カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALBUMS OF THE YEAR 2009 ③

みなさん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしく、お願いいたします。

2010年元旦の新潟は、雪こそ降りませんでしたが、とても強い風が
吹き荒れて寒い一日でした。

それでは、「ALBUMS OF THE YEAR 2009 ③」
10位~1位を、発表したいと思います。

第10位 JET/Shaka Rock

JET.jpg Seventeen/JET

メンバーの中心人物、セスター兄弟の父親を亡くした悲しみの中で
作られた前作は、オアシスやビートルズを意識させるメロウな曲が
中心でしたが、この3rdアルバムは「吹っ切れた」というのか、元気
一杯のロックンロールを聴かせてくれました。
メンバーの三人がソングライティングと、ヴォーカルを手掛け一曲毎
に表情を変える事ができるのが、このジェットの強みです。

第9位 WILCO/The Album
Wilco.jpg You and I/Wilco

1995年にデビューして今作が7枚目の作品。決して商業主義に走る事無く、
一貫してオーガニックなアメリカン・ロックを奏でてきたウィルコ
どこか懐かしさを感じさせる曲調は、いつの時代にも通用するポップ・
ミュージックの普遍的要素を持ち合わせていると言えます。
この「You And I」は、とても心に染みるフォーキー・バラードです。

第8位 DINOSAUR Jr./Farm

D Jr See You/Dinosaur Jr.

「えっ、ダイナソー・ジュニアって、こんなにいいバンドだったの?」と
思わせる快心作であります。
再結成後、2作目となる本作品はミドル・テンポのハード・ロックが中心
ですが、これがまたいいんです。この「シー・ユー」は切なげなヴォーカル
のバックで、ギンギンのディストーション・ギターがなり続ける、個人的
ベスト・トラックです。

第7位 U2/No Line On The Horizon

U2 albumNo Line On The Horizon/U2

1987年に発表された「ヨシュア・トゥリー」以降、常にロックの象徴という
ポジションに居続けたU2。そんなU2が、その後20年以上歩んできた道は
「正義と道徳」という大義名分の中で、とても険しい道だったと想像されます。
しかし、彼らの音楽に対する方向性は私が22歳の時に発表した「WAR」の
頃から、何一つ変わっていない。時代が変わっても、境界線は無いのです。

第6位 MUSE/The Resistance

MUSE.jpg Unnatural Selection/MUSE

ハード・ロックとプログレッシヴ・ロックとクイーンのドラマチックな部分を
合体させて、完成させた『超スペクタクル・ロック』と言ってしまうのは、乱暴
かもしれないが、現在のバンドの中では1,2を争うライヴ・パフォーマンスを
展開させる事ができるのが、このミューズだろう。
ただ、ここまで来てしまうとこの先、このバンドが何処に向って行くのか?
そんな事を心配させてしまうくらいの、集大成と言えるアルバムです。

第5位 The Cribs/Ignore The Ignoran

Cribs.jpg Last Year's Snow/The Cribs

ハッキリ言って、クリブスと言うバンド、全く知らなかったです(大汗)。
このアルバムを聴いたきっかけは、元スミスのギタリスト、ジョニー・マー
が加入したから。
マーの加入は、発展途上中の垢抜けないガレージ・ロックを、都会的に洗練
されたギター・ロックに変えてしまったのです。それは双子のツイン(笑)
リード・ヴォーカルに、年齢差17歳のツイン・リード・ギターというこれまでに
無い、新しいバンド・スタイルが誕生した瞬間でもありました。
この「ラスト・イヤーズ・スノウ」は『想い出の渚』風のイントロが、印象的な
シンガロング必至のナンバーです。

第4位 Metronomy/Nights Out

metornmy.jpg Radio Ladio/Metronomy

このアルバムは、輸入盤が2008年に出ているのですが、日本盤は2009年
に発表されましたので、ここにエントリーしました。
アルバムを聴いた時の第一印象は「懐かしい記憶にある違和感」でした。
それは、はじめてプログレッシヴ・ロックを聴いた時の、違和感でした。
音の方はシンセサイザーと、無愛想なヴォーカルをフィーチュアした、
エレクトロ・ダンス・ミュージック。ただ、ポップというよりもアヴァンギャルド
で無機質な冷たさを感じる音処理が、最初は馴染めなかったのですが、
これはスルメで、聴けば聴くほど味わいが出る、それがメトロノミーです。

第3位 Manic Street Preachers/Journal For Plague Lovers

MANICS.jpg
Jackie Collins Existential Question Time/Manic Street Preachers

このアルバムは、5位のクリブスと並んで、ipodで一番聴いたアルバムです。
1995年に突然失踪した、ギタリスト兼作詞を担当したリッチー・ジェームスの
確認が取れないまま、死亡宣告を発表した直後のアルバムです。
アルバム全体としては、へヴィな部分とポップな部分が見事に調和していて、
これ迄のマニックスのアルバムの中でも、出色の出来だと言えます。
リッチー失踪後、悪戦苦闘してきた残されたメンバーの努力の結晶が、彼の
詩(死)を受けて「最高傑作アルバム」を、完成させたのです。

第2位 Green Day/21st Century Breakdown

GREEN DAY
21st Century Breakdown/Green Day

大傑作アルバム「アメリカン・イディオット」から約5年、グリーン・デイ
またまた、とんでもないアルバムを作り上げました。
3分間のポップ・パンクをつなぎ合わせた、「パンク・ロック・オペラ」という
独自のスタイルを築き上げ、前作以上に濃密な三部構成からなる、70分を
超える大作を発表したのです。
前作発表後、「もう、あれを超えるアルバムは作れないのでは?」という噂が
流れた事もありましたが、5年という年月は決して無駄ではなかったと思います。
1970年代後半に誕生したパンク・ロックは、紆余曲折を経て今も尚、このバンド
によって進化続けているのです。

第1位 Fleet Foxes/Fleet Foxes

FLEET FOXES
He Doesn't Know Why/Fleet Foxes

そして栄えある(笑)OASI-Zが選ぶ、2009年の年間ベスト・アルバム第一位は、
フリート・フォクシーズです。
このアルバムも、世界的には2008年の作品なのですが、日本盤は2009年に発売
されましたので、堂々2009年のベスト・アルバムに選出させていただきました。

バンジョー、マンドリン、ピアノ、フルート等、多種多様な楽器を用いながら、
オーガニックなハーモニーとコーラスを聴かせてくれる、「ネオ・フォーク」と
言われるこのバンドの音は、最近のアメリカ・インディー・シーンの大きな潮流と
なっています。

CSN&Yの再来だとか、バッファロー・スプリングフィールドの影響を大きく
受けているとか、それはかなりの部分で的を射ていると言えますが、
フリート・フォクシーズのフォーキーなサウンドは、原点回帰というよりは
豊富な音楽情報量と高いスキルを、持ち合わせた斬新で実験的な音に
聴こえるし、現在メインストリームになっている音楽ムーヴメントに対する
アンチテーゼと言えるでしょう。

何度聴いても飽きないし、聴く度に新しい発見をさせてくれる素晴らしい
アルバムだと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【選考秘話】

実は、1位はグリーン・デイで決まりだと途中まで考えていたのですが、
お風呂掃除をしながら(笑)ipodでフリート・フォクシーズの
「ヒー・ダズント・ノウ・ホワイ」を聴いていましたら、何度も聴いて
いたはずなのに、その美しいメロディとハーモニーに思わず涙しそうに
なりました。
それで、フリート・フォクシーズが大逆転で1位となったという事を、
付け加えておきます。
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ALBUMS OF THE YEAR 2009 ②

やっと、個人と会社の年賀状印刷を終えて投函する事が出来ました。

この数年パソコンで年賀状を作るようになって宛名書きも無く、費用も
それ程かからずに(インク代のみ?)、好きなデザインで作成できるのは、
もの凄~く便利だと思うのですが、その反面年々完成が遅くなって、この
年末に「ひぃ~ひぃ~」言いながら、作るのが恒例行事となってしまいました。

「25日までに投函下さい」という郵便局のCMを、完全に無視して堂々と
29日に「元旦」と書いた年賀状を出して、本当に大丈夫なのでしょうか???

そして今日(30日)は家の「大掃除」で、いい汗かきましたぁ。
部屋や窓がキレイになるのは、気持ちがいいものですね~。

ということで、年をが越さないうちに「ALBUMS OF THE YEAR 2009 ②」
20位~11位を、大急ぎで更新をしたいと思います。


Girls.jpg Laura/Girls・・・Album

20位は男がメンバーの中心なのに、ガールズです(笑)。
この「ローラ」はイントロがファウンテンズ・オブ・ウェインの「ヨランダ・ヘイズ」
をローファイにした音に激似。
更にAメロ~Bメロも、なんか聴いた事があるなぁと考えていましたら、懐かしい
ニール・ダイアモンドの「スイート・キャロライン」ではありませんか!
とってもポップで話題性もあって、今年の新人の注目株です。

New Found Glory Listen To Your Friends/New Found Glory・・・Not Without A Fight

19位ニュー・ファウンド・グローリーです。
「原点回帰」と言われた今作品は、キャッチーなメロディを前面に出した
元気一杯のメロディック・パンクな仕上がりになりました。
個人的にはフォール・アウト・ボーイの活躍に、かなり刺激を受けたんじゃ
ないかと思っております。

Parl Jam Got Some/Pearl Jam・・・Backspacer

18位パール・ジャムです。
曲を書いていて、キャッチーなサビやメロディが生まれたら「これはダメだ」
とボツにしていたエディ・ヴェダーが、そんな呪縛から開放されてキラキラ
・ポップ満載のアルバムに仕上げました。
スプリングスティーンもそうでしたが、オバマ大統領就任の影響って
凄いですね~。

Razorlight.jpg Hostage Of Love/Razorlight・・・Slipway Fires

17位レイザー・ライトです。
前2作と比べると地味な印象を受けますが、名曲揃いのアルバムです。
ただ、このアルバム最大の思い出は、CDのプラケースを紙製のカバー
ジャケットが覆っているのですが、これがなかなか外せない。
中のCDを指で押して、なんとか
取り出そうと思っても、プラケースとの密着度が凄くて全く歯が立たない。
結局、定規をプラケースとカバージャケットの隙間に差し込んで空間を
あけて、何とか取り出しました。
プラケースの表面が新品にもかかわらず、定規の挿入によりキズだらけ
だったのは、言うまでもありません(号泣)。

Kasabian.jpg Underdog/Kasabian・・・West Ryder Pauper Lunatic Asylum

16位カサビアンです。
彼らの三枚目のアルバムは、サイケ色の強いアルバムとなりました。
正直、このアルバムを聴くまでは「クラブフット」位しか知らなかった
のですが、強烈なグルーヴを持った、正統的ロックンロール・バンドで
ある事を教えてくれました。

The Virgins Rich Girls/The Virgins・・・The Virgins

15位ザ・ヴァージンズです。
これは正直、'70年代後半にお洒落なディスコサウンドで一世風靡した
「シック」ですね。
実際、彼らのインタビューでもイメージしたのは「ナイル・ロジャースと
デヴィッド・ボウイ」と語っているくらいで、このファンキーなグルーヴと
ハイセンスな佇まいは、ニューヨーク
のセレブ達に受けそうな音だと思います。何せ「リッチ・ガールズ」
ですから(笑)。

The View 5 Rebbecca's/The View・・・Which Bitch

14位ザ・ビューです。
このアルバムは2枚目のアルバム。いわば鬼門となるアルバムです。
しかし、彼らはいとも簡単にこのハードルを飛び越えてくれました。
この「5レベッカズ」は、1stの延長線にある曲と言えますが、青臭さが抜けて
音楽的にもバンド・スケールが大きく進化・成長した印象を受けます。

Arctic Monkeys My Propeller/Arctic Monkeys・・・Humbug

13位は、アークティック・モンキーズです。
3枚目のアルバムにあたる本作品では、前2作にあった性急なビートと圧倒的な
グルーヴ感が影を潜め、新機軸と言える実験的でヘヴィでディープなサウンドを
作りあげました。若き天才アレックス・ターナーのとどまる所を知らない才能には、
ただ呆れるばかりです。
最近の写真を見ると、彼もすっかり大人になりましたね~。

51C2ipwTksL._SL500_AA240_[1] Back With You/Tinted Windows・・・Tinted Windows 

12位ティンテッド・ウィンドウズです。
ファウンテンズ・オブ・ウェイン、元スマッシング・パンプキンズ、ハンソン、そして
チープ・トリックという4つのバンドのメンバーから構成されたスーパー・グループ。
ライヴを意識したシンプルなパワー・ポップは、まるでチープ・トリックのよう。
メンバー全員の「演っていて楽しい!」という気持ちが伝わってきます。

BPA.jpg
 Superman/The BPA Feat. Simon Thornton・・・I Think We're Gonna Need A Bigger

そして11位BPA(ブライトン・ポート・オーソリティー)です。
ファットボーイ・スリムのノーマン・クックが、仕掛け人となって作り上げた
「構想40年、製作期間30年!?英国より愛をこめて」のオムニバス・アルバム
です。
参加メンバーが、デヴィッド・バーン、イギー・ポップ、ディジー・ラスカル
など、よくここまで豪華なメンツが、こんな冗談のようなアルバムに結集
したなぁと思わせる、正に「奇跡のプロジェクト?」です。
PVは「とにかくバカらしい」の一言で(特に“足指ダンシングToe Jam”のPVは
必見)、大人の娯楽作品と言えるゆる~い作品ですが、この「スーパーマン」
珠玉の名曲。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

いよいよ、次は10位から1位の発表です。
次回は、新年2010年(平成22年)になってからになると思います。

それでは、みなさん良いお年を!
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ALBUMS OF THE YEAR 2009 ①

2009年もあと僅かとなってまいりました。

OASI-Zは、1970年代~1980年代の曲ばかり紹介しているけど、
今の時代の曲を全く知らねーんじゃないの?とお思いの方も
いらっしゃるかも知れませんが、そんな事はありません<(`^´)>
しっかり、現在の曲も聴いてますよー\(-o-)/。

という事で、今日から3回にわたってOASI-Zが選ぶ
「ALBUMS OF THE YEAR 2009」を発表していこうと思います。

選考方法は
①とりあえず購入(もしくはダウンロード)したアルバムの中から
②ヘビーローテーションになった、印象深いアルバムを上位に
③上記アルバムから2曲をピックアップし、それをi-podに入れて
 何回か聴いて最終的に順位を決定する

まぁ、本当なら全アルバムを一通りチェックして決定すべき
なんでしょうけどね~。そんな時間も体力も(汗)無いもので(^^ゞ
i-podをイヤホンとスピーカーで聴きながら、なんとか順位をつけました。

因みに、輸入盤が昨年リリースされていても、日本盤が今年なって
発売されたものは、2009年のアルバム選考対象にします。

先ず、今日は21位から30位の発表です。

【今日の10曲】  ~テーマ『ALBUMS OF THE YEAR 2009 21位~30位』~
21.My Girls/Animal Collective・・・Merriweather Post Pavilion
22.Bite Hard/Franz Ferdinand・・・Tonight
23.Heads Will Roll/Yeah Yeah Yeahs・・・It's Blitz
24.Words Of Spectacular/Red Light Company・・・Fine Fascination
25.Two Weeks/Grizzly Bear・・・Veckatimest
26.Be Somebody/The Enemy・・・Music For The People
27.(If You're Wondering If I Want You To) I Want You To/Weezer・・・Raditude
28.Sheepskin Tearaway/Pete Doherty・・・Grace / Wastelands
29.Miss Tomorrow/Cheap Trick・・・The Latest
30.How Deep Is The Red/Elvis Costello・・・Secret, Profane & Sugarcane



0a8fa1909fa02a05b94a1210.L[2]
30位エルヴィス・コステロは、これが通算28枚目のオリジナル・アルバム。
32年のキャリアで、このリリース数は凄い!の一言。この人が居るから
私はロックを聴き続けていると言っても、過言ではありません。

51oFJXDDxjL._SL500_AA240_[1]
29位は「ベテラン健在!」を見せ付けたチープ・トリック

51xhPTaborL._SL500_AA240_[1]
28位はベイビー・シャンブルズの新作も待ち遠しい、ピーター・ドハーティー

41TlDfjeWCL._SL500_AA240_[1]
27位は前作以上にポップ度を増したウィーザー

41np4PES-WL._SL500_AA240_[1]
26位は前作以上にジャムやクラッシュ度が増した、ジ・エナミー

517teDJ2OsL._SL500_AA240_[1]
25位はブルックリン勢、期待のバロック・ポップ・バンドのグリズリー・ベア

>61RBL3xXFxL._SL500_AA240_[1]
24位はアーケイド・ファイアを彷彿させる高揚感と、珠玉のメロディで期待の新人
レッド・ライト・カンパニー


41qX2X899dL._SL500_AA240_[1]
23位はとにかくアルバム・カヴァーのアートワークが最高。もちろん音の方も
シンセ中心のダンス・ミュージックが最高!ヤー・ヤー・ヤーズ

513KslkeGeL._SL500_AA240_[1]
22位は80年代ディスコ・サウンドが懐かしかった、フランツ・フェルディナンド
でも、1stアルバムにあった、あの弾けた「グルーヴ感」はいずこへ?

61rY6yM8HWL._SL500_AA240_[1]
21位はサイケ、ファンク、レイヴ、ヒップホップなど様々な要素を詰め込んだ、
アニマル・コレクティヴの極上ポップ・アルバム。

如何でしたでしょうか?
この辺の順位は、その日の気分でコロコロ変わりそうな気がしますね~。

次回11位から20位をお楽しみに(^^♪

追記.
ブルース・スプリングスティーンを入れるの忘れてたー(汗)

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。