FC2ブログ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

ALBUMS OF THE YEAR 2011 ④

さて、いよいよ今回はOASI-Zが選ぶ「ALBUMS OF THE YEAR 2011」
ベスト5の発表です!1位に輝いたアルバムはどの作品でしょうか?


第5位 So Beautiful Or So What/Paul Simon

Paul Simon Getting Ready For Christmas Day

第5位には超ベテラン、ポール・サイモンの5年ぶりのニュー・アルバム
『So Beautiful Or So What』 が堂々ランクインしました。
以前にも紹介しましたが、ライナー・ノーツを書いたエルヴィス・コステロ
が、「このアルバムは、ポール・サイモンの最高傑作として認識されるに値
する」
と大絶賛。ポール自身も 「この20年間で最高の仕事だ」 と言う
くらい手応えを感じる傑作が完成しました。
曲は速度を落とした「蒸気機関車の蒸気の音」を効果音に使い、X'masの
説教をサンプリングに使うという、70歳目前とは思えぬイノヴェイティヴに
脱帽の名曲、「Getting Ready For Christmas Day」




第4位 Gloss Drop/Battles

Gloss Drop Ice Cream

第4位はバトルス4年ぶりになる、2ndアルバム 『Gloss Drop』 がランク
イン。この作品は「バンドの頭脳」と言われたメンバーの中核タイヨンダイ
ツアーに疲弊して脱退。三人編成になった事により、以前は音楽的な意見
の対立でぶつかり合いが絶えなかったのが、一つにまとまる好結果を生み
ポップな中にも実験的なリズムやアレンジによって高揚感が増し、ゲストに
よるヴォーカル入りの曲も増えた事で、前作以上に聴き易くなった印象を
受けます。(あのゲイリー・ニューマンのヴォーカルもフィーチャリング!)
曲は、過激でポップでラジカルな「Ice Cream」。クセになります。



続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ALBUMS OF THE YEAR 2011 ③

今年の正月は、早めに胃腸薬を服用し快調(腸)な正月を迎えた
OASI-Zです(笑)。

それでは、『ALBUMS OF THE YEAR 2011』10位から1位
までの発表です!


第10位 Angles/The Strokes

Angles.jpg Under Cover Of Darkness

前作 『First Impressions Of Earth』 から5年の歳月を経て発表
されたザ・ストロークスの通算4枚目のアルバム『Angles』
レゲエ、ニュー・ウェーヴ、シンセサイザー、コーラスなど、これまでの
ストロークスには無かった、新機軸目白押しのポップで実験的な意欲作。
個々のメンバーが、このブランクの間にソロ・アルバムを発表したことで
スキル・アップし、サウンドの幅を広げた印象を受けます。
曲は、モータウン・ビートが堪らない「Under Cover Of Darkness」


第9位 Bon Iver/Bon Iver

Bon Iver

ジャスティン・ヴァーノン率いる、ボン・イヴェールの2ndアルバム。
音の方はと言うと、アルバム・ジャケットのイメージそのもののフォーキーな
美しいサウンド。フリート・フォクシーズ、シガー・ロスを合わせたような
メロディとハーモニーに、洗練されたアレンジ。そこへファルセット・ヴォイス
が心に響きます。冒頭曲の荘厳な音の結晶が、最終曲で一気に開放される
様は、「極寒の冬に耐えた後の、春の息吹が吹き込む瞬間」とも言えます。
曲は、そのラストに収められた感動の名曲「Beth/Rest」。 泣けます・・・。



fuyugeshiki.jpg
冬来たりなば、春遠からじ (1/7の新潟市郊外:撮影OASI-Z)

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ALBUMS OF THE YEAR 2011 ②

年末は「ロケみつ/西日本横断ブログ旅」の一挙再放送を大掃除の
合間に観ながら稲垣早希ちゃんの姿に涙し、年始は「マルモのおきて」
の一挙再放送を、おせちを食べながら涙したOASI-Zです(苦笑)。

それでは「ALBUMS OF THE YEAR 2011」の20位~11位の発表を
させていただきます。


20位 James Blake/James Blake

James Blake Limit To Your Love

昨年、大ブレイクしたジェイムス・ブレイク(笑)。この作品は、どの雑誌
の年間ランキングも高評価で、まさに「2011年という時代の寵児」と言える
存在に。UK「ダブステップ」が、新しいジャンルとして今後どこまで発展
していくのかに注目。曲は「Limit To Your Love」




19位 Helplessness Blues/Fleet Foxes

Helplessness Blues Battery Kinzie

2009年の年間ベストアルバムに輝いたフリート・フォクシーズの2nd。
前作の「He Doesn't Know Why」のような、カタルシスを喚起する曲は
今回の作品には見当たりませんが、聴くほどに少しずつ心が浄化されて
行くアルバムです。曲は「Battery Kinzie」


18位 Suck It And See/Arctic Monkeys

Suck It And See She's Thunderstorms

アークティック・モンキーズの4thアルバムは、過去3作で積み重ねた
スキルの総括的なアルバムで、1曲1曲練りこまれたクオリティの高い
楽曲が並ぶ作品。ただ、個人的には後世に残る「キラー・チューン」を
期待していた分、この順位に・・・。曲は「She's Thunderstorms」


17位 Velociraptor!/Kasabian

Velociraptor!.jpg Goodbye Kiss

カサビアンの2年ぶりとなる、4枚目のアルバム 『Velociraptor!』
過去3作の中から、リスナーの好みを結集させたヴァラエティに富んだ
作品となりました。それは、フォーカスが定まらない雑多な印象をも与え
ますが、全体を覆うポップなテイストが上手くカバーしています。
曲は新機軸と言える、青春ポップ・ソング・ナンバー「Goodbye Kiss」

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ALBUMS OF THE YEAR 2011 ①

皆さん、あけましておめでとうございます。(←って、もう1月2日だよ)

今年も恒例になりました「Albums of The Year 2011」の発表を
これからさせていただきます。

今年は一昨年のフリート・フォクシーズや、昨年のエミネムのような
魂を揺るがす「100点満点、最高傑作!」と呼べるようなアルバムは
残念ながら有りませんでした。

しかし、95点~85点クラスのアルバムが目白押しで順位をつけるのが
本当に大変でした。

きっと、明日になれば順位も変わる。そんなランキングだと思います。


先ず今日は40位~21位の発表です。

40位 Hard Times And Nursery Rhymes/Social Distortion
39位 Red Barked Tree/Wire
38位 Future Primitive/The Vines
37位 Killer Sounds/Hard-Fi
36位 The English Riviera/Metronomy
35位 Skying/The Horrors
34位 What Did You Expect From The Vaccines?/The Vaccines
33位 Famous First Words/Viva Brother
32位 Collapse Into Now/R.E.M.
31位 Vices & Virtues/Panic! At The Disco


【31位~40位総括】

39位のWireは、昔のアヴァンギャルドなWireの面影が全く無くて
逆に興味深く、懐かしさと新しさが同居した作品でした。

35位のThe Horrorsは世間では結構、評価が高いみたいですが
私としては今一つ、輪郭が掴めないでいます。プログレっぽい部分が
なければいいんだけどね・・・。

34位のThe Vaccines、33位のViva BrotherはUK期待の新人
バンド。次回作でどのように進化するかが注目。

32位のR.E.M.は、惜しくも解散。晩年も短いインターバルでアルバム
をリリースしており、その創作意欲に感服していただけに残念。

Collapse Into Now

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

30位 Biophilia/Björk
Biophilia.jpg

ビョークの世界観は留まるところを知らない、そんな印象を強く与えた
作品。

29位 21/Adele
Adele 21

昨年のUK、USで一番売れたのがアデルのこのアルバム。私自身は
前作1stアルバムの衝撃が強過ぎて、このアルバムはそれほど評価
していなかったのですが、わからんもんです・・・(汗)。

28位 Mylo Xyloto/Coldplay
Myloxyloto.jpg

世界が待っていたコールドプレイのニュー・アルバム。ワクワク感は
無いものの、威風堂々とした安定感抜群の作品。

27位 Valhalla Dancehall/British Sea Power
Valhalla Dancehall

前作以上にポップでロマンティシズムなメロディに溢れた、3年ぶりの
ブリティッシュ・シー・パワーのニュー・アルバム。

26位 Colour Of The Trap/Miles Kane
Miles Kane

60年代のリズム&ブルース、70年代サイケデリック・ロックにグラム・
ロックの影響を大きく受けた、マイルズ・ケインのソロ・アルバム。

25位 Bread And Circuses/The View
Bread And Circuses

1stのような耳に残るメロディが、目白押しの3rdアルバム。試行錯誤
を繰り返して逞しく大人になったザ・ビューが、帰ってきました。

24位 Portamento/The Drums
Drums 2

アッパーなサウンドに見えても奥底にある「重さ、暗さ、切なさ、悲しみ」
といったものが実に深い、ザ・ドラムスの2ndアルバム。

23位 Sky Full Of Holes/Fountains Of Wayne
Sky Full of Holes

どこか懐かしさを感じるエヴァー・グリーンなサウンドと、琴線に触れる
メロディは健在。ファウンテインズ・オブ・ウェインの通算5枚目。

22位 Pala/Friendly Fires
PALA.jpg

昔懐かしい80年代の香りが漂う、エレクトロ・ポップ・ファンクと呼べる
ダンサブルな音楽で飛躍したフレンドリー・ファイアーズの2nd。

21位 The King Is Dead/The Decemberists
The King Is Dead

オーガニックなアメリカン・サウンドで、R.E.M.の後継者としての期待が
かかるザ・ディセンバリスツの、通算6枚目のアルバム。


【21位~30位総括】

この辺りのアルバムは例年であれば、20位以内に入るレベルの作品だと
思うのですが、ハイレベルの激戦の中でこの順位に留まりました。
まぁ、一番驚いたのはアデルですね~。どうしてこんなに売れたのか・・・?

次回は11位~20位です。ここもかなり、難航しましたね・・・。


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ALBUMS OF THE YEAR 2010 ③

正月は毎年、胃腸の調子が悪くなるOASI-Zです(←暴飲・暴食だろ!笑)。

遅くなりましたが、『ALBUMS OF THE YEAR 2010』の3回目は、
いよいよ10位~1位の発表です。


第10位 ジャミロクワイ 『Rock Dust Light Star』
Rock Dust Light Star Rock Dust Light Star

ジャミロクワイの5年ぶり7枚目のアルバム。これまで3作目のメガヒット
アルバム『Travelling Without Moving』しか、聴いた事が無かった
私の目を覚まさせてくれた1枚。
スライの過激的なグルーヴ、スティーヴィー・ワンダーのポップ・センス、
マルーン5のソフティケイトされたヴォーカルを兼ね備えた、白人ファンク
の天才が帰って来たと言える傑作。
曲は、ポップ・ファンクなタイトルナンバー「Rock Dust Light Star」


第9位 ディアハンター 『Halcyon Digest』
Halcyon Digest Helicopter

9位はディアハンターの2年ぶり4枚目のアルバム『Halcyon Digest』
「死」というヘヴィな世界観を、ノスタルジックでセンチメンタルな耳に残る
メロディで、堂々と打ち鳴らしてくれた今作品。
ノイジーなローファイ・サウンドという、いかにもインディ・バンドな佇まい
でありながら、ポップで聴き易い曲が増えたので、前作のメディア大絶賛
『Micro Castle』の、シューゲイザーやらなんやらよりも、個人的には
実にスッキリ、受け入れられます。曲はドリーミーな「Helicopter」


第8位 キングス・オブ・レオン 『Come Around Sundown』
Kings of Leon Radioactive

8位はキングス・オブ・レオンの5thアルバム『Come Around Sundown』
何故か本国アメリカよりも、イギリスでの人気が高かったバンドも、前作
『Only By The Night』がグラミー三冠を獲得し、アメリカでも火が点いた。
しかし、個人的には「泥臭いキラーズ(笑)」的なイメージが強くて、今イチ
ピンと来ていなかったので、正直このアルバムも期待せずに購入。
しかし、この『Come Around Sundown』でイメージがガラリ一変。サウンド
デザインが都会的になり、洗練された印象を受ける。何よりも曲が素晴らしい。
曲は疾走感溢れるギターが気持ち良い、リード・シングル「Radioactive」


第7位 ゴリラズ 『Plastic Beach』
Plastic Beach Stylo

7位は、ゴリラズの3rdアルバム『Plastic Beach』
アニメのキャラクターと音楽を合体させた、世界初のカートゥン・バンドとして
登場するや、1st、2ndと破格のセールスを誇り大成功。しかし、個人的には
ヒップホップをベースにソウル、エレクトロ、民族音楽等、色々なエッセンスを
注ぎ込み、最先端の実験的な音楽を作り出す、このヴァーチャル・バンドの音
に馴染めないでいたのは正直な感想。
しかし、豪華メンバーを結集させた今作は、実験的でありながら「極上ポップ」
という分かり易い、私がもっとも好むスタイルに。
曲は、ボビー・ウーマックとラッパーのモス・デフをフィーチャリングした「Stylo」


第6位 カニエ・ウエスト 『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』
Kanye West Power

6位は、年末ギリギリに発表されたカニエ・ウエストの2年ぶり5thアルバム
『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』
2009年のMTVヴィデオ大賞で、受賞したテイラー・スウィフトのスピーチ中に
泥酔して乱入。総スカンを喰らい、危機的状況の中で放った快心の一発。
個人的にヒップホップは、正直なところ苦手なジャンルでした。しかし、この
作品はヒップホップという範疇を超えて、ポップ・ミュージックの現在の形、
2010年という時代に、しっかり根を張った作品だと思います。
曲は、ロック・ファンなら誰もが知っている、キング・クリムゾン「21世紀
のスキッツォイドマン」
をサンプリングした「Power」。この反則技的な楽曲は
あのRUN-DMC「ウォーク・ディス・ウェイ」と並ぶ、サンプリングの大傑作。


Power 本当は4分52秒の曲ですが、これは短いヴァージョン


第5位 M.I.A 『MAYA』
MAYA.jpg Meds And Feds

5位は、M.I.Aの3年ぶりの3rdアルバム『MAYA』です。
M.I.A.を「ミア」と読んでいた犯罪的経歴を持つ私(笑)が、正直この順位に
このアルバムをランキングする事が、信じられないでいます。
過激で、挑戦的で、実験的で、先進的で、メロディレスなヒップ・ホップという、
私が最も苦手なジャンル。ゴリラズカニエのところでも触れましたが、過剰
に実験的だったり、ヒップホップというジャンルでも、ポップでキャッチーならば
自分好みの音楽として、受け入れる事が出来るようになったのです。
この曲「Meds And Feds」は、アドレナリン出まくりの破壊力。ノイズまみれで
これだけポップなのは凄い!。昨年の暑い夏、どれだけ聴いた事か・・・。


第4位 LCDサウンドシステム 『This Is Happening』
LCD Soundsystem All I Want

4位は、LCDサウンドシステムの3rdアルバム『This Is Happenning』です。
音楽プロデュース、リミックスを手掛けるDFAの中心人物ジェイムス・マーフィー
のサウンド・プロジェクトによる、第3弾アルバム。ディスコ、ファンク、エレクトロ
を全面に散りばめた、ポップなダンス・アルバムです。
過去の2枚は、どちらかと言えばスルメ的なアルバムでしたが、このアルバムは
最初からグイグイ引き込まれました。
曲は、ブライアン・イーノ「Here Come The Warm Jets 」デヴィッド・ボウイ
「Heroes」をミックスしたような「All I Want」


第3位 マニック・ストリート・プリーチャーズ 『Postcards From A Young Man』
Postcards from a Young Man The Descent

3位は、マニック・ストリート・プリーチャーズの通算10枚目のアルバム
『Postcards From A Young Man』です。
ジャケットのアートワークに俳優のティム・ロスを起用した1年ぶりの作品。
今作も期待を裏切らない歌メロにストリングス。ハードなギターをガンガンと
鳴らしながらも、極上のポップ感に満ち溢れたサウンド、そしてこのバンド
特有の圧倒的な高揚感。ベテラン・バンドとしての存在感を、今回も十分に
見せ付けてくれました
昨年の年間ランキングでも、前作『Journal For Plague Lovers』が3位と、
私にとってマニックスは、新作が期待を裏切らない特別なバンドなのです。
曲は、哀愁を帯びたストリングスが印象的な「The Descent」


第2位 アーケイド・ファイア 『The Suburbs』
Suburbs.jpg Ready To Start

2位は、アーケイド・ファイア三年ぶりの3rdアルバム『The Suburbs』です。
「郊外化問題」という出口の見えないテーマに立ち向かう問題作。青春時代の
日記を読み返すような歌詞を綴った、トータル・アルバム的な作りの今作も、
ヴァイオリンやアコーディオン等を用いた「小楽団」とも言えるオーケストラ・
ポップは健在。とにかく、1曲あたりの音楽情報量が濃密で、彼らのリアル
な思いが伝わってくる、期待通りの傑作となりました。
大傑作1st『Funeral』のパイルドライバー級(笑)の衝撃から、このバンドも
新作を待ち焦がれる、私にとって別格な存在になったのです。
今作がどれだけ素晴らしいかは、全米・全英チャート1位という事実だけで
十分でしょう。曲は、個人的ベスト・トラック「Ready To Start」


Ready To Start


第1位 エミネム 『Recovery』
Recovery.jpg Talkin' 2 Myself

そして、栄えある2010年・年間アルバムランキング第1位は、エミネム
『Recovery』です。
今年聴いた洋楽の中で、最も強烈なインパクトを残したのがこのアルバムに
収録された「Talkin' 2 Myself」でした。いわゆる、ロック色の濃いヒップ・ホップ
・ナンバーなのですが、このロック寄りという部分が、私を魅了した理由だとも
言えるのです。
もしかすると、従来のエミネムを聴き込んで来たファンには、それほどの曲では
無いかもしれないのですが、少なくともこの曲1曲だけで、私はこの攻撃的な
エミネムの帰還アルバムを、今年の猛暑の夏に何度もipodで聴きながら「年間
ランキング1位は、このアルバムしかない」
と、決めていたのです。
途中のNew Disc紹介で敢えてこのアルバムを取り上げなかったのは、最後に
「年間1位」として、紹介する為でもあったのです(笑)。
でも、'09年発表の前作『Relapse』の時には、何も感じなかったんですけどね。


Talkin' 2 Myself このエミネムの後姿が、いいですね~

----------------------------------------------------------------

以上が私OASI-Zが選ぶ、2010年アルバム・ランキングでした。
振り返ってみると、今まで聴く事がなかった(身体が受付けなかった(笑))
ヒップ・ホップ系のアルバムが多数ランキングされている事が、自分自身
でも大きな驚きです。
ただ、その選ばれたアルバムもメロディとアレンジがポップであり、苦手
意識から聴かず嫌いだった私でも、受け入れられる条件が整っていた事が
理由にあげられます。
とにかく、一年を通してみると個人的には大豊作の年だったと思います。

今年2011年は、どんなアルバムが私を待っているのでしょう?
今からとても、楽しみです。

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース