カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1勝負(秋)最終回 有馬記念

炎のG1勝負2011(秋)も、いよいよ今週が最終回。
最終回は、第56回を迎えるグランプリ・レース「有馬記念」です。


今、盛んにJRAのCMで流れているオグリキャップの有名な
有馬記念でのラストラン
当時は枠連の発売しかない時代で、私はホワイトストーンが入った
7枠を軸に、メジロライアンの3枠とメジロアルダンの4枠へ流し
て勝っておりました。

実は、メジロアルダンの4枠にはオグリキャップが同居しており、
オグリが直線で先頭に立った時、2着粘り込みをはかるホワイトストーンと、
「枠連の代用品で的中!」と喜んだのも束の間、大川慶次郎さん(故人)
がTVで「ライアン、ライアン!」と応援の後押しをした
甲斐もあり、メジロライアンが、ホワイトストーンを交わし2着。

ワタシのホワイトストーンは、3着に後退し。1着-3着、2着-3着
という、最も悔しいハズレとなったの、実に思い出深いレースです(号泣)。

-------------------------------------------------------------------

余談が長くなりました(汗)。
有馬記念というレースは、1年締めくくりのレースであると同時に
「年度代表馬」を決めるレースでも有ります。

昨年はこの「年度代表馬」の観点から、「G1降着馬は年度代表馬に
なれない!」
と予想し、前走のジャパンカップで1着入線→2着に降着の
ブエナビスタを蹴って、ヴィクトワールピサの単勝を見事に的中させた
思い出深いレースです。
(しかし、実際のところ昨年の年度代表馬ブエナビスタでした・・・滝汗)

今年も、この「年度代表馬」を重視して、予想を進めていきたいと思います。

出走馬の中で、年度代表馬の可能性があると思われるのは

オルフェーヴル・・・皐月賞、ダービー、菊花賞(クラシック三冠)
ブエナビスタ・・・ジャパンカップ、Vマイル2着、宝塚記念2着
ヴィクトワールピサ・・・ドバイワールドカップ日本馬初の優勝
この三頭以外には、可能性はゼロだと思います。

アーネストリー、ヒルノダムール、トーセンジョーダンの三頭もG1
レースを一つ勝っていますが、有馬記念をたとえ勝っても無理でしょう。

まぁ、実際のところ三冠馬が年度代表馬にならなかった事は一度も無い
ので、順当にオルフェーヴル年度代表馬になると思われます。

しかし、仮にこのレースでブエナビスタか、ヴィクトワールピサが勝って
オルフェーヴルが惨敗するようだと、記者の投票も割れるのではないか
と思います。
万が一、三冠馬が年度代表馬になれない事があってはならないので、
この2頭が勝つ可能性は、極めて低いと思います。

そうなると勝つのはオルフェーヴルの可能性が大です。
しかし「あのディープインパクトでさえ、3歳時の有馬でに敗れている」
ように、勝っても年度代表馬になれない馬が牽制しあう有力馬を尻目に
勝つチャンスもあると考えます。(いや、無理やり考えたい(苦笑))

そして、大事なもう一つのポイントは、馬の疲労の蓄積です。
今年の秋の天皇賞は、驚異的なレコード決着となりました。

天皇賞(秋)→ジャパンカップとレースを臨戦してきた馬は、かなりの
疲労が溜まっている可能性が有ります。

昨年もローテーションについて取り上げましたが、今年も古馬の秋のG1
王道路線を歩んでいない馬を重視して出した結論がこれです。


【結論】
◎アーネストリー
◯オルフェーヴル
▲ヴィクトワールピサ
△ブエナビスタ
△トゥザグローリー


本命は、宝塚記念でブエナビスタを完封したアーネストリーとしました。
前走の天皇賞は、大外不利の東京2,000mの影響もあって、14着に惨敗
しましたが、ジャパンカップをスキップして休養十分。2強に「あっ」
言わせる可能性を秘めているのは、この馬だと思います。

対抗は、勿論オルフェーヴル

単穴は、中山得意の昨年の覇者ヴィクトワールピサ

ブエナビスタは過酷なローテーションで殆ど、お釣りが残っていない
と見て4番手。

後、表彰式のプレゼンターの片瀬那奈の後押しもあり、3着に来そうな
7番トゥザグローリーを△。


ブエナビスタオルフェーヴルの最初で、最後の対決も楽しみですし
現在、131勝で並んでいる岩田J福永Jリーディング争いも楽しみ。
(1Rで福永Jが勝ち、現時点で1勝リード!)

そして、ワタシのこの企画が10戦全敗で終わるのか? はたまた、
一矢報いる事が出来るのか?興味が尽きない有馬記念になりそうです。


有馬記念の発走は15時25分です。
レース後の反省文をお楽しみに。

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

炎のG1勝負(秋)第9戦 朝日杯フューチュリティS

今週は『炎のG1勝負(秋)』第9戦、2歳王者を決める一戦、
「第63回朝日杯フューチュリティS」 が行われます。

このレースが行われる中山1,600mは、東京2,000mと並んで「外枠
不利」
が定説のコースで、当初はダローネガ、レオアクティヴ、
アルフレード
の3頭の中から、枠順を見て中心馬を決めようと考え
ておりました。

しかしダローネガ、レオアクティヴの2頭がまさかの8枠に同居!
必然的に2枠3番のアルフレードが中心馬に推し出される形となり、
人気でも1番人気に支持されております。

じゃあ「アルフレードが軸でいいじゃん!」とも思ったのですが、
有力馬2頭が大きなハンデを背負った事で、他の馬にも付け入る
隙があると見て、穴馬を探すことに・・・(笑)。

その条件として
①前走が1着か2着
②併せ馬調教で遅れていない事
③6枠より内枠の馬

上記の条件から叩き出した結論がこちらです・・・。


【結論】
◎スノードン
◯アルフレード

▲レオアクティヴ
△ダローネガ
△サドンストーム
△ローレルブレット
注クラレント


本命は半分ヤケグソ気味にスノードンです(笑)。
ドバイのハムダン皇太子の持ち馬で、未勝利~オープン連勝中の
この馬の鋭い末脚に期待します。こちら新潟も雪が降り、この馬の
祝宴の準備も整いました(えっ、東京は雲ひとつ無い快晴だって?)

対抗は順当にアルフレード

8枠の2頭は、このメンバーなら不利を跳ね除けるかもの期待を込めて。
特にレオアクティヴ騎乗の横山典騎手は昨日のレースで失格となり、
来週の有馬記念で騎乗する予定だったペルーサに、乗れなくなって
しまったので、年内最後のG1レースとなった、このレースに賭ける思い
は相当なものと思い、三番手評価にしました。

クラレントの前走大敗は、放馬のアクシデントがあったもので、度外視
できるものの、調教遅れが気になりとしました。

先週の「月食馬券」は、今週持ち越しでアドマイヤムーン産駒の勝利を
もたらすはず。
「あっと驚くハクサンムーン!」というオチが、つかないように・・・。

朝日杯フューチュリティSの発走は15時25分です。
レース後の反省文をお楽しみに。

続きを読む

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

炎のG1勝負(秋)第8戦 阪神ジュべナイルフィリーズ

今週は『炎のG1勝負(秋)』第8戦、2歳牝馬の女王を決める一戦、
「第63回阪神ジュべナイルフィリーズ」 が行われます。

今年の注目はなんと言っても、ブエナビスタの妹ジョワドヴィーヴルが、
母、姉に続いてこのレースを制する事が出来るか?という点だと思います。

まぁキャリア1戦ですし、いくら良血と言っても厳しいのは間違いないの
ですが、逆に勝つと来年はこの馬を中心に回る事になりそうですね。


【結論】
◎イチオクノホシ
◯ジョワドヴィーヴル
▲サウンドオブハート
注エピセアローム

△ファインチョイス
△ラシンティランテ
△アンチュラス


本命はジョワドヴィーヴルではなく(笑)、一億の☆イチオクノホシです。
傑出馬不在で混戦ムード漂う今年の阪神JFですが、新馬→500万勝ち
の2連勝。決め手鋭く鞍上がデムーロと来れば、この馬にもチャンスが
有ると思います。

まぁ、ワタシとしては穴を狙ったつもりなんですが現在5番人気。金曜日
の時点では10番人気位だったのに、土曜日午前中には2番人気に推さ
れるという意外な人気に。誰かの大口買いが入ったものと思われますが、
最終的には6~7番人気位に落ち着くのではないかと、見ています。
(実際、単勝の人気ほど馬連は売れていない・・・)

相手は難解なんですが、ジョワドヴィーヴルサウンドオブハート
中心に上位人気馬を手広く馬連で。
ただ、エピセアロームだけは調教で遅れたのでとしておきます。

イチオクノホシよ、この企画未勝利のワタシに満天の星を
降り注いでくれ!昨日は月食だったし・・・(←意味わかんね?)


阪神ジュべナイルフィリーズの発走は15時40分です。
レース後の反省文をお楽しみに。


続きを読む

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

炎のG1勝負(秋)第7戦 ジャパンカップダート

今週は『炎のG1勝負(秋)』第7戦、秋の砂の王者を決める一戦、
「第12回ジャパンカップダート」 が行われます。

今年の注目はなんと言っても、昨年の覇者であるトランセンドと、
一昨年の勝ち馬エスポワールシチーの対決でしょう。

その2強対決で盛り上がるレースですが、その2頭で決まると馬券的には
盛り下がるのです(苦笑)。

2頭とも逃げ・先行脚質なのですが、枠順的にエスポワールが逃げて、
それを2番手か3番手でトランセンドがしっかりマークする展開になる
のでしょう。

当然、強力な2頭が前に行けば必然的に他の馬も仕掛けが早まり、なし崩し
に脚を使わされた馬たちは、直線で2頭に離される事になりそうです。

そんな中で一角崩しがあれば、無欲で直線勝負に賭ける馬でしょうか?

阪神コースにJCダートが場所を移してからの過去3年、1番人気は3着→
1着→1着と、堅実に馬券圏内に来ているものの、2番人気はおろか3番
人気も1頭も入り込めない状況と、なっております。

対照的に人気薄の7番人気(2008年)、8番人気(2010年)が2着に来て
波乱の結果となっているのです。

更に、大変失礼ですが2009年の田中博J、2010年の小林慎Jと、G1では
馴染みの薄いジョッキーが2年連続、2着に来ているのも注目です。

今年のJCダートは、その辺の事を考えて馬券を購入してみたいと思います。


【結論】
◎ニホンピロアワーズ
◯トランセンド
▲エスポワールシチー
△ダノンカモン
△ワンダーアキュート
注ヤマニンキングリー


本命は現在10番人気のニホンピロアワーズにしました。
(↑どーせ当たらないからヤケクソでしょうか?(笑))。

鞍上の酒井学Jには大変申し訳ないのですが、騎乗している16人の
ジョッキーの中で、ワタシが思うにG1で最も馴染みの薄いジョッキーが
酒井騎手なのです。
もっとも、馬のほうも4着以下が無い堅実な成績で、底を見せていない
所も魅力的であります。

まぁ、勝つのはトランセンドエスポワールシチーのどちらかだと思う
ので、馬券的にはニホンピロアワーズ軸で2頭への馬連とワイド、そこに
ダノンカモンワンダーアキュートの2頭を絡めた三連複。
ヤマニンキングリーは、調教で併走馬に遅れて本来買えない馬ですが、
この馬前走も遅れながら勝っているので、としておきます。

ジャパンカップダートの発走は15時40分です。
レース後の反省文をお楽しみに。


続きを読む

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

炎のG1勝負(秋)第6戦 ジャパンカップ

今週は『炎のG1勝負(秋)』第6戦、世界の強豪が府中に集結する
楽しみな一戦、「第31回ジャパンカップ」 が行われます。

今年の注目はなんと言っても、今年の凱旋門賞の勝ち馬である
デインドリームが参戦してきた事でしょう。

凱旋門賞馬の来日は、1999年のモンジュー以来。そのモンジューが
勝った凱旋門賞で2着に入ったのが、今回のJRAのジャパンカップ
CMに起用されたエルコンドルパサー

そしてモンジューが4着に敗れたジャパンCを制したのが、ブエナビスタ
の父であるスペシャルウィーク

そのブエナビスタに昨年のジャパンCで騎乗し、1位入選にもかかわらず
進路妨害により2着へ降着という屈辱を味わった、スミヨン騎手騎乗の
サラリンクスの父が、モンジュー・・・。

という、予想を混乱させる情報が飛び交う今年のジャパンCなのです。


【結論】
◎ブエナビスタ
◯シャレータ
▲デインドリーム
△ローズキングダム
△ヴィクトワールピサ
△ウインバリアシオン
△エイシンフラッシュ


本命は昨年の雪辱を晴らすと見て、ブエナビスタにしました。
今年の秋の天皇賞は驚異的なレコード決着となり、そこで上位に来た
馬は反動が心配されます。

勝ったトーセンジョーダンから0.3秒差の4着という、軽い負け方をした
ブエナビスタには疲れが残っていない(調教も抜群の動き)と見ています。
休み明けの前走より一叩きされた今回の方が、上積みは十分見込めます。

対抗、単穴の凱旋門賞1・2着馬は、騎手(ルメール)の日本実績を重視
して、シャレータを上に見ました。何せあのスノーフェアリーに先着した
2頭ですから、ここでも十分通用すると思います。

△以下は3着候補として4頭、選んでみました。
天皇賞(秋)で期待を裏切った事が、結果的に疲労を残さずに済んだ2頭
ローズキングダムエイシンフラッシュ)と、別路線である菊花賞から
ウインバリアシオン)、そしてドバイWC以来8ヶ月ぶりでも底力は証明
済みの(ヴィクトワールピサ)を挙げておきます。

ジャパンCの発走は15時20分です。レース番号は10レースですので、
お間違いなく。レース後の反省文をお楽しみに。


続きを読む

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。