カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1勝負2010(春)最終回 【宝塚記念】

今週は、春競馬の総決算「第51回 宝塚記念」です。

炎のG1勝負2010(春)もとうとう最終回を迎えました。

思えば今年最初のG1、フェブラリーSでは見事に的中したものの、
その後は外しまくりで、ここまで来てしまいました。
最後の今回も全く当たる気がしてませんが(笑)、とりあえず
予想をして見ます。

【結論】
◎ジャガーメイル
◯アーネストリー
▲ブエナビスタ
△ドリームジャーニー
△セイウンワンダー
△ロジユニヴァース


データ的には、「天皇賞(春)」と「金鯱賞」をステップに
してきた馬が圧倒的に結果を出しております。

そこで◎ジャガーメイル、◯アーネストリーとしました。
ただ今年の「金鯱賞」は、いつもの中京ではなく京都で開催された
のが気になりますが・・・(笑)。

以下、実績NO.1のブエナビスタを三番手にしましたが、この馬が
あっさり勝っても何の不思議もありません(苦笑)。

以下、グランプリレースに強いドリームジャーニーと4歳馬が
強いこのレースの傾向と、重馬場得意の観点からセイウンワンダー
ロジユニヴァースを押さえます。

さて最終回の結果は如何に?発走は15時40分です。
レース後の「反省文」はもう書きたくないっ!・・・。

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

炎のG1勝負2010(春)第8回 【安田記念】

今週は、東京マイル(1,600m)の頂上決戦、「第60回 安田記念」です。

5週連続で行われる東京競馬場のG1レースも、最終戦を迎えました。
香港からの招待馬3頭に対し、日本馬がどう立ち向かうのか?
馬券的には確固たる中心馬不在の、難解なレースとなりました。

そして、外しまくりのこの企画も崖っぷちに立たされております。
今回は、ブログ生命を賭けて7連敗の鬱憤を晴らすキレのある予想を
してみたいと思います(笑)。

【結論】
◎ショウワモダン
◯キャプテントゥーレ
▲ファリダット
△リーチザクラウン
△トライアンフマーチ
△フェローシップ


ショウワモダンは、父が11年前のこのレースであのグラスワンダーに
ハナ差競り勝ったエアジハード。そして母の父がトニービンで、東京マイル
にはめっぽう強い血統だと言えるでしょう。
中1週の強行軍がどうかですが、前走はオープンでしたので疲労は
少ないはず。このレースの調教代わりに走ったと思えば、力は十分に
出せるとみました。
先週のダービーで惜敗した後藤騎手の、思い切った手綱捌きに期待します。

・・・と思っていたのですが、前日売りで一時「2番人気」に推されて「やっぱ、
止めようかな~」と思っていたのですが、現在8番人気と順当な人気に落ちて
きましたので(笑)、初志貫徹で行きます。

キャプテントゥーレ も、母父がトニービンで東京マイルは絶好の舞台。
日本馬唯一のG1馬としての、意地を見せて欲しいところ。騎手の乗り替りが
少し気になりますが、ノリにノッてる横山ノリ(笑)なので、期待しています。

ファリダット は昨年の安田記念3着馬。ウオッカディープスカイ
居なければ、この馬にもチャンス有りと見ました。

以下、アンカツのバイオリズム低下が少し気になりますが人気の
リーチザクラウンと、東京マイルが合うトライアンフマーチ、香港勢では
フェローシップを押さえておきます。

今週ハズレたら不名誉な8連敗
自分を追い込む為にも、ハズした場合は罰ゲームとしてこれ↓をやると
宣言します。



発走は15時40分です。
レース後の「反省文」はもう書きたくないっ!・・・。

続きを読む

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

炎のG1勝負2010(春)第7回 【東京優駿(日本ダービー)】

今週は、全ての馬とホースマンがこのレースを目標にしてきた
「第77回 東京優駿(日本ダービー)」です。

過去10年の勝ち馬は1番人気7頭、2番人気1頭、3番人気2頭と上位人気の
3頭で占められております。
また1番人気の連対率は80%、逆に6番人気以下の連対率が10%と極端に
人気馬が好成績を収めている、特異なレースと言えるでしょう。

今回の日本ダービーは「史上空前のダービー」と言われております。
その理由は人気どころの有力馬が、前走で2着馬に1馬身半以上の着差
(0.2秒)をつける圧勝劇を演じ、またそれらの馬同士の勝負付けが、まだ
済んでいなかったり、更には母親が同じ距離の、2,400mのオークスで活躍
した良血馬も出走しており、「いったい、どの馬が1番強いのか?」雌雄を
決する非常に興味深い、楽しみなレースとなりました。

先週のオークス同様、天気・馬場状態が微妙なところですが、せっかくの
晴れ舞台。ぜひとも良馬場で、やらせてあげたいなぁと思うのですが・・・。

【結論】
◎アリゼオ
◯ヴィクトワールピサ
▲ローズキングダム
△ペルーサ
△ヒルノダムール


3強の1角として考えられていたダノンシャンティが、土曜日になって急遽出走を
取り消し。17頭立てのダービーとなりました。

アリゼオは現在6番人気。上記のデータから不利なのは否めませんが、前走の
皐月賞を3番人気で5着。大外18番枠がいかにも堪えた形になりました。
まだまだ底を見せておらず、人気が落ちた今回は格好の狙い目と言えるでしょう。
騎手もオーストラリアの名手クレイグ・ウィリアムスを配し、天皇賞(春)で見せた
手綱捌きを再現してくれれば栄冠も夢ではないはず。馬場が渋っても問題なし。

ヴィクトワールピサ は1番人気でもあり、データ的にも外せないところ。

ローズキングダム は以前から「ダービーはこの馬!」と決めていた馬。
騎手の乗り替りがあって3番手評価としましたが、“新婚”後藤騎手が奥さんに
ダービーの勲章をプレゼントできるか。
因みにこの馬の母親のローズバドは、オークス(2着)、エリザベス女王杯(2着)、
マーメイドS(1着)などで馬券的にもお世話になった馬なので、応援しています。

勝つのはヴィクトワールピサか、ペルーサか?
或いは2強の牙城を崩す馬が現れるのか?(アリゼオにもチャンス有るぜオ)

発走は15時40分です。
レース後の「反省文」をお楽しみに・・・。

続きを読む

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

炎のG1勝負2010(春)第6回 【優駿牝馬(オークス)】

今週は、二冠馬か!それとも新たな女王の誕生か!
「第71回 優駿牝馬(オークス)」です。

牝馬クラシックの第2戦目になるレースですが、一冠目の「桜花賞」から
距離が一気に800m伸びる事から、数々の波乱が繰り返されてきたレースです。
殆どの馬が初めての距離を走るわけで、速さだけでなくスタミナ・底力が要求
される、過酷なレースと言えるでしょう。
更に今年は「雨予報」が出ており、より一層過酷なレースになりそうです。

データとしては1枠~3枠(1番~6番)の連対率が、4枠~8枠(7番~18番)の
連対率と変わらない数字が出ております。
それだけ少しでも「最短距離を走れる内枠」が有利と言えるのでしょう。

今回は有力馬が17番、18番と外枠からの発走となりましたが、これはいかにも
不利な材料です。ましてや雨が降れば、尚の事スタミナの消耗につながります。

そこで、データと天候を考慮して内枠の馬から、馬券を考えました。

【結論】
◎ショウリュウムーン
◯アプリコットフィズ
▲ギンザボナンザ
△アパパネ
△モーニングフェイス


◎ショウリュウムーンは、4~5番人気を想定していたのですが が前日
1番人気になっていたのが、少し気になりますが内田騎手の手綱捌きに
期待します。

発走は15時40分です。
レース後の「反省文」をお楽しみに・・・。

続きを読む

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

炎のG1勝負2010(春)第5回 【ヴィクトリアマイル】

今週は、4歳以上の牝馬による府中マイル(1,600m)の王者決定戦
「ヴィクトリアマイル」です。

以前は古馬の牝馬限定のG1レースというと、秋の「エリザベス女王杯」しか
無かったのですが、4年前にこのレースが新設されて、牝馬が古馬になっても
G1タイトルを獲得するチャンスが増えました。
もっとも、最近は牡馬がだらしなく(汗)、牝馬がダービーを勝ったり、年度代表馬
になる時代になってしまったのですが・・・。

そんな、今年のこのレースにも牡馬と走っても間違いなく「勝ち負け」必至の二頭
「ブエナビスタ」「レッドディザイア」が出場します。

馬券的な妙味は薄れますが、この二頭の凄いレースを見てみたいと思います。

【結論】
◎ブエナビスタ
◯レッドディザイア
▲ラドラーダ
△ウェディングフジコ
△プロヴィナージュ


先週の「NHKマイルC」以上に2強対決に注目が集まっています。
では、本当にこの2頭には死角は無いのか?
有るとすれば、二頭とも前走「ドバイ」へ海外遠征をしているので、
体調がどうかという所と、東京1,600mというレースが二頭とも初めて
という事だけだと思います。

ただ、この2頭をまとめて負かせる馬が他に居るかと言うと、残念ながら
見当たりません。勝つのはこの2頭のどちらかでしょう。

一角崩しが有るとすれば、前走休み明けで重賞初挑戦、1番人気に
推されて6着に敗れたラドラーダに期待します。
休養に入る前には、東京1,600mのレースを2連勝しており、この距離と
コースを得意にしているところです。
そして、鞍上がブエナビスタの元主戦ジョッキーだった、安藤勝騎手。
燃えないはずが有りません。2週続けてアンカツの手綱捌きが、鍵を
握ると見ました。

あと、先週のダノンシャンティと同じフジキセキ産駒のウェディングフジコ
(母父トニービン)と、大外は気になりますがプロヴィナージュの先行
粘りこみに期待。

あとは馬券をどう買うかですね。
オッズを見ながら「トリガミ」だけには気をつけなければ・・・。

発走は15時40分です。
レース後の「反省文」をお楽しみに・・・。

続きを読む

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。