を集めてみました。


今日の5曲
1.嵐ヶ丘/ケイト・ブッシュ・・・The Kick Inside
2.嵐の恋/バッドフィンガー・・・No Dice
3.愛の嵐/パット・べネター・・・Live From Earth
4.嵐の使者/ディープ・パープル・・・Stormbringer
5.



The Kick Inside

先ず1曲目は、先日の「ウーマン・ロック特集 第4夜」でも取り上げた
ケイト・ブッシュ、1978年のデビュー・アルバム 『The Kick Inside』 
から、バラエティ番組『恋のから騒ぎ』のオープニングテーマでお馴染み
「嵐ヶ丘(Wuthering Heights)」をお聴き下さい。


Wuthering Heights/Kate Bush

続きを読む

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 |

ウーマン・ロック特集 番外編

The Book TaliesynAbraxas.jpgDouble FantasyFirst FinaleRock And Roll Over


私OASI-Zも中学生になると、イッチョ前にお洒落なんぞに気を配るように
なりました。

鏡を見ながら、ドライヤーでヘアーブローをするようになったのです。

そして仕上げに使っていたのが、父親が使っていた「丹頂チック」
なるもの。

いわゆるポマードのスティック版とでもいうのか、手を汚さずに髪に塗りこむ
ものでした。

しかし、鼻につく強烈な臭いが周囲に「オヤジ臭」を撒き散らしている
のでは?と感じて早々に取り止めたのです。

替わって注目したのが、爽やかなイメージで当時、売り出し中の草刈正雄
をCMに起用していた「MG5」でした。

比較的「手頃な価格」という事もあって、当時の学生は殆ど「MG5派」
だったのではないでしょうか。

ウィキペディアで調べてみると、資生堂の「MG5」に大きくシェアを奪わ
れた丹頂は、起死回生の「マンダム」シリーズを発売。

アメリカの俳優、チャールズ・ブロンソンをCMに起用し、ジェリー・ウォレス
が歌う「男の世界」をバックに「う~ん、マンダム」と言いながら
顎を摩るしぐさは日本中で大流行し、幼い子供まで真似をするほどでした。

という事で、今日は「う~ん、マンダム」→「うーまんだむ」→「ウーマンだむ」
の流れで、前5回に亘ってお送りした「ウーマン・ロック」の番外編として、
曲のタイトルに「ウーマン」がつく5曲を選んでみました(爆)。


今日の5曲
1.ケンタッキー・ウーマン/ディープ・パープル・・・The Book Taliesyn
2.ブラック・マジック・ウーマン/サンタナ・・・Abraxas
3.ウーマン/ジョン・レノン・・・Double Fantasy
4.レゲ・ウーマン/スティーヴィー・ワンダー・・・First Finale
5.ハード・ラック・ウーマン/キッス・・・Rock And Roll Over



The Book Taliesyn

先ず1曲目はディープ・パープルの1969年のナンバーで、「ケンタッキー・
ウーマン」
です。
この曲は、彼らの2nd『The Book Of Taliesyn(詩人タリエシンの世界)』
に収められたニール・ダイアモンドのカヴァーで、ハード・ロックというよりも
小気味良いサイケ・ポップなナンバーです。



続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ロック夜話① ~打倒!脂肪肝~

Ultravox.jpgMummer.jpgHanny DrippersManic StreetElvis Goodbye

今日の5曲
1.ニュー・ヨーロピアンズ/ウルトラヴォックス・・・Vienna
2.レディバード/XTC・・・Mummer
3.シー・オブ・ラヴ/ザ・ハニー・ドリッパーズ・・・Volume One
4.絶望の果て/マニック・ストリート・プリーチャーズ・・・Gold Against The Soul
5.ウォースレス・シング/エルヴィス・コステロ・・・Goodbye Cruel World



実はワタシ、今年の健康診断で「脂肪肝」という、あまり有り難くない
判定をいただきました(汗)。

BMIが21.3(基準値18.5~24.9)、体脂肪率14.4%(基準値24.9%未満)、
中性脂肪82(基準値35~149)、腹囲76.2cm(基準値85cm未満)と全ての
項目が基準値の範囲内に、入っているのにもかかわらずですよ・・・。
(もちろん、他の項目も全てA判定でした)

この「脂肪肝」が発見されたのは、いわゆる「血液検査」では無く、
「超音波検査」よって。
よく妊婦さんが妊娠中に実施する「腹部エコー」によって、発見された
のです。

実はこの検査を受けるのは10年ぶり。いわゆる節目の年(40歳、50歳)に
なると補助金が出るので会社から、いつもより念入りな「人間ドック」的な
健診を、受診する事を勧められるのです。

10年前には何も発見されなかったので、この10年で確実にじわじわと
脂肪が肝臓の周りに付いて行ったのでしょうね~。

健診結果のコメント欄には
「超音波検査によって脂肪肝が認められます。適度の運動を心がけ、
アルコール、菓子類、脂肪分を減らし太らないようにしましょう」
だって。


↓この曲がサントリー角瓶のCMに使われた、今から30年前には全く
お酒を飲めなかったOASI-Zだったんですけどね・・・。


New Europeans/Ultravox

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。