カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALBUMS OF THE YEAR 2010 ③

正月は毎年、胃腸の調子が悪くなるOASI-Zです(←暴飲・暴食だろ!笑)。

遅くなりましたが、『ALBUMS OF THE YEAR 2010』の3回目は、
いよいよ10位~1位の発表です。


第10位 ジャミロクワイ 『Rock Dust Light Star』
Rock Dust Light Star Rock Dust Light Star

ジャミロクワイの5年ぶり7枚目のアルバム。これまで3作目のメガヒット
アルバム『Travelling Without Moving』しか、聴いた事が無かった
私の目を覚まさせてくれた1枚。
スライの過激的なグルーヴ、スティーヴィー・ワンダーのポップ・センス、
マルーン5のソフティケイトされたヴォーカルを兼ね備えた、白人ファンク
の天才が帰って来たと言える傑作。
曲は、ポップ・ファンクなタイトルナンバー「Rock Dust Light Star」


第9位 ディアハンター 『Halcyon Digest』
Halcyon Digest Helicopter

9位はディアハンターの2年ぶり4枚目のアルバム『Halcyon Digest』
「死」というヘヴィな世界観を、ノスタルジックでセンチメンタルな耳に残る
メロディで、堂々と打ち鳴らしてくれた今作品。
ノイジーなローファイ・サウンドという、いかにもインディ・バンドな佇まい
でありながら、ポップで聴き易い曲が増えたので、前作のメディア大絶賛
『Micro Castle』の、シューゲイザーやらなんやらよりも、個人的には
実にスッキリ、受け入れられます。曲はドリーミーな「Helicopter」


第8位 キングス・オブ・レオン 『Come Around Sundown』
Kings of Leon Radioactive

8位はキングス・オブ・レオンの5thアルバム『Come Around Sundown』
何故か本国アメリカよりも、イギリスでの人気が高かったバンドも、前作
『Only By The Night』がグラミー三冠を獲得し、アメリカでも火が点いた。
しかし、個人的には「泥臭いキラーズ(笑)」的なイメージが強くて、今イチ
ピンと来ていなかったので、正直このアルバムも期待せずに購入。
しかし、この『Come Around Sundown』でイメージがガラリ一変。サウンド
デザインが都会的になり、洗練された印象を受ける。何よりも曲が素晴らしい。
曲は疾走感溢れるギターが気持ち良い、リード・シングル「Radioactive」


第7位 ゴリラズ 『Plastic Beach』
Plastic Beach Stylo

7位は、ゴリラズの3rdアルバム『Plastic Beach』
アニメのキャラクターと音楽を合体させた、世界初のカートゥン・バンドとして
登場するや、1st、2ndと破格のセールスを誇り大成功。しかし、個人的には
ヒップホップをベースにソウル、エレクトロ、民族音楽等、色々なエッセンスを
注ぎ込み、最先端の実験的な音楽を作り出す、このヴァーチャル・バンドの音
に馴染めないでいたのは正直な感想。
しかし、豪華メンバーを結集させた今作は、実験的でありながら「極上ポップ」
という分かり易い、私がもっとも好むスタイルに。
曲は、ボビー・ウーマックとラッパーのモス・デフをフィーチャリングした「Stylo」


第6位 カニエ・ウエスト 『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』
Kanye West Power

6位は、年末ギリギリに発表されたカニエ・ウエストの2年ぶり5thアルバム
『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』
2009年のMTVヴィデオ大賞で、受賞したテイラー・スウィフトのスピーチ中に
泥酔して乱入。総スカンを喰らい、危機的状況の中で放った快心の一発。
個人的にヒップホップは、正直なところ苦手なジャンルでした。しかし、この
作品はヒップホップという範疇を超えて、ポップ・ミュージックの現在の形、
2010年という時代に、しっかり根を張った作品だと思います。
曲は、ロック・ファンなら誰もが知っている、キング・クリムゾン「21世紀
のスキッツォイドマン」
をサンプリングした「Power」。この反則技的な楽曲は
あのRUN-DMC「ウォーク・ディス・ウェイ」と並ぶ、サンプリングの大傑作。


Power 本当は4分52秒の曲ですが、これは短いヴァージョン


第5位 M.I.A 『MAYA』
MAYA.jpg Meds And Feds

5位は、M.I.Aの3年ぶりの3rdアルバム『MAYA』です。
M.I.A.を「ミア」と読んでいた犯罪的経歴を持つ私(笑)が、正直この順位に
このアルバムをランキングする事が、信じられないでいます。
過激で、挑戦的で、実験的で、先進的で、メロディレスなヒップ・ホップという、
私が最も苦手なジャンル。ゴリラズカニエのところでも触れましたが、過剰
に実験的だったり、ヒップホップというジャンルでも、ポップでキャッチーならば
自分好みの音楽として、受け入れる事が出来るようになったのです。
この曲「Meds And Feds」は、アドレナリン出まくりの破壊力。ノイズまみれで
これだけポップなのは凄い!。昨年の暑い夏、どれだけ聴いた事か・・・。


第4位 LCDサウンドシステム 『This Is Happening』
LCD Soundsystem All I Want

4位は、LCDサウンドシステムの3rdアルバム『This Is Happenning』です。
音楽プロデュース、リミックスを手掛けるDFAの中心人物ジェイムス・マーフィー
のサウンド・プロジェクトによる、第3弾アルバム。ディスコ、ファンク、エレクトロ
を全面に散りばめた、ポップなダンス・アルバムです。
過去の2枚は、どちらかと言えばスルメ的なアルバムでしたが、このアルバムは
最初からグイグイ引き込まれました。
曲は、ブライアン・イーノ「Here Come The Warm Jets 」デヴィッド・ボウイ
「Heroes」をミックスしたような「All I Want」


第3位 マニック・ストリート・プリーチャーズ 『Postcards From A Young Man』
Postcards from a Young Man The Descent

3位は、マニック・ストリート・プリーチャーズの通算10枚目のアルバム
『Postcards From A Young Man』です。
ジャケットのアートワークに俳優のティム・ロスを起用した1年ぶりの作品。
今作も期待を裏切らない歌メロにストリングス。ハードなギターをガンガンと
鳴らしながらも、極上のポップ感に満ち溢れたサウンド、そしてこのバンド
特有の圧倒的な高揚感。ベテラン・バンドとしての存在感を、今回も十分に
見せ付けてくれました
昨年の年間ランキングでも、前作『Journal For Plague Lovers』が3位と、
私にとってマニックスは、新作が期待を裏切らない特別なバンドなのです。
曲は、哀愁を帯びたストリングスが印象的な「The Descent」


第2位 アーケイド・ファイア 『The Suburbs』
Suburbs.jpg Ready To Start

2位は、アーケイド・ファイア三年ぶりの3rdアルバム『The Suburbs』です。
「郊外化問題」という出口の見えないテーマに立ち向かう問題作。青春時代の
日記を読み返すような歌詞を綴った、トータル・アルバム的な作りの今作も、
ヴァイオリンやアコーディオン等を用いた「小楽団」とも言えるオーケストラ・
ポップは健在。とにかく、1曲あたりの音楽情報量が濃密で、彼らのリアル
な思いが伝わってくる、期待通りの傑作となりました。
大傑作1st『Funeral』のパイルドライバー級(笑)の衝撃から、このバンドも
新作を待ち焦がれる、私にとって別格な存在になったのです。
今作がどれだけ素晴らしいかは、全米・全英チャート1位という事実だけで
十分でしょう。曲は、個人的ベスト・トラック「Ready To Start」


Ready To Start


第1位 エミネム 『Recovery』
Recovery.jpg Talkin' 2 Myself

そして、栄えある2010年・年間アルバムランキング第1位は、エミネム
『Recovery』です。
今年聴いた洋楽の中で、最も強烈なインパクトを残したのがこのアルバムに
収録された「Talkin' 2 Myself」でした。いわゆる、ロック色の濃いヒップ・ホップ
・ナンバーなのですが、このロック寄りという部分が、私を魅了した理由だとも
言えるのです。
もしかすると、従来のエミネムを聴き込んで来たファンには、それほどの曲では
無いかもしれないのですが、少なくともこの曲1曲だけで、私はこの攻撃的な
エミネムの帰還アルバムを、今年の猛暑の夏に何度もipodで聴きながら「年間
ランキング1位は、このアルバムしかない」
と、決めていたのです。
途中のNew Disc紹介で敢えてこのアルバムを取り上げなかったのは、最後に
「年間1位」として、紹介する為でもあったのです(笑)。
でも、'09年発表の前作『Relapse』の時には、何も感じなかったんですけどね。


Talkin' 2 Myself このエミネムの後姿が、いいですね~

----------------------------------------------------------------

以上が私OASI-Zが選ぶ、2010年アルバム・ランキングでした。
振り返ってみると、今まで聴く事がなかった(身体が受付けなかった(笑))
ヒップ・ホップ系のアルバムが多数ランキングされている事が、自分自身
でも大きな驚きです。
ただ、その選ばれたアルバムもメロディとアレンジがポップであり、苦手
意識から聴かず嫌いだった私でも、受け入れられる条件が整っていた事が
理由にあげられます。
とにかく、一年を通してみると個人的には大豊作の年だったと思います。

今年2011年は、どんなアルバムが私を待っているのでしょう?
今からとても、楽しみです。

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ALBUMS OF THE YEAR 2010 ②

2011年も、早いもので2日が過ぎようとしています(笑)。

『ALBUMS OF THE YEAR 2010』の2回目は、20位~11位の発表です。


Barking.jpg No.20 Barking

20位は、アンダーワールドの3年ぶり6枚目のアルバム『Barking』から
「Scribble」です。
過去の作品以上に、キャッチーな楽曲の多さに驚き。でも、ミニマルな
ロックがポップ路線で6~7分の曲になると、少し飽きが来るのは何故?


51xZvkxDMsL._SL500_AA240_[1] No.19 Contra

19位は、ヴァンパイア・ウィークエンドの2年ぶりの2nd『Contra』から
「Holiday」です。
アフリカン・ビートを導入した彼らのサウンドは、ポール・サイモンの名盤
「グレイスランド」を彷彿させながらも、新しい感覚に溢れています。
でも、個人的にはメディアの高評価ほど、ツボを押さないんですけどね。


Here Lies Love No.18 Here Lies Love

18位は、デヴィッド・バーンファットボーイ・スリムのコラボ・アルバム
『Here Lies Love』から、ケイト・ピアソンのファンキーなヴォーカルが
光る「The Whole Man」です。
マルコス大統領の夫人イメルダ・マルコスの、波乱万丈の生涯をテーマ
にしたダンスアルバム。


Olympia.jpg No.17 Olympia

17位は、ブライアン・フェリーの3年ぶりのソロ・アルバム『Olympia』から「Heartache By Numbers」です。
女性コーラスを多用し、脂が乗っていた全盛期のフェリー・ワールドを
彷彿させてくれる内容。
この勢いで、ロキシーのニュー・アルバムも作ってくれないかなぁ。


MGMT 2nd No.16 Congratulations

16位は、MGMTの2nd『Congratulations』から「Brian Eno」です。
「サーフロック」をテーマにしたギターとコーラスは、ビーチ・ボーイズ?か
はたまたベンチャーズか? 個人的には、1stより断然こちらが好み。
フックが効いたこの曲は、あのブライアン・イーノ讃歌。


jonsi Go No.15 Go

15位は、シガー・ロスのフロント・マンである、ヨンシーのソロ・アルバム
『Go』から、「Animal Arithmetic」です。
シガー・ロスのイメージから想像出来ない、アッパーな開放感と高揚感に
驚き。でも、静寂な透明感も失っていないのは、さすがです。


Hurley.jpg No.14 Hurley

14位は、ウイーザーの8枚目のアルバム『Hurley』から「Smart Girls」です。
強烈なインパクトのジャケット写真同様、力強いパワーポップを聴かせて
くれたウイーザー。リヴァース・クオモは、泣き虫ロックだけじゃない!


Foals.jpg No.13 Total Life Forever

13位は、フォールズの2年ぶりの2nd『Total Life Forever』から
「Total Life Forever」です。
前作の「ポスト・パンク」な音から、スケール感が飛躍的に進化。バンドの
スキルアップが、練り込まれた曲の良さから溢れ出ています。
この曲は、'80年代のニュー・ウェーヴ・サウンドを想起させてくれます。


Further CB No.12 Further

12位は、キャリア15年で7枚目のアルバム、ケミカル・ブラザーズ
『Further』から「Another World」です。
レイヤーのアナログ・シンセと、心地よいミニマリズム。今まで殆ど
聴く事がなかった「ハウス」「テクノ」「クラブ」ミュージックに、開眼
させてくれた作品。叙情的で幻想的なメロディも、いいんだなぁ。


Danger Days No.11 Danger Days

そして11位は、マイ・ケミカル・ロマンスのメジャー3作目、4年ぶりの
ニュー・アルバム『Danger Days』から、「Bulletproof Heart」です。
前作『ザ・ブラック・パレード』は、ロック・オペラ的な大傑作アルバムで、
商業的にも大成功を収めました。その後だけに今回のプレッシャーは
大きかったはず。でも、先行シングル「Na Na Na」の笑えるほど弾けた
サウンドへの大変化を耳にして、そんな不安も杞憂に終わりました。

ただ、個人的には15曲(日本盤はボートラが入って16曲!)という曲数
が多すぎて、長すぎて、少し散漫な印象を受けたので、この順位に。


さて、次回はいよいよ10位から1位の発表です。お楽しみに!

 
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ALBUMS OF THE YEAR 2010 ①

皆さん、今年も宜しくお願い致します。

2011年(平成23年)の幕が明けました。

結局、年末は通夜に参列したり、会社の年賀状作ったり、家の
大掃除を張り切りすぎて(笑)、更新する事が出来ませんでした。

そんなこんなで、予定より大幅に遅れて2010年を振り返って
『ALBUMS OF THE YEAR 2010 ①』を更新している次第です。

今日は30位~21位の発表をしたいと思います。

National Ransom No.30 National Ransom

30位は1年ぶり、通算30枚目!のエルヴィス・コステロのアルバム
『National Ransom』
から、「I Lost You」です。
コステロの元気な歌声を、今年も聴けただけで幸福でした。

History of Modern No.29 History Of Modern

29位は、オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
14ぶりの作品『History Of Modern』から、「If You Want It」です。
昔と変わらぬサウンドとヴォーカルに、思わず涙がでそうでした(笑)。

61z0k+oMgIL._SL500_AA240_[1] No.28 History Of Modern

28位モーション・シティ・サウンドトラックの通算4枚目のアルバム
『My Dinosaur Life』から、「A Lifeless Ordinary (Need A Little Help)
です。琴線に触れる「胸キュン・ポップ」は、相変わらずですな~。

Drums.jpg No.27 The Drums 

27位は、ブルックリン出身の新人バンド、ザ・ドラムスの1stアルバム
『The Drums』
から、「We Tried」です。
新人とは思えぬポップ・センスに脱帽。将来がとても楽しみなバンド。

Surfing the Void No.26 Surfing The Void

26位は、クラクソンズの2ndアルバム『Surfing The Void』から
「The Same Space」です。
鬼門の2作目。1stの躍動感は薄れたものの、進化が伺える作品。

Wake Up the Nation No.25 Wake Up The Nation

25位は、ポール・ウェラー師匠の2年ぶり『Wake Up The Nation』
から「Moonshine」です。
50歳を過ぎても、この元気!見習わなければ・・・。

Big Echo No.24 Big Echo

24位は、ザ・モーニング・ベンダーズのメジャー・デビュー・アルバム
『Big Echo』から「Excuses」です。
大人になった今も青春の輝きを失わない、 サンシャイン・ポップ!

Write About Love No.23 Write About Love

23位は、ベル&セバスチャンの4年ぶり7枚目のアルバム
『Write About Love』から「I Didn't See It Coming」です。
心が洗われるエヴァー・グリーン・ポップ。ジャケ写も秀逸。

61Tq7ZuaIwL._SL500_AA240_[1] No.22 The Sea

22位は、コリーヌ・ベイリー・レイの2ndアルバム『The Sea』
から「Are You Here」です。
「最愛の夫の事故死」の悲しみを、乗り越えて作られた渾身の作品。

Swanlights.jpg No.21 Swanlights

そして21位は、アントニー&ザ・ジョンソンズ『Swanlights』から
「Thank You For Your Love」です。
アレンジに高揚感が有り、とてもポジティヴで感動的な4枚目。


それにしても、素晴らしい作品が多くて何回も順位がコロコロと
変わりました。
きっと、明日になればまた変わるかも(笑)。

次回は20位から11位です。お楽しみに・・・。

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。