カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロック夜話~クロスオーバー・イレブンな気分で

HO BestTonight.jpgEnoOur Favorite ShopCountdown To Ecstasy


暑い。暑すぎるぅ~。

立秋が過ぎて、お盆休み前は気温も30℃を下回り、ようやく

涼しくなってくるかな~と思いきや、お盆過ぎてからこの猛暑。

今日も日中は35℃を超えてましたね~(滝汗)。

夕方になっても32~33℃も有るんですから、全く異常気象です。

私が子供の頃、北海道に居た時は年間で30℃を超える日は3日

くらいしかなかったんだから・・・。家には勿論、車にもエアコン

なんてものは存在しなかった時代でしたからね~。


そんな涼しかった70年代初めに、ホール&オーツがデビューして

いたなんて知らなかったですね~。(←唐突すぎないか?)

私が、彼らを本気で聴いたのは80年代に入ってからですから(汗)。

彼らのソウルフルで、キャッチーなメロディのモダン・ポップは

80年代に彼らの人気を、不動のものにしました。


Say It Isn't So/Hall & Oates

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ロック夏期特別講座(今野雄二 編)

Remain In LightDavid BowieAvalon.jpgThe Original SoundtrackPurple Rain

約1年以上も前に好評を博した(爆)「ロック春期講座(たかみひろし編)」
でしたが、大変お待たせいたしました今回は、その第2弾として「ロック夏期
講座(今野雄二 編)」
を、お送り致します。

1970年代~1980年代、新しいムーヴメントが登場すると そのアルバムには
必ずと言っていい程、ライナーノーツに名前を連ねていたのが 今野雄二
でした。

今野雄二氏と言えば、口髭を生やして11PMなんぞに出演していたアダルト
な文化人というイメージが強く、レコード会社にしても強力にプッシュしたい
アルバムに対しては、TVでの露出度が多いチョッと有名な今野氏にライナー
を、お願いしようという感じだったのかも知れません。

この人の本職は「映画評論家」なのにもかかわらず、「音楽評論家」として
も後世に残る偉大なアルバムにライナーを書いているんだから、凄いもんだ
と思いますよ、えぇ。

まぁ、ただこの人の文章の特徴は、さりげなく「ミュージシャンの○○○○
と友達だ」
とか「○○○○が来日した時、一緒に食事をした」というような
プチ自慢が織り込まれること。

それを読んで 「おおっ!今野雄二とブライアン・フェリーはホモ達友達
なのか!」
と感心するする人は殆ど居ないと思うのですが、羨望の眼差し
を向けられる事は、少なからずあったと思います。

でも、そんなあまり中身のない文章スタイルが批判を受けて、渋谷陽一氏と
バトルを繰り広げたり、P-MODELにライブで「今野雄二にゃわかるまい」
と歌われたり、挙句の果てにはお友達であるはずのブライアン・フェリー
「東京ジョー」と、おちょくられたり・・・。

そこで今回のロック夏期講座では、そんな今野雄二氏の偉大なる功績を
讃えるべく彼がライナーを書いた代表的なアルバムが、どのアーティストの
ものか勉強していきたいと思います。

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

東京特許許可局で急遽特許許可却下(とうきょうとっきょきょかきょくできゅうきょとっきょきょかきゃっか)

Bakufu SlumpLife In TokyoWho Do We Think We AreBlood  ChocolateIn Your Mind


今日の5曲
1.週間東京「少女A」/爆風スランプ・・・よい
2.ライフ・イン・トウキョウ/ジャパン・・・Singles
3.ウーマン・フロム・トーキョー/ディープ・パープル
・・・Who Do We Think We Are
4.トーキョー・ストーム・ウォーニング/エルヴィス・コステロ
・・・Blood & Chocolate
5.トーキョー・ジョー/ブライアン・フェリー・・・In Your Mind


東日本大震災の発生から、4週間が経過しました。
あの地震で陥没した高速道路を、1週間も経たないうちに復旧させた
日本の技術力に、海外メディアは驚嘆の声を上げているとか。

それというのも、日本は災害大国であるため過去に培ったノウハウが
建設会社には備わっており、作業効率も素晴らしく、ほぼ完璧に復旧
させる能力があるのだ。

一方、原発事故は今回初めて経験する事であり、全てが手探りの状態。
確かに想定外の地震に津波だったと思うのだが、原発に関しては簡単に
「想定外」という言葉を発して欲しくないなと、思いますね。

「冷却装置」が壊れた場合のシミュレーションだって、当然いくつも想定
していたと思うけど、それが全て想定を超えるもので使えなかったのか?

地震・津波の被害は、時間の経過と共に復旧が進んで良い方向に向かい、
被災地の復興や節電など、我々にも協力できる事がいくつでもあります。

しかし、原発は時間の経過と共に新しい問題が次々に発生しており、我々
は何も出来ずに、ただ事態を見守るだけというのが歯痒いところです。

そこで「今日の5曲」は、決死の思いで作業を続ける東京電力の社員や
協力業者の皆様の為に、タイトルに「東京」がつく歌を選んでみました。




先ず1曲目は、爆風スランプのデビュー・アルバム『よい』から、シングル
カットもされた「週間東京『少女A』」です。
爆風スランプは、コミック・バンドの佇まいを漂わせながらもファンキーな
グルーヴと、パンキッシュなビートを持ったアンバランスさが、実に衝撃的
でした。
「たいやきやいた」「無理だ」「よい」「涙の陸上部」といった名曲を含む
このアルバムで、個人的にはRCサクセションサザン・オールスターズ
並び当時の「日本三大ロックバンド」に位置づけられたのです。

バンド名は、結成前に所属していた2つのバンド「爆風銃(Bop Gun)」
「スーパー・スランプ」を合体させたもの。(命名はデーモン小暮閣下!)
そして「少女A」は、中森明菜のデビュー・シングルから引用。
「雷おーこしぃは~、うまい~~」が、泣かせます(笑)。

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

初心忘れるべからず

Gaucho.jpgDevid BowieEnoThe BeatWings

今日の5曲
1.ヘイ・ナインティーン/スティーリー・ダン・・・Gaucho
2.チェンジズ/デヴィッド・ボウイ・・・Hunky Dory
3.バーニング・エアライン/ブライアン・イーノ・・・Taking Tiger Mountain
4.アイ・コンフェス/ザ・ビート・・・Special Beat Service
5.レット・ミー・ロール・イット/ウイングス・・・Band On The Run


思い起こせば、私のブログもまもなく1周年を迎えます。
今日の気分にマッチした洋楽を5曲聴きながら、「ゆる~く」
綴っていく日記というコンセプトも、1年足らずで崩壊状態に(笑)。
続いているのは「ゆる~い」ところだけという・・・(爆)。

という事で、「今日の5曲」は、「初心を忘れないように」第1回目の
ブログで紹介した5曲を、もう一度取り上げることにしました。

当時は、今のスタイルが出来上がっていなかったので、今思うと
メチャメチャでしたね。
(今も相変わらずメチャメチャなんですけど・・・)

すっかり「歯医者復活」「敗者復活戦」のような気分でお送りします。


Gaucho.jpg

先ず1曲目は、スティーリー・ダンの実質的なラスト・アルバムとも
言える1980年に発表された『ガウチョ』から、「ヘイ・ナインティーン」です。

前作『エイジャ』から約3年の歳月をかけて、莫大な費用と時間を費やした
アルバムで、マーク・ノップラーラリー・カールトン等がギターで参加
しております。

洗練された音楽性と、キャッチーなメロディライン。一音、一音に緻密な
計算が施されたスティーリー・ダンの音楽は、メンバーが次々と脱退して
いくに連れて完成度を増し、ドナルド・フェイゲンウォルター・ベッカー
二人が作り出した「至高の音楽」と呼ぶのに相応しいアルバムが、この
『ガウチョ』だったと言えます。

この「ヘイ・ナインティーン」は、夜景の見えるラウンジなんかで、お酒を
飲みながら聴きたい、究極のアーバン・ナイト・ミュージックです。
(そういうラウンジには行った事がないんですけどね・・・汗)




David Bowie

2曲目は、1971年に発表されたデヴィッド・ボウイの4枚目のアルバム
『ハンキー・ドリー』から、「チェンジズ」です。

ボウイ自身のサックスをフィーチュアした、アコースティック・グラムと
言えるポップなナンバーは、このアルバムの冒頭を飾る曲で、アメリカで
初のヒットとなりました(最高位66位)。

新しい作品を発表する毎に、周囲を驚かせる彼の「変容/Changes」は、
時代を先取りするボウイの先見性と、アーティストとしての奥行きの広さを、
感じさせるものでした。
このアルバムには「Oh! You Pretty Things」「Life on Mars?」「Kooks」など
「珠玉の名曲の宝庫」と言える素晴らしい作品が目白押しで、この後に発表
された『ジギー・スターダスト』への序章とも言える、重要なアルバムでした。

ジャケットの写真も実にグラマラスです。




Eno

3曲目は、ブライアン・イーノの1974年に発表されたソロ転向後、2作目に
あたる『テイキング・タイガー・マウンテン』から、「バーニング・エアライン」です。

ロキシー・ミュージックの面影を残す『ヒア・カム・ザ・ウォーム・ジェッツ』
(なんと、射精の一瞬という意味らしい!?)と、アンビエントの香り漂う
『緑世界(アナザー・グリーン・ワールド)』の間に発表された、イーノの
ヴォーカルが聴ける、実験的でありながらキャッチーで、極めて優れた
ポップ・アルバムが、この『テイキング・タイガー・マウンテン』です。

本当にこの時期のイーノのソロ・アルバムは素晴らしく、『緑世界』
次の『ビフォア・アンド・アフター・サイエンス』までの、4枚の作品は
今聴いても古くなく、「アヴァンギャルド・ポップの不朽の名盤」と言える
作品だと思います。

イーノはその後「環境音楽」の道を歩んで行き、私自身も段々と付いて
行けなくなるのですが、その一方でデヴィッド・ボウイトーキング・ヘッズ
ディーヴォU2、最近ではコールドプレイのプロデュースを手掛けるなど、
彼の音楽的創造力は、留まるところを知りません。




The Beat

4曲目は、ザ・ビート(UK)の1983年に発表されたアルバム『スペシャル・
ビート・サービス』
から、「アイ・コンフェス」です。

1980年代初頭に沸き上がった2トーン・ブームの御三家(スペシャルズ、
マッドネス、セレクター
)に続くバンドで、黒人の割合が一番多かったのが、
このバンドです。(ザ・ビートを入れて2トーン四天王とも言われました)
スカ・ビートを、実にポップなメロディに乗せて歌い上げる「大人のバンド」
のイメージが強く、個人的にはスペシャルズと並んで好きなバンドでした。
そして、このバンドのポップな要素は後に、ジェネラル・パブリック
ファイン・ヤング・カニバルズといったバンドに受け継がれていきます。

調べていて驚いたのですが、このアルバムは1983年の全米チャートで
最高位39位にもかかわらず、年間ランキングで40位になっているんです。
日本では全く売れなかったと思うのですが・・・。
暫く廃盤状態のアルバムですが、再発を期待しています。




Wings

そして、最後の曲は1974年に発表されたウイングスの大傑作アルバム
『バンド・オン・ザ・ラン』から、「レット・ミー・ロール・イット」です。

ここに来て「スーパー・デラックス・エディション」なる、リマスター再発が
話題のこのアルバムは「バンド・オン・ザ・ラン」「ジェット」という、ポールのソロ
史上最強のツートップの後、アコースティック・ナンバーと民族音楽的な(笑)
盛り上がりの2曲を挟み、アナログA面ラストに配されたシンプルで重厚な
リズムを持った、ソリッドなギターリフが印象的なナンバーです。

因みにこの曲のドラムはポール自身が叩いており、あのキース・ムーン
「このドラムは誰が叩いてるのか?」と尋ねられたという有名な話も、残されて
おります。
アルバム製作直前にメンバー2人が脱退し、いわゆる「苦肉の策」としての
ポールのドラムだったわけですが、逆に彼のマルチな音楽的才能を世に
知らしめる結果となったわけです。

ビートルズ解散後、ソロ活動では他のメンバーに遅れを取っていた感が
否めなかったポール・マッカートニーが、内容的にもセールス面でも成功を
収め、自信と輝きを取り戻したアルバムと言えます。





このアルバムは、ビートルズ解散後のポールの作品に辛口だった
ジョン・レノン「傑作」と認めておりました。
そして、このアルバムと次の「ヴィーナス&マース」で、ポールは
ミュージック・シーンの頂点に登り詰めたのです。

しかしポールの人気が最高潮に達すると、それに反比例するかのように
ジョン・レノンが音楽活動から遠ざかっていったのは、なんとも寂しい
限りでした・・・。


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ソロ・アーティストにスポットを当てて

Look Sharp!Bryan FerryTom VerlaineOne On Onenick lowe rose[1]

【今日の5曲】  ~テーマ『ソロ・アーティスト特集』~

1.ワン・モア・タイム/ジョー・ジャクソン・・・Look Sharp!
2.キャント・レット・ゴー/ブライアン・フェリー・・・The Bride Stripped Bare
3.ワーテルローからの便り/トム・ヴァーレイン・・・Words From The Front
4.ストレート・アップ/ボブ・ウェルチ・・・The Other One
5.エブリワン/ニック・ロウ・・・The Rose of England



それにしても、毎日暑いですね~。

私はメガネをかけているのですが、車から降りるとメガネが曇るんですよ。
車の中はガンガン「エアコン」が効いているので、外気温との差でそうなる
のですね。
まるで、冬に「ラーメン屋」さんに入った時のような状態です(笑)。

こういう時は、暑苦しくないソロ・アーティストの歌声が聴きたくなりますね~。
(↑かなり、強引 My Way)
とういうことで、今日の5曲「ソロ・アーティスト特集」です。


Look Sharp!

先ず1曲目は、1979年に発表されたジョー・ジャクソンのデビュー・アルバム
『ルック・シャープ!』から、「ワン・モア・タイム」です。

アルバム毎に音楽スタイルを変えていったジョー・ジャクソンですが、後に発表
される傑作アルバム『Night&Day』『Body&Soul』のアダルトでジャジーな
佇まいとはうって変わって、このデビュー・アルバムはパンク/ニュー・ウェーヴ的
な世界観に包まれています。
アルバムの1曲目を飾るこの「ワン・モア・タイム」は、カッティング・ギターと
性急なビートが実にニュー・ウェーヴな印象を与えますが、ソング・ライティング
の素晴らしさは、このデビュー時点で既に際立っておりました。

何よりもこのモノクロのジャケット写真が、カッコ良すぎです。


Bryan Ferry

続いて2曲目は、ブライアン・フェリーの1978年に発表された5枚目の
ソロ・アルバム『The Bride Stripped Bare(邦題:ベールをぬいだ花嫁)』
から「キャント・レット・ゴー」です。

ご存知、ロキシー・ミュージックのフロントマンであるブライアン・フェリー
ですが、バンド活動とは別にソロ・アルバムも何枚か発表しております。
どちらかというと、ソロ・アルバムではカヴァー曲を収めたものが多く、
ロキシーとは一味違う、フェリーの音楽的ルーツを伺うことが出来ます。

ちょうどこの時期のフェリーは、ロキシーの5thアルバム『Siren』のジャケット
写真でお馴染みの恋人(だった)ジェリー・ホールを、ミック・ジャガーに奪われ
傷心の真っ只中、哀れでボロボロになりながらも悲しみの中で最高の恋の歌を
生み出したのです。
「忘れられない、すべての想い出が消えてしまうまで」と繰り返し歌う
この「キャント・レット・ゴー」は、そんなフェリーのナルシズムが全開になった
究極のラヴ・ソングと言えるでしょう。

余談ですが、ブライアン・フェリーと言えば「トーキョー・ジョー」と呼ばれた
今野雄二氏を思い起させますが、先日お亡くなりになったとか(自殺?)
ご冥福を、お祈りいたします。


Tom Verlaine
 
3曲目は、1982年発表のトム・ヴァーレイン『Words From The Front』
から「ワーテルローからの便り」です。

70年代後半のニューヨーク・パンク・シーンを代表するバンド、テレヴィジョン
中心人物、トム・ヴァーレインがソロになってから3枚目の作品で、写真のような
イラストのアルバム・ジャケットが秀逸です。

テレヴィジョン時代から、ギター・サウンドとけだるそうなヴォーカルが特徴の
トム・ヴァーレインですが、このアルバムはこれまでの作品の中でも、よりメロディ
重視の印象を受けます。
特にこの「ワーテルローからの便り」は、トムとジミー・リップの2本のギターが
テレヴィジョンを彷彿させると同時に、ギター・リフが耳に残る、美しいメロディの
響きを持ったラヴ・ソングです。


One On One

4曲目はボブ・ウェルチの3rdアルバムで、1980年に発表された
『The Other One』から「ストレート・アップ」です。

フリート・ウッド・マック、元パリスという非常にユニークなキャリアを持つ
ボブ・ウェルチですが、ソロになって彼の持つポップ・ミュージックの才能が
一気に開花しました。
過去2枚のソロ・アルバムはキレイなお姉さまを侍らせた、あまり趣味の良い
とは言えないアルバム・ジャケットでしたが、このアルバムは「犬の影絵」の
シンプルで実にセンスの良い、アートワークになっております。

この「ストレート・アップ」はパリス時代や、1stアルバム『French Kiss』
中の「Hot Love,Cold World」を彷彿させる、ボブのハードなギターが
炸裂するロック・ナンバーです。


nick lowe rose[1]nick lowe rose[2]
私が所有しているのは、右側のアメリカ盤

そして最後は、ニック・ロウの1985年の作品『ザ・ローズ・オブ・イングランド』
から「エヴリワン」です。
このアルバムには、あのヒューイ・ルイスが参加していたりして、キラキラした
痛快なロックン・ロール・ナンバーが多く収められており、彼のアルバムの
中でも人気の高い作品です。

また、エルヴィス・コステロの作品になる「indoor Fireworks:室内花火」
収録されているのですが、コステロと違って淡々と歌い上げているのが実に
ニック・ロウらしいと言えるでしょう。

この「エヴリワン」は“Leslie Ball”“ Gary Rue”の手によるもので、
ニック・ロウの作品では無いようですが、ミディアム・テンポの少し叙情的な
メロディを持つ佳曲で、個人的にはこのアルバムのベスト・トラックです。

----------------------------------------------------------

昨日、TVでサマーソニックを少し観たのですが、夜はまだしも昼間の
ライヴはホントに「熱中症になるんじゃないか」と心配になりました。
カナダのバンド、ニッケルバックがライヴ後のインタビューで、ずーっと
「暑い、暑い」としか、答えていなかったですものね~(笑)。

ura.jpg
今日の5曲の裏ジャケ

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。