カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1予想 2010(秋)最終回 「有馬記念」(後編)

OASI-ZのG1勝負2010(秋)も、いよいよ最終回。
最終回は、第55回を迎える「有馬記念」です。

昨日は現在、圧倒的な1番人気に支持されているブエナビスタの有馬記念に
臨む臨戦過程(ローテーション)を検証してみました。

そして今日は「年度代表馬」の観点から、ブエナビスタ勝利の可能性を検証
してみたいと思います。

【年度代表馬編】

年度代表馬の話の前に、過去G1レースで1着に入線しながら降着した馬は
過去に2頭、メジロマックーンカワカミプリンセスがおりました。

カワカミの場合は、牝馬限定の「エリザベス女王杯」でしたが、マックイーンは
1991年の「天皇賞・秋」という、G1の中でも格式の高いレースでした。

2着に「6馬身」という圧倒的な着差をつけながら、最下位入線の馬の進路を
妨害したという事で、最下位の18位へ降着という憂き目にあったマックイーン。

その後、雪辱を期して挑んだジャパンCでは外国馬の前に屈して4着。それでも
日本馬の中では最先着を果たし、次は「まず問題なく勝てるだろう」と臨んだ
有馬記念で、14番人気のダイユウサクに敗れるという大波乱。

因みに、その年のマックイーンは天皇賞・春を勝ち、宝塚記念2着の成績を
残しており、有馬記念で勝利していれば「年度代表馬」はほぼ、間違いないと
思われました。

しかしマックイーンが有馬記念を落とした事により、皐月賞とダービーを制し、
菊花賞2着のミホノブルボンが、年度代表馬に輝いたのでした。

前置きが長くなりましたが、有馬記念は「年度代表馬」を決めるレースでも
あるのです。

今年の有馬記念に出走する馬で、年度代表馬に選ばれる可能性があるのは
次の4頭。

ブエナビスタ・・・ヴィクトリアマイルC、天皇賞・秋
ヴィクトワールピサ・・・皐月賞
エイシンフラッシュ・・・ダービー
ダノンシャンティ・・・NHKマイルC


ブエナビスタが勝てば「G1三勝」となり、文句無く確定。
また、ヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュ、ダノンシャンティ以外の馬が
勝った場合は、アパパネナカヤマフェスタを交えての大混戦となるものの、
有馬でブエナが余程の大敗を喫しない限り、ブエナが選ばれる可能性大。

しかし、ブエナビスタが年度代表馬になった場合「降着した馬が年度代表馬」
というJRAにとっても「汚点を残す結果」になるのでは?と思われます。

その為どうしても、あのマックイーンが年度代表馬になれなかった歴史が
繰り返される気がしてならないのです。

ならば勝つのは、ヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュ、ダノンシャンティの
いずれかではないでしょうか?

このうちダノンシャンティは、NHKマイルCというG1レースの格が落ちる為、
ぶっちぎりの1着が必要。血統的にも父フジキセキで厳しいと思います。

よって、勝つのはヴィクトワールピサか、エイシンフラッシュのどちらか
だと思うのです。

ローテーション的にもこの2頭は、ブエナビスタよりも疲労の度合いは軽い
ので、かなりの確率で2頭のどちらかで決まるものと思われます。

あとはダービー>皐月賞の格式の関係と、海外遠征の疲れが懸念される
ヴィクトワールピサよりも、秋のG1を1戦のみ消化のエイシンフラッシュ
上と見て、次の結論が出ました。

【結論】
◎エイシンフラッシュ
◯ヴィクトワールピサ


今回はこの2頭の単勝勝負!で行きたいと思います。


それにしても、今季・秋の関東圏で行われたG1(スプリンターズS、天皇賞・秋
ジャパンC、朝日杯FS)は全て審議対象に。
しかも、先週の朝日杯を除いて降着馬が出る波乱の結果続き。
(先週の朝日杯にしても降着こそなかったものの、後味の悪い結末に・・・)

今日の有馬記念は、スッキリと決着して欲しいと願うばかりです。

第55回「有馬記念」の発走時間は15時25分。
しかし、これだけ2日間に亘ってブエナビスタが来ない理由をグダグダと
書いておいて、ブエナが勝ったら、なんて言い訳するんだろう・・・。


続きを読む

スポンサーサイト
THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

炎のG1予想 2010(秋)最終回 「有馬記念」(前編)

OASI-ZのG1勝負2010(秋)も、いよいよ最終回。
最終回は、第55回を迎える「有馬記念」です。

ここまで、全敗街道一直線!でしたが「終わり良ければ全てヨシ(笑)」という
事で、今回はいつもより念入りに2日間に亘って検討を、したいと思います。

このレースの注目は、なんと言っても前走のジャパンCで、圧倒的な強さで
1着に入線していながら他馬(ローズキングダム)の進路を、妨害したという
理由で2着降着という屈辱を味わったブエナビスタが、有馬記念でその雪辱
を晴らせるかどうかという点でしょう。

そこでグレード制導入後の過去のデータから、ブエナビスタ勝利の可能性を
検証してみたいと思います。


【ローテーション編】

■天皇賞・秋を勝って→ジャパンC→有馬記念に駒を進めた馬の成績

1988年タマモクロス    1→2→2
1989年スーパークリーク  1→4→2
1991年メジロマックイーン 18(①降着)→4→2
1997年エアグルーヴ    1→2→3
1999年スペシャルウイーク 1→1→2
2000年テイエムオペラオー 1→1→1
2002年シンボリクリスエス 1→3→1
2003年シンボリクリスエス 1→3→1
2004年ゼンノロブロイ   1→1→1
2007年メイショウサムソン 1→3→8
2010年ブエナビスタ    1→2(①降着)→?

天皇賞・秋を勝って→ジャパンC→有馬記念という、もっともハイレベルなG1
3戦をフルに戦い抜いた馬は上記の通り。

そのうち、3戦とも勝利したのが2000年のテイエムオペラオーと、2004年の
ゼンノロブロイのみ。
ただ、ケチをつけるわけでは有りませんが、テイエムオペラオーの3戦全ての
2着馬がメイショウドトウという、レース・レベルに疑問符が付くところ。

また、ゼンノロブロイの時はダービー馬キングカメハメハを始め、3歳世代
のクラシック馬が、1頭も有馬記念に参戦していなかったというもの。

それらを含めて考えても、この3戦ともをフルに戦って勝利をするという事は
至難のワザということです。

あのタマモクロスも、スペシャルウイークも、エアグルーヴも、秋三戦の過酷
なローテーションの壁を、破る事が出来なかったのです。

むしろ、シンボリクリスエスのようにジャパンCで、軽く負けて体力を温存
出来た馬が、有馬で好走出来るようです。

また、最強牝馬ウオッカは、天皇賞・秋→ジャパンCで有馬は回避。
一昨年、有馬記念を牝馬で制したダイワスカーレットは、天皇賞・秋から
ジャパンCを回避して、有馬へというローテーション。

約2ヶ月もの間、調子をピークの状態で維持する事がどれだけ難しいかは
ダビスタなどでも周知の事実。

では、今年のブエナビスタはどうか?
前走ジャパンCは、記録上は2着ですが、実質は1着みたいなもの。これは
かなりの疲労を抱えていると思っても良いでしょう。

果たして、過酷な秋のG1三戦のローテーションに、ブエナビスタはどう
挑むのか?


明日の「年度代表馬編」に続きます・・・。


THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

炎のG1予想 2010(秋)第9回 「朝日杯フューチュリティステークス」

OASI-ZのG1勝負2010(秋)の9回目は、第62回「朝日杯フューチュリティS」
です。

秋のG1シリーズも残すところ、今週と来週の有馬記念を残すのみと
なりました。

ここまで白星なしの8連敗ですが、ここ3戦は本命か対抗のどちらか
の馬が連対しているという事で、私自身の調子も上がってきていると
思います。(←どこが?!)

来週のグランプリの資金稼ぎの為にも、今週スカッ!と当てて来週に
弾みをつけたいところですね~。

【結論】
◎サダムパテック
◯グランプリボス
▲アドマイヤサガス
注シゲルソウサイ


データ的にも1番人気のサダムパテックは外せないところ。鞍上の
スミヨン騎手も、昨日の阪神Cで重賞制覇をしており、ジャパンCの
「降着ショック」も影響がなさそうです。

対抗は、前走の京王杯2歳Sを制したグランプリボスです。恐らく
血統的に父の「サクラバクシンオー」が嫌われて、現在5番人気に
甘んじておりますが、デムーロ騎手の手綱捌きで、なんとか2着を
確保するのではないかと期待しております。

三番手には「外枠不利の中山1,600m!」に目をつむって(笑)、8枠
アドマイヤサガスです。
前走のデイリー杯2歳Sでは、先週G1を制したレーヴディソールの2着
と好走しており、力のある所は証明済み。

以下、ダートしか経験が無いものの、逃げ切り圧勝劇で2連勝中の
「シゲル総裁(笑)」を少し絡めて。

「朝日杯フューチュリティS」の発走時間は15時25分。

レース後の反省文はもう書きたくない!

続きを読む

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

炎のG1予想 2010(秋)第8回 「阪神ジュベナイルフィリーズ」

OASI-ZのG1勝負2010(秋)の8回目は、2歳牝馬の頂上決戦、
第62回「阪神ジュベナイルフィリーズ」です。

このレースで断然の1番人気が予想される、レーヴディソール
兄弟(姉妹)は、悲運がつきまとう不思議な一族です。

姉:レーヴダムール(2005年生)阪神JF2着・・・放牧先で急死
兄:アプレザンレーヴ(2006年生)青葉賞1着・・・屈腱炎で引退
兄:レーヴドリアン(2007年生)きさらぎ賞2着・・・疝痛悪化で死亡

志半ばで散っていった一族の、悲願のG1制覇を2008年生まれの
レーヴディソールが叶える事が出来るのか?
非常に注目のレースです。

【結論】
◎レーヴディソール
◯マルモセーラ


◎は、そのレーヴディソールです。
前走のデイリー杯2歳Sでは、33秒台の脅威の末脚で牡馬を一蹴。
鞍上の福永騎手も牝馬のG1には滅法強く、悲願達成の可能性は
かなり高いと考えます。

マルモセーラ
前走のファンタジーSでは、今回人気のホエールキャプチャを
力でねじ伏せ重賞制覇。ただ、ファンタジーSの勝ち馬は短距離
傾向が強いせいか、このレースであまり実績を残していない事も
あって、今回は現在7番人気の低評価。
騎手、厩舎、血統、馬主(失礼)の何れも地味なところが、人気の
盲点になっている理由であると思いますが、この人気なら鞍上の
田中健騎手もG1を意識せずに、前走同様思いっきり乗ってくれる
事でしょう。(母父のタマモクロスの名前にも涙・・・)

何頭買っても当たらないので(苦笑)、今回は潔くこの2頭の1点勝負
で行きたいと思います。

阪神JFの発走は15時40分。レース後の反省文をお楽しみに・・・。


続きを読む

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

炎のG1予想 2010(秋)第7回 「ジャパンカップダート」

OASI-ZのG1勝負2010(秋)の7回目は、第11回「ジャパンカップダート」です。

ここ数日新潟地方は、気温が17℃を超える小春日和の日があるかと思えば、
一昨日は強風(竜巻?)で学校の窓ガラスが割れるといった大荒れの天気
があったり、本当に異常気象の毎日が続いています。

この時期の新潟と東京(関東地方)の天気は、真逆のことが多く、新潟が
もの凄い雨や大雪が降っている時、東京は雲ひとつ無い晴天(笑)といった
事が多いのです。
逆にたまに「東京で大雪!」といった時に限って、新潟は「雲ひとつ無い晴天」
なんですけどね~。

という事で、馬券検討の一つのファクターである馬場状態は、新潟が土砂降り
であっても、東京は晴れている事が多いので、必ずチェックが必要です。

まぁ、もっとも馬場状態が分かっても、馬券は当たらないんですけどね~(爆)。

今週のG1は、その東京では無く、兵庫県宝塚市(阪神競馬場)で行われる
ダートのG1レースです。
(↑だったら新潟と東京の天気のくだりは、必要ないだろっ!・・・)


【結論】
◎ラヴェリータ
◯アドマイヤスバル
▲ヴァーミリアン
△トランセンド
△ダイシンオレンジ
注アリゼオ


ダート最強馬、エスポワールシチーが不在でメンバー的には、やや小粒な
印象は否めず、どの馬にもチャンス有りの混戦となりました。

◎は岩田康騎乗のラヴェリータです。
「ダートレース、特にG1レースは地方出身騎手を買え!」の理論で、今年の
フェブラリーSを、同じ岩田康騎乗のテスタマッタで的中する事が出来ました。
今回もその理論で、この馬を本命としました。ただ、気になるのは牝馬が
このレース連対していなんいんですよね~(汗)。まぁ2走前のシリウスS
で、今回人気のキングスエンブレムより、0.5kg重い斤量(実質2.5kg差)で
2着ですから、今回は充分チャンスがあると見ています。

アドマイヤスバルは、掲示板を外さない堅実なレース運びが魅力。騎手の
小牧太も地方出身。
ヴァーミリアンは、メンバー中一番の実績馬。しかも騎手は名手武豊。
△トランセンドは、1番人気で目標になる逃げ馬の為、苦戦予想も軽視禁物。
△ダイシンオレンジは、休み明けの前走は度外視。一叩きされた変わり身注意。

で、アリゼオは騎手があのルメール、で、ダート初出走でも注意が必要で
アリゼオ(笑)。

JCダートの発走は15時40分。レース後の反省文をお楽しみに・・・。


続きを読む

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。