カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OASI-Zが選ぶ10枚の名盤⑦ キング・クリムゾン 『レッド』

RED.jpg

約1年半ぶりの「10枚の名盤」企画も、数えて7枚目になりました。

今回、取り上げる作品は1974年に発表された、キング・クリムゾン
実質的なラスト・アルバムとなった 『レッド』 です。
(80年代の再結成クリムゾンは、同じバンド名を語った別バンド(笑))

キング・クリムゾンの代表的なアルバムと言えば、1stの所謂 『宮殿』
或いは 『太陽と戦慄』 あたりになるのでしょうが、この「10枚の名盤」
企画は、あくまでも「リアルタイム、またはそれに近い状態で聴いた
アルバム」
に、こだわって選んでいますので、クリムゾンの作品で唯一
リアルタイムで聴いた、このアルバムを選ばせていただきました。
(だからさ~、ディシプリンを作ったのは別のバンドなんだって!!)

ラスト・アルバムにして、初めてメンバーの顔写真をジャケットに採用。
そして裏ジャケットでは、メーターがレッド・ゾーンを指している事から
「バンドとして死力尽くした、終局を意味する」と 言われたアルバム
でした。

メンバーは ロバート・フリップ(G)、ジョン・ウェットン(B,Vo)、それに
ビル・ブラッフォード(Ds)という、ジャケット写真の最強の三人。そして
ゲストにデヴィッド・クロスメル・コリンズイアン・マクドナルドといった
以前のメンバーが集結。そういう意味でも総括的なアルバムになる事は
作品を作っていく中で、フリップの頭の中には有ったのだと思われます。

先ずは1曲目のタイトル・チューンで、インストゥルメンタル・ナンバーの
「レッド」 をお聴き下さい。


Red/King Crimson

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

OASI-Zが選ぶ10枚の名盤⑥ クイーン『クイーンⅡ』

Queen Ⅱ

今年に入り、クイーンのリミテッド・エディション(SHM-CD仕様:2011年
最新リマスター)が、相次いで発売されています。

何を隠そうワタクシOASI-Zは、クイーンのCDは 『Gratest Hits』 しか
持っていなかったので(大汗)、この機会に1st~4th迄のアルバムを
揃えてみる事にしたのです。

この4枚で、もっとも音の緊張感が感じられたのは1st。次いで2nd。
この2枚はアナログ時代に何度も聴いたはずなのに、当時の音の緊張感
をそのままに、アナログ時代とは違った音の深みと、ディティールにまで
こだわったクリアな音質を堪能できました。


1974年当時のロック・シーンと言えば、グラム・ロックが衰退したものの
ハード・ロックと、プログレッシヴ・ロックが猛威を振るっていた時代でした。

しかし、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、ピンク・フロイド、イエス
EL&P
・・・といった当時、大人気だったバンド達は OASI-Zがロックを
聴き始める前から、不動の人気と評価が確立されたバンドだったのです。

即ち、それらは「俺達世代の上のバンド」であって、「俺達のバンド」という
意識がどうしても希薄で、OASI-Zとしては魂を揺るがすような「これから
歴史を作るであろう」新しいバンドの登場を、強烈に求めておりました。

クイーンの1stアルバムは、そんな「自分達の時代のバンド」の期待に十分
答えてくれるべく、ワタシに脳天唐竹割りを食らわしたような衝撃を与えた
のです。

特にブライアン・メイのギターの音の斬新さは特筆もので、100年前の暖炉
の木で作ったというハンド・メイド・ギターから繰り出される音は、感動的で
すらありました。
更に、クライマックスをヴォーカルのシャウトで決めるハード・ロック・タイプ
では無く、コーラスでハモるスタイルも斬新で、新時代の息吹を感じさせて
くれたものです。
(ヴィジュアル系のロジャーのルックスも、当時は大きな話題を呼びました)

そして、間髪入れずに発表された2ndアルバムは、最高傑作と呼ぶのに
相応しい作品として登場したのです。

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

OASI-Zが選ぶ10枚の名盤⑤ イエス『イエスソングス』

Yessongs.jpg

OASI-Zが不定期にお送りする「10枚の名盤」シリーズ。
5枚目の今回は1973年に発表されたイエスの3枚組ライヴアルバム
『イエスソングス』です。

普通にイエスの代表作と言えば『危機』、或いは『こわれもの』といった
アルバムが、多くあげられると思います。
この『イエスソングス』は、その2枚の「いいとこ取り」した反則のような(笑)
アルバムと言えるでしょう。

ジョン・アンダーソン(Vo)、クリス・スクワイア(B)というオリジナル・メンバーに
スティーヴ・ハウ(G)、リック・ウェイクマン(Key)というキャリアの中でも絶頂時
のメンバーによるライヴ・アルバムです。
ただ、ドラムがビル・ブラッフォードからアラン・ホワイトに交代する時期の
ライヴで、その辺が不安視されておりましたが、アランもビルに負けず劣らず
のプレイで、違和感無く聴く事が出来ます。
(むしろ不安を覗かせたのは、次作『海洋地形学の物語』以降になります...)

『ザ・イエス・アルバム』から4曲、『こわれもの』から4曲、『危機』から3曲
(即ち全曲!(笑))と、リック・ウェイクマンのソロ・アルバム『ヘンリー8世と
6人の妻』
からの抜粋という、代表的な曲を網羅したベスト・アルバム的な
要素も持った1枚です。

とにかくアナログ盤の時代に3枚組で、しかも全体で2時間を超えるという
ヴォリューム感たっぷりの濃密なアルバムは、当時日本盤で5,100円
したのにもかかわらず、相当なセールスを記録したのです。

しかし、当時中学生の鼻タレ坊主のOASI-Zに手が出るはずも無く、以前
ピンク・フロイドのところで登場した、社会人の財力に物を言わせて(笑)
たくさんのレコードを所有していた英語のミウラ先生に、お願いして録音
してもらい、カセットテープで聴いていたのです。

先ず驚くのは、インプロヴィゼーションを入れない計算し尽くされた内容で、
スタジオ録音と寸分違わないメンバー全員の、正確な演奏テクニックです。

むしろ、このアルバムの方がリラックスして演奏している分、ライヴならでは
のラフな空気が伝わってきて、スタジオ録音よりも個人的に気に入っている
曲も多いくらいです。


Mood for a Day/Steve Howe(YES)

例えば中学の時、必死に練習した「ムード・フォー・ア・デイ」なんかも、
スティーヴ・ハウは、このアルバムの方が伸び伸びとプレイしているのが
伝わってきます。
だから、私も『こわれもの』のでは無く、このライヴの「ムード・フォー・ア・デイ」
で練習したものです。

まぁ、スティーヴ・ハウなんか「趣味はギターの練習。1日に8時間は練習を
欠かさない」
って言ってたんですよね。
それを当時の音楽雑誌(ミュージック・ライフ)で読んで、OASI-Zはあっさり
ギタリストの夢を断念したのでしたぁ(爆)

他では「アルプス1万尺」のフレーズに、思わずニヤリとしてしまう「シベリアン
・カートゥル」
や、ベースの早弾きとドラムの連打に萌える(笑)「燃える朝焼け」
そして、この「ラウンドアバウト」なんかは、ライヴならではの躍動感が伝わる
素晴らしいプレイが満載だと思います。


Roundabout/YES

とにかく全体的に録音状態も良く、当時のライヴ・アルバムとしては破格の
成功を納めたアルバムでした。

------------------------------------------------------------------

私がこのアルバムを手に入れたのが、CDで発売された1987年。
丁度、レコードからCDへのチェンジを苦渋の決断で、断行した年でした。
そのCDプレーヤーを購入して、最初に買ったのはピーター・ガブリエル
『SO』でしたが、確かこの『イエスソングス』は、2枚目か3枚目に買った
CDだったはずです。

アナログ盤を聴いてから苦節13年。念願のアルバムをようやく手に入れた
瞬間でした。
OASI-Zもついに、社会人の財力にモノをいわせる日が来たのです(笑)。


yes logo


中学の時、この「yes」のロゴを授業中、ノートによく書いていましたね~。


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

OASI-Zが選ぶ10枚の名盤④ XTC『ブラック・シー』

Black Sea

OASI-Zが不定期にお送りする「10枚の名盤」シリーズ。4枚目の今回は
1980年に発表されたXTCの4thアルバム『ブラック・シー』です。

このアルバムを初めて聴いた時の衝撃は、未だに忘れられません。

NHK-FM、渋谷陽一の「サウンド・ストリート」の新譜紹介で、「Sgt. Rock」
がオンエアされたのですが、渋谷氏の放送スタイルとして番組の1曲目は
曲名もアーティスト名もインフォメーション無しで、いきなり曲をかける為に、
その曲が終わるまで、誰の?どのバンドの?なんという曲か?不明なまま、
聴く事になります。

ただ、非常にポップなメロディでありながらも、適度にアヴァンギャルド。
様々なアイデアを詰め込んだ、実に私好みの「ひねくれポップ」だった
事が、私を引き付けたのです。

1曲目が終わって「XTCのニュー・アルバム」という事が解ったのですが、
名前は知っていても、XTCの過去のアルバムを当時は未聴でしたので(汗)
XTCに対するイメージは正直、何もわかないまま2曲目以降を聴きました。

そして2曲目に「Respectable Street」が流れた時には

「これだよ!俺の聴きたかったロックは!!」

と意味も無く叫んでしまいました(笑)。

続く3曲目「Towers Of London」、4曲目「Living Through Another Cuba」
終わる頃には「明日、レコード屋に行って買ってこよう」と決意したのです。

30年たった今でも、その時の事を鮮明に思い出すことが出来るのは、
それだけこのアルバムの初期衝動、インパクトが強かったという事に
他なりません。


1980年代初頭、こよなく愛したプログレが衰退。替わって登場したパンク
には今一つ馴染めず、お気に入りだった10.ccも分裂。
話題のテクノ・ポップもミニマルなサウンドが魅力的で、興味をそそられた
のですが、それほどのめり込む事は出来ず。
かろうじてポリストーキング・ヘッズギャング・オブ・フォー等のギターが
メインだったり、パンク・パンクしてないバンドに関心を寄せるだけでした。

そんな、ロックに対する個人的閉塞感を一気に、払拭してくれたのがXTC
『ブラック・シー』だったのです。

ビートルズ10.ccに通じるメロディ・ラインを持ちながら、ゲート・エコー
処理された「カン高い」音のドラムと、ギャング・オブ・フォーばりのハード・
エッジなカッティングギターが、単なるポップ・アルバムには留まらない
「新しい時代のロック」を印象づけました。

正に、このアルバムは私が当時求めていた音楽の要素を、全て内包して
いたと言えるのですが、それは「パンク」という新しい波があったからこそ、
このような新しいサウンドが登場したとも言えるのです。

実際、私自身もニュー・ウェーヴを経験した事でパンク・ロックもテクノ・ポップ
も、聴けるようになったのですから・・・。

このアルバムで当時話題に上がったのが、ドラムの音。今の時代でこそ、
デジタル・エコーで同様の効果を出せるようになったようですが、あの当時は
本当に、画期的な音だったのです。

これは当時、新進気鋭のプロデューサーであったスティーヴ・リリィホワイトと、
エンジニアのヒュー・パジャムの力によるものが大きく、二人はこのアルバムの
少し前に発表された『ピーター・ガブリエルⅢ』でも、ノイジーなスネア・ドラムを
聴かせてくれています。

因みにスティーヴ・リリィホワイトは、この後U2の「WAR」ビッグ・カントリーの
「The Crossing」
といったアルバムでもプロデュースを担当し、ゲート・エコー
処理されたラウドで痛快なドラム音で、一躍トップ・プロデューサーの仲間
入りを果たす事になります。

更に、XTCの音楽が魅力的である理由としては、アンディ・パートリッジ
コリン・ムールディングという、二人のソング・ライターが居る事でしょう。

1st~2ndアルバムの頃は、キーボードのバリー・アンドリュースの個性が強く
コリンの存在は、それほど目立つものではなかったのですが、バリーが脱退した
3rdアルバム『Drums And Wires』に収録された「Making Plans For Nigel」や、
アコースティックな名曲「Ten Feet Tall」、シングル「Life Begins At The Hop」
といった曲で、コリンの存在が大きくクローズ・アップされたのです。

「ひねりの効いた実験的ポップ」のアンディと、「英国伝統の正統派ポップ」
コリンの二人が作り出す音楽が、見事なバランス感覚を保ちながら、XTC
サウンドの頂点を極めた作品が、この『ブラック・シー』だったと言えます。
二人が偉大なる「レノン=マッカートニー」と比較されるのも、納得できる
というものです。

当時のXTCはエネルギッシュなライヴにも定評があり、このアルバムの事を
アンディは「ライヴの様子を、スナップ・ショットで撮ったようなもの」と語って
います。


当時のライヴ音源。Living Through Another Cuba~Generals And Majorsの
メドレーはレコードの順番とは逆ですが、この疾走感と盛り上がりはハンパねぇ


この2曲メドレーのライヴ・ヴァージョンは、リンク先のMASAさんのブログでも
紹介されておりますが、このアナログ盤とCDでしか聴けません。

XTC LiveMore


しかし音楽的なピークを次作の『English Settlement』で迎えた後、アンディ
の体調不良を理由に、XTCはライヴ活動を停止してしまいます。

そういう意味でも、バンドとして最も脂が乗っていた時期に発表されたのが、
この『ブラック・シー』であり、スティーヴ・リリィホワイトとヒュー・パジャムが
加工を加えた事で、奇跡的なケミストリーを生み出した傑作と言えるでしょう。


因みにこの『ブラック・シー』、個人的には「80年代のベスト・アルバム」
燦然と輝く作品です。捨て曲など、あろう筈がないっ!。

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

OASI-Zが選ぶ10枚の名盤③ レッド・ツェッペリン『レッド・ツェッペリンⅣ』

私OASI-Zが影響を受けたアルバムを10枚選んで、不定期に(笑)紹介して
いくコーナーの第3回目は、1971年に発表されたレッド・ツェッペリン
「レッド・ツェッペリンⅣ:フォー・シンボルズ」です。

Zeppelin 4
汚れていますが(汗)↑背中のところもノークレジット

このアルバムには、アーティスト名もタイトルも表記されていないのですが、
実際購入する時にはそんなに違和感は有りませんでした。
それは、日本盤のアルバムには「帯」付いているからだと思います(笑)。

まぁ、それ以前に「老人の絵がこわれた壁にかかっている」ジャケットは
レッド・ツェッペリンの4枚目のアルバムであるという事は、雑誌などで
当然、認識をしていたわけですが・・・(汗)。

ただ、このアルバムを輸入盤で買う場合は、混乱したのは間違いないですね。

「フォー・シンボルズ」↓Zeppelin in

このアルバムを購入した理由は「ブラック・ドッグ」「ロックン・ロール」という
ヒット曲が収録されていたから。
当時2,000円を超えるLPレコードを購入する為には、そのアルバムの中に
「ヒット曲」が入っているかどうかという事が、とても大きなポイントであり、
知らない曲ばかりのアルバムは、手が出なかったのです(汗)。

70年代前半のハード・ロックといえば、レッド・ツェッペリンのほかに、
ディープ・パープル、そして「Look At yourself:対自核」などのヒットを
放ったユーライア・ヒープが、クラスのロック好きの仲間の間でも人気の
バンドでした。

特にリッチー・ブラックモアのギターが支持された、ディープ・パープル
の人気は絶大で、「ファイアーボール」「ハイウェイ・スター」等のヒットを
飛ばし、ギターを手にすれば誰もが「スモーク・オン・ザ・ウォーター」
フレーズを弾いたものです。

一方、レッド・ツェッペリンの方は、ギター少年が憧れる「ギター・ソロ」の
目立ったパートも無く、またアコースティック・ギターがかなりの部分で
採用されていたので、どうしてもディープ・パープルの人気よりは、劣って
いたのだと思います。

実際、このアルバムからツェッペリンを聴き始めた私には「アコースティック」
な部分は、スンナリ受け入れる事が出来たのですが、1st~2ndから聴き
始めたハード・ロック・ファンにとって、3rdのアコースティック・サウンドを
大胆に取り入れた実験作には、大いに失望したのではないかと思います。

しかし、その後のツェッペリンの活動を考えると、この変化というのは非常に
重要で、ジミー・ペイジのギター・スタイルが「フレーズ」から「リフ」へ移行
していったのも、このアコースティック・ギターの「コード奏法」の影響を受け、
リズム主体のサウンドに、バンドの方向性を変える事が必然になったからだ
と言われているのです。

そして、私自身がハード・ロックといわれるバンドの中で、最もツェッペリンに
傾倒したのは、そのアコースティックな部分と楽曲の良さに惹かれたから
でした。

そのアコギのアルペジオと、リコーダーのイントロで始まる「Stairway To
Heaven:天国への階段」
はツェッペリンの中で一番、有名な曲でしょう。

タイトルも、アーティスト名も記さなかったこのアルバムの内袋に、手の込んだ
書体で歌詞を印刷したことからも、ジミー・ペイジがこの曲に込めた思いが
充分に伝わってきます。

Zeppelin in2

And if you listen very hard
The tune will come to you at last.
When all are one and one is all
To be a rock and not to roll.


とても文学的な歌詞で、和訳を見てもいま一つ解りずらいのですが(汗)、
「懸命に耳を傾けるなら(if you listen very hard) あの調べ(tune)
ついに我々を訪れる」と歌われます。

そして「ひとつがすべてであるとき、我々は一個の岩であり、もはや揺らぐ
ことはない(When all are one and one is all、To be a rock and
not to roll)
と続きます。

ここでジミー・ペイジが言いたかったのは、「音楽こそが万物を黄金に
変える力を持つ。だから激しく聴け。そして確信する為に努力しよう」

という事(のよう)です。

そしてツェッペリンはこの後、発表されるアルバムで確信を実践するために
悪戦苦闘しながらも音楽を作り続け、7枚目のアルバム『プレゼンス』
遂に確信を具体化する事になります。

--------------------------------------------------------

余談ですが、中学生の時「天国への階段」を学生服を着ながら、演奏した
事があります。(因みに私はヴォーカル!(大爆))

あの記憶は、出来れば修正液で完全に消してしまいたいものです・・・。

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。