カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年ソロ・アーティストの新譜特集 

Sonik KicksFormer LivesCharmer.jpgSunken CondosTempest.jpg


【今日の5曲】

1.Green/Paul Weller・・・Sonik Kicks
2.Broken Yolk in Western Sky/Benjamin Gibbard・・・Former Lives
3.Charmer/Aimee Mann・・・Charmer
4.I'm Not The Same Without You/Donald Fagen・・・Sunken Condos
5.Roll On John/Bob Dylan・・・Tempest


今日は、今年発表されたソロ・アーティストの5枚の作品から、このブログの
原点に帰って「今日の5曲」を、お送り致します。

Sonik Kicks

先ず1曲目は、ポール・ウェラー師匠のソロ通算11枚目となるアルバム
『Sonik Kicks』 から 「Green」です。

前作 『Wake Up The Nation』 から2年ぶりとなる作品は、前作同様に
老け込むどころか元気一杯、実験的な楽曲を散りばめた作品となりました。
この「Green」は、80年代エレポップを彷彿とさせる曲で50歳を過ぎてから
更に若々しさを増した感すらあります。
新作発表のインターバルも、キッチリ2年おきのペースというのが今の師匠
の充実ぶりを、物語っているのだと思います。


Green/Paul Weller 心臓の弱い方は映像を凝視しないように

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Swing Lo Magellan

Swing Lo Magellan

2009年に発表された前作 『Bitte Orca』 が各音楽誌で大絶賛を受け

世界的に大ブレイクした ダーティー・プロジェクターズ

私自身も彼らの存在を知ったのは、その5作目となる前作からでした。

サウンドの特徴は所謂 「ブルックリン派」 と言われるバンドに共通する

「異形のポップ・ミュージック」

正直 私は実験的なメロディやアレンジを採用したポップ・ミュージックは

大好きなのですが、コーラスやハーモニーに実験的要素を大胆に用いた

「コンテポラリー・ロックの最先端」を行くサウンドにはあまり馴染めず

このダーティー・プロジェクターを始め、ヴァンパイア・ウィークエンド

や、アニマル・コレクティヴといった、高い評価を受けているバンドにも

殆ど入れ込む事は有りませんでした。


ですから、それほどこの新作 『Swing Lo Magellan』 には期待をして

いなかったのですが、タワーレコードの試聴機で すっかりやられました。

トータル・アルバムでも、コンセプト・アルバムでも無いのにアルバムの

最初から順に聴いていくと、まるで「物語を読んでいる」ような気分に

させられる、凄いアルバムだと思います。

特にM-3「Gun Has No Trigger」「銃を手にしても、そこに引き金は

無く、その銃で自分を殺すことは出来ない」
という、ダークで冷たい

心の叫びと、焦燥感に駆られるコーラス・ワークが終わった後に、M-4

「Swing Lo Magellan」の穏やかで、春の木漏れ日のようなアコギと

優しく心を揺らす歌声を聴いた瞬間、不覚にも私はタワレコの試聴機の

前で、泣きそうになってしまったのです(汗)。


Swing Lo Magellan/Dirty Projectors


前作には余り見られなかったカタルシスを喚起するメロディと、とにかく

シンプルになったヴォーカルとハーモニー。

「コーラスの斬新さ」という彼らの最大の武器を控えめにして、「今回は

歌のアルバム、楽曲のアルバム」
と語る、フロントマンのデイヴィッド・

ロングストレス


前作の成功に自信を持って、伸び伸びと創作の意欲を駆り立てて作り

上げた、この作品を聴いて 「とんでもない傑作アルバムが出来て

しまったなぁ」
というのが、私の実感です。


DP Album
Bitte Orca/Swing Lo Magellan ジャケ写がいいですね~


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Blues Hand Me Down

The Bomb Shelter Sessions


2012年に発表されたアルバムを振り返るシリーズ、第五弾の今日は

ヴィンテージ・トラブルのデビュー・アルバム 『The Bomb Shelter

Sessions』
です。

とにかく、バンド名がカッコいい。ジャケットのアート・ワークもモノクロで

カッコ良すぎ。

そしてサウンドは、60年代風のR&Bやソウル・ナンバーに、エネルギー

を爆発させた黒人ヴォーカルと、ハード・エッジなギターを加え、ロック

とブルースが融合した、超カッコいい極上の「ヴィンテージ・サウンド」

を鳴らすという、正に破格の新人バンドの登場と言えるでしょう。


特に、1曲目の「Blues Hand Me Down」における、冒頭のドラム・

グルーヴ、そこに畳み掛けるナリー・コルトのギター・リフが圧巻。

更に、タイ・テイラーのソウルフルで汗が迸るような、ヴォーカルが

素晴らしい。そして、ファンキーなベース・グルーヴが加わると、聴く

者の高揚感は、MAXに達するのであります。


Blues Hand Me Down/Vintage Trouble
この曲の歌詞の中に「Vintage Trouble」というフレーズが出て来て
そこから、バンド名が決定したとのこと。


決して目新しさは無い。むしろレトロな佇まいに溢れた、サウンドで

ある。しかし、以前紹介したブラック・キーズにも通じる、圧倒的な

グルーヴとブルージィなロックン・ソウルは、古臭く感じるどころか

今の時代には逆に、新鮮な印象を受けるから不思議。

単なるクラシック・ロックのフォーマットを、焼き直した音にならない

のは、メンバー1人1人のスキルの中に蓄積された「豊富な音楽

情報量」
によって、レトロなサウンドにモダンなサウンド・デザインを

意識することなく、施しているからに違い有りません。


既に2ndアルバムも仕上がっており、「Blues Hand Me Down」

何曲も入ってるというのだから(笑)、今からとても楽しみ。

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Sixteen Saltines

Blunderbuss.jpg


2012年に発表されたアルバムを振り返るシリーズ、第四弾の今日は

ジャック・ホワイト、待望のソロ・アルバム 『Blunderbuss』 です。


ザ・ホワイト・ストライプスの、実質的なラスト・アルバムとなった

『Icky Thump』 が発表されたのが2007年。それから考えても5年の

インターバルがあった訳ですが、それほど久しぶりに感じないのは

その間にザ・ラカンターズ名義のアルバムが1枚、デッド・ウェザー

名義のアルバムが2枚、更にはホワイト・ストライプスライヴCD

+ドキュメンタリーDVDが、発表されていたからだと思います。


まぁ、ザ・ラカンターズにしてもデッド・ウェザーにしても、ジャック・

ホワイト
が主導権を握っている限り、ホワイト・ストライプスの影が

色濃く残るのは否めないのですが、バンド形式によるアンサンブルを

重視したスタイルは、ジャック・ホワイトのメンバーに対する遠慮が

あるのか、ストライプスのようなプリミティヴな音の破壊力と緊迫感を

期待すると、物足りなさが残ったのです。


ところが、初めてのソロ・アルバムとなったこの 『Blunderbuss』 では

爆裂ギターあり、グルーヴに溢れるブルーズありと、今迄の消化不良を

解消させるかのような内容になっております。

同じ曲を、全員女性バンドと全員男性バンドによる2回レコーディング

して「良い方を採用する」といったルールを設け、既成概念を破壊する

ストライプス時代のような「異形のロック」のエネルギーを、アルバムで

爆発させているのです。

中でも、この 「Sixteen Saltines」 は凄い! 音の塊による圧倒的な

破壊力が、ブルースというオールド・スクールな音楽スタイルを解体し

イノヴェーションで、「21世紀のブルース」を作り上げてしまいました。



Sixteen Saltines/Jack White


相変わらず、レッド・ツェッペリンを彷彿とさせてくれる音なのですが

音の多様性とか良質なコマーシャリズムといった部分にも、ジミー・

ペイジ
ジャック・ホワイトの共通点が、多く感じられると思います。


メグ・ホワイトの揺れる(どこが?)ドラミングを、もう見る事が出来ない

のは残念ですが、ストライプスの正式な解散によってジャック・ホワイト

の創造性を最大限に発揮した作品が、これからも作り続けられるのか

と思うと、今後が楽しみで仕方ないのであります。


追記.

ツェッペリンが居なくても、ジャック・ホワイトが居れば、いいかなぁ~

と思っていたのですが、「祭典の日」大絶賛のレビューを読むと、

ブルーレイDVD付きのアルバムが、欲しくなりましたね~(笑)。



こちらはライヴのSixteen Saltinesゼップには まだ及ばない?


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Wasted Days

AttaCk on Memory


2012年に発表されたアルバムを振り返るシリーズ、第三弾の今日は

アメリカ出身の4ピース・バンド、クラウド・ナッシングスのセカンド・

アルバム 『Attack On Memory』 です。

2011年に発表された1stでは、ローファイなポップ・パンクを演って

いたという事ですが(未聴)、そんな予備知識が何の役にも立たない

くらい、このアルバムの破壊力は凄まじいものがあります。

その大きな理由としてプロデューサーに、ニルヴァーナを手掛けた

あのスティーヴ・アルビニが起用された事。

中でもM-2の8分を超える大作で、このアルバムのハイライトと言える

「Wasted Days」は、そのアルビニ効果が存分に発揮された楽曲。

ハードなギターを掻き鳴らし、ヴォーカルがシャウトするグランジ風

サウンドに変貌を遂げたのは、至極当然と言えるのでしょう。


Wasted Days/Cloud Nothings


歯切れの良いパンキッシュなカッティング・ギターがリードし、攻撃的な

ヴォーカルが畳み掛ける。音の緊張感による、体内のリミッターが振り

切る寸前で、混沌としたプログレ風のインプロビゼーションに突入。

全く飽きさせないミニマルな世界に浸り切った後、最後にまた絞り出す

ような「魂のシャウト」で、幸福な時間が終わりを迎えます。

Cloud Nothings

これが二十歳そこそこのバンドの音なんだから、ホント凄いもんです。

UKの若手バンドは、衝撃的なデビュー・アルバムを発表しても作品

を重ねる毎に、だんだんフェイド・アウトしていくのに対し、USの若手

バンドはキャリアを重ねる毎に、素晴らしい作品を作り上げるような

気がします。

まっ、あくまでもOASI-Zのイメージだけどね・・・。


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。