FC2ブログ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

温め過ぎて鮮度が心配な新譜特集③

Hard-Fi 3Vines 5Stephen MalkmusKaiser Chiefs 4Decemberiats.jpg


今日の5曲

1.グッド・フォー・ナッシング/ハード・ファイ・・・Killer Sounds
2.リーヴ・ミー・イン・ザ・ダーク/ザ・ヴァインズ・・・Future Primitive
3.セネター/スティーヴン・マルクマス&ザ・ジックス・・・Mirror Traffic

4.スターズ・ウィズ・ナッシング/カイザー・チーフス
                       ・・・The Future Is Medieval
5.ドント・キャリー・イット・オール/ザ・ディセンバリスツ 
                        ・・・The King Is Dead



「温め過ぎて鮮度が心配な新譜特集」も、いよいよ今回が最終回。
今回は約半年前に購入したアルバムからの曲も、満を持して登場(汗)。


Kaiser Chiefs 4

4曲目は、カイザー・チーフスの2年半ぶりとなる、4枚目のアルバム
『The Future Is Medieval』から「スターツ・ウィズ・ナッシング」です。

この作品の為にレコーディングされた未発表新曲20曲の中から、試聴を
して気に入った10曲を選び、好きなアートワークを付けて自分バージョン
『The Future Is Medieval』 を、ダウンロード購入する事が出来る。
というカイザースらしい、実にユニークなアイデアの元に発表された作品。

とにかくライヴ・パフォーマンスが評判で、観客を盛り上げ、熱狂させる事
で有名。曲も「るびるびるびるびー」とか「ねばみさび・び・び・び」とか
分かりやすくて、誰にでも口ずさめる「必殺フレーズ」が売りのバンド。

しかしアルバムにはダンサブルなナンバーだけで無く、結構骨太な曲が
あったり、サイケな味付けがされたナンバー等、今回の作品も引き出しの
広さを感じさせる内容になっています。

この曲、「スターツ・ウィズ・ナッシング」のプロデュースは、あのトニー・
ヴィスコンティ
が担当。ラウドでへヴィなギターが効いていて渋さを感じる
佳曲です。


Starts With Nothing/Kaiser Chiefs

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

温め過ぎて鮮度が心配な新譜特集②

Hard-Fi 3Vines 5Stephen MalkmusKaiser Chiefs 4Decemberiats.jpg


今日の5曲

1.グッド・フォー・ナッシング/ハード・ファイ・・・Killer Sounds
2.リーヴ・ミー・イン・ザ・ダーク/ザ・ヴァインズ・・・Future Primitive

3.セネター/スティーヴン・マルクマス&ザ・ジックス・・・Mirror Traffic
4.スターズ・ウィズ・ナッシング/カイザー・チーフス・・・The Future Is Medieval
5.ドント・キャリー・イット・オール/ザ・ディセンバリスツ・・・The King Is Dead



今回は、前回に引き続き「温め過ぎて鮮度が心配な新譜特集」の続きです。


Stephen Malkmus

3曲目は今回の「今日の5曲」の中でもイチオシのアルバム、スティーヴン・
マルクマス&ザ・ジックス
の3年ぶりのニュー・アルバム『Mirror Traffic』
から「セネター」です。

最初、「スティーヴン・マルクマスって誰?」と、勉強不足なワタシは思ったの
ですが、90年代USインディ・ポップ、オルタナ・ロック・シーンにおけるレジェンド、
ぺイヴメントの中心人物だったんですね~(汗)。
そして、このアルバムの注目点は、その90年代という同時期を同じシーンで
音楽活動していた盟友の、ベックがプロデュースをしている事。

スティーヴンはソロになってから、出来るだけぺイヴメントから距離を置いた
作品を作って来たようですが、結局同じ人間が作るのだから、大きく音楽性が
変わるはずが無いという事を、ベックが気付かせてくれたようです。
確かにアルバムは、かなりの部分でぺイヴメントを彷彿させるユニークな
メロディとガレージなギターに溢れており、「吹っ切れた」印象を受けます。



Senator/Stephen Malkmus & The Jicks

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

温め過ぎて鮮度が心配な新譜特集①

Hard-Fi 3Vines 5Stephen MalkmusKaiser Chiefs 4Decemberiats.jpg


今日の5曲

1.グッド・フォー・ナッシング/ハード・ファイ・・・Killer Sounds
2.リーヴ・ミー・イン・ザ・ダーク/ザ・ヴァインズ・・・Future Primitive

3.セネター/スティーヴ・マルクマス&ザ・ジックス・・・Mirror Traffic
4.スターズ・ウィズ・ナッシング/カイザー・チーフス・・・The Future Is Medieval
5.ドント・キャリー・イット・オール/ザ・ディセンバリスツ・・・The King Is Dead


最近、CDが全然聴けていないのです。
取り敢えず、気になるアーティストのニュー・アルバムが出ると、円高で
かなり値段が下がっている今のうちに、輸入盤のCDを購入しております。
更に中古CDなんかも、機会があれば購入しておりますので、どんどん
増える一方となっております。

しかし、ここに来て色々なイベントがあったり、ゴルフの練習に精を出し
たり、相変わらず週末は競馬の検討(当たらないけど)したりと、音楽を
聴く時間が激減しており、未聴のCDが新譜・旧譜が増えてきました。

そんな事で、カサビアンも、ビョークも、ノエル・ギャラガーのニュー・
ルバムも未だ購入していないのです(汗)。

そもそも、OASI-Zが一番音楽を聴くのは通勤と仕事で使う車の運転中
次がウォーキング犬の散歩お風呂掃除(苦笑)時の、i-podという
状態で、家で腰を据えてオーディオで聴く事は皆無と言えます(涙)。

そんな事で、今聴いているのは2~3ヶ月温めていた新譜という状態で、
「温めすぎて鮮度が少し心配な新譜特集」をお送りいたします(爆)。


Hard-Fi 3

先ず、1曲目はハード・ファイの4年ぶり3rdアルバム『Killer Sounds』
から「グッド・フォー・ナッシング」です。

この曲は打ち込み系のドラム・ビートが心地よい、ダンサブルなナンバー。
アルバム他の曲もグルーヴが強化され、サウンド・プロダクションも大きく
スケール・アップした印象を受けます。

ハード・ファイと言うと、デビュー・アルバムの制作費が6万円!の自主
制作盤でありながら、全英1位に輝いた「ワーキング・クラス・ヒーロー」
いう事で大きな話題となりました。
しかし、このアルバムは重厚な分厚い音が支配しており、威風堂々とした
貫禄さえも伺える、内容になっております。
それはデビュー当時のファンから見れば、嬉しくもあり寂しくもあるところで
しょう。


Good For Nothing/Hard-Fi

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

UKギターロックの復権企画:最終回 ザ・クークス

The Junk Of The Heart

UKギターロックの復権企画5回シリーズの最終回は、ザ・クークスです。

先ずは彼らの3年ぶりとなる、3rdアルバム 『Junk Of The Heart』から
「ジャンク・オブ・ザ・ハート(Happy)」 を、お聴き下さい。


Junk Of The Heart(Happy)/The Kooks

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

UKギターロックの復権企画④ ザ・ヴァクシーンズ/ビバ・ブラザー

Vaccines.jpgViva Brother

UKギターロックの復権企画の第4回目は、活きのイイ新人バンドを2つ
ご紹介いたします。

先ずはザ・ヴァクシーンズです。全英チャート初登場4位を記録した
デビュー・アルバム 『What Did You Expect From The Vaccines? 』
から、超ラジオ・フレンドリーな 「レッキン・バー(ラララ)」 をお聴き下さい。


Wreckin' Bar(Ra Ra Ra)/The Vaccines

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース