カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comedown Machine

Comedown Machine

ザ・ストロークスの2年ぶりとなる新作 『Comedown Machine』 が発表されました。
先ずはその中から、リード・シングルである 「One Way Trigger」 を、お聴き下さい。


One Way Trigger/The Strokes

A-Ha「Take On Me」 を聴いてもらいました・・・(大爆)。

この80年代エレポップな肌触りの新曲を聴いた時は、正直 冗談かと思いましたが
これが、今のストロークスのモードという事なんでしょう。

ザ・ストロークスのデビュー・アルバム 『Is This It』 は2000年代の最重要アルバム
として位置づけられているのですが、残念ながら私はこのアルバムを

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

The Next Day

The Next Day


デヴィッド・ボウイの10年ぶりの新作 『The Next Day』 は、発売前から雑誌等
でもかなり盛り上がっていて、音源を手に入れるまでの数日間、気持ちの高ぶりも
最高潮に達しておりました。意味不明なこのジャケットも、購買欲をそそるしね~。

じゃあ当然「発売日にすぐ買ったのか?」というと、実はそうでは有りませんでした。
それは、長い間引きずって来た懐疑心が自分の気持ちの中を大きく支配していた為に
CDショップに足を運ばせる事を、躊躇させてしまったのです。

デヴィッド・ボウイの「70年代~80年代前半」の充実ぶりは素晴らしく、作品を
発表する度に変化を重ねるサウンド・デザインは、聴き手の期待と想像を遥かに超え
るものばかりでした。

今年になって自分のブログで特集をしている、1973年からの 「Albums of the
Year」
を見ると、その凄さがわかります。

1973年 『Aladdin Sane』 3位
1974年 『Diamond Dogs』 5位
1975年 『Young Americans』 13位
1976年 『Station to Station』 6位
1977年 『Low』 1位『Heroes』 4位
1979年 『Lodger』 11位
1980年 『Scary Monsters』 8位

という圧倒的なランキング順位。因みに1972年をやっていたら、当然・・・
1972年 『Ziggy Stardust』 1位(参考) と、なっているはず。

しかし、29年前の1984年に発売された 『Tonight』 を最後に、デヴィッド・
ボウイの作品が私の期待に応えてくれる事は、無くなってしまったのです。

そしてこの期待と不安の中で、音を耳にする事になった新作 『The Next Day』
ファースト・インプレッションは「時間が長いなぁ~」という事(笑)。ボートラ
まで入れるとトータル約1時間ものヴォリューム感。このお腹一杯な内容のせいか
フォーカスがぼやけてしまい、3回聴いた感想は「うん、まぁ、こんなもんかな?」
というもの(苦笑)。

大絶賛するメディアに踊らされて過剰な期待をかけすぎたせいか、多少拍子抜けの
感はありましたが、他のアーティストと比べれば十分に水準以上の内容。
少なくとも、『Tonight』以降の空白を埋めてくれる作品には、なったと思います。

ただ、欲を言えば「復活」を印象づけるキラー・チューンが、欲しかったな。
まぁ、「The Stars」なんかは「Blue Jean」のように、化粧品のCMに使われそうな
ポップな肌触りが有りますが、先行シングル「Where Are We Now?」は・・・。

巷では 『Scary Monsters』 を彷彿とさせるアルバムという評価も有るようですが
個人的な評価としては、 『Scary Monsters』 の躍動感や、アイデアや、ソング・
ライティングには残念ながら及ばず、どちらかというと 『Lodger』『Tonight』
辺りに近い印象。

勿論、現在のボウイに 『Ziggy Stardust』『Low』 を期待するのは酷な話で、
ただ素直に、引退説や重病説も流れた2013年 66歳のリアルなボウイが歌う
こんなにアッパーな新曲を聴く事が出来ただけでも「幸福を感じなければならない
のかな?」
と思います。

でも、ボブ・ディランポール・サイモン二―ル・ヤングといった70歳前後の
ベテラン達が最近の作品で、ラジカルでイノヴェイティヴな作品を発表したのに対し
ボウイのこのアルバムは、余りにも無難な優等生

もしかしたら、この 『The Next Day』で手応えを掴んだボウイが、次回作で
思いっきり「実験的な作品」或いは「どキャッチーな作品」を作ってくれるかも?
そんな事を少しだけ期待しながら、もう少しこの作品を楽しみたいと思います。

私はここにいる
死んではいない
空木の腐りに身体をまかせ
枝木は私の十字架に影を落とす
そして次の日
そしてその次
そしていつもの一日
  [The Next Day]


I'll Take You There/David Bowie
この曲をボートラにするなんて!DXエディション買わせる為の作戦か?(笑)


追記
長過ぎるこのアルバムを下記の曲に厳選して車の中で聴くと、アルバムの印象が
ガラリ一変(がらりいっぺん)!曲順をもう少し考えると、もっと良くなるかな?

1.The Next Day
2.The Stars[Are Out Tonight]
3.Where Are We Now?
4.Valentine's Day
5.I'd Rather Be High
6.How Does The Grass Grow?
7.[You Will]Set The World On Fire
8.You Feel So Lonely You Could Die
9.I'll Take You There
10.God Bless The Girl
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

今月の5枚

昨日、タワーレコード3倍ポイントに釣られて久しぶりに新譜を購入。

目当ては、トム・ヨークのサイド・プロジェクトであるアトムス・フォー・ピース
1stアルバム 『Amok』 と、世間をやたらと騒がせているデヴィッド・ボウイ
10年ぶりとなる新作 『The Next Day』

でも、先月は1枚も新譜を買わなかったので、調子に乗ってもう3枚大人買い(笑)。
先ず1枚は、ザ・ストロークス前作から2年ぶりとなる 『Comedown Machine』
続いて、フォールズ前作から3年ぶりとなる 『Holy Fire』。そして今年のグラミー賞
最優秀新人賞にノミネートされた、ザ・ルミニアーズ『The Lumineers』

今年に入って、ブログの「ベスト・アルバム」企画の為に、ずーっと旧譜ばかり聴いて
いたので、久々の新譜購入にハイ・テンションアドレナリン大噴出(笑)。
この新譜購入時の高揚感は、旧譜では決して味わえない不思議なものがあるね~。

アルバムを聴いた感想文は、また追々と・・・。

それにしても、アトムス~の蛇腹のようなジャケットは、なんなんだぁ?


2013.03 New Disc

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

2012年ソロ・アーティストの新譜特集 

Sonik KicksFormer LivesCharmer.jpgSunken CondosTempest.jpg


【今日の5曲】

1.Green/Paul Weller・・・Sonik Kicks
2.Broken Yolk in Western Sky/Benjamin Gibbard・・・Former Lives
3.Charmer/Aimee Mann・・・Charmer
4.I'm Not The Same Without You/Donald Fagen・・・Sunken Condos
5.Roll On John/Bob Dylan・・・Tempest


今日は、今年発表されたソロ・アーティストの5枚の作品から、このブログの
原点に帰って「今日の5曲」を、お送り致します。

Sonik Kicks

先ず1曲目は、ポール・ウェラー師匠のソロ通算11枚目となるアルバム
『Sonik Kicks』 から 「Green」です。

前作 『Wake Up The Nation』 から2年ぶりとなる作品は、前作同様に
老け込むどころか元気一杯、実験的な楽曲を散りばめた作品となりました。
この「Green」は、80年代エレポップを彷彿とさせる曲で50歳を過ぎてから
更に若々しさを増した感すらあります。
新作発表のインターバルも、キッチリ2年おきのペースというのが今の師匠
の充実ぶりを、物語っているのだと思います。


Green/Paul Weller 心臓の弱い方は映像を凝視しないように

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Swing Lo Magellan

Swing Lo Magellan

2009年に発表された前作 『Bitte Orca』 が各音楽誌で大絶賛を受け

世界的に大ブレイクした ダーティー・プロジェクターズ

私自身も彼らの存在を知ったのは、その5作目となる前作からでした。

サウンドの特徴は所謂 「ブルックリン派」 と言われるバンドに共通する

「異形のポップ・ミュージック」

正直 私は実験的なメロディやアレンジを採用したポップ・ミュージックは

大好きなのですが、コーラスやハーモニーに実験的要素を大胆に用いた

「コンテポラリー・ロックの最先端」を行くサウンドにはあまり馴染めず

このダーティー・プロジェクターを始め、ヴァンパイア・ウィークエンド

や、アニマル・コレクティヴといった、高い評価を受けているバンドにも

殆ど入れ込む事は有りませんでした。


ですから、それほどこの新作 『Swing Lo Magellan』 には期待をして

いなかったのですが、タワーレコードの試聴機で すっかりやられました。

トータル・アルバムでも、コンセプト・アルバムでも無いのにアルバムの

最初から順に聴いていくと、まるで「物語を読んでいる」ような気分に

させられる、凄いアルバムだと思います。

特にM-3「Gun Has No Trigger」「銃を手にしても、そこに引き金は

無く、その銃で自分を殺すことは出来ない」
という、ダークで冷たい

心の叫びと、焦燥感に駆られるコーラス・ワークが終わった後に、M-4

「Swing Lo Magellan」の穏やかで、春の木漏れ日のようなアコギと

優しく心を揺らす歌声を聴いた瞬間、不覚にも私はタワレコの試聴機の

前で、泣きそうになってしまったのです(汗)。


Swing Lo Magellan/Dirty Projectors


前作には余り見られなかったカタルシスを喚起するメロディと、とにかく

シンプルになったヴォーカルとハーモニー。

「コーラスの斬新さ」という彼らの最大の武器を控えめにして、「今回は

歌のアルバム、楽曲のアルバム」
と語る、フロントマンのデイヴィッド・

ロングストレス


前作の成功に自信を持って、伸び伸びと創作の意欲を駆り立てて作り

上げた、この作品を聴いて 「とんでもない傑作アルバムが出来て

しまったなぁ」
というのが、私の実感です。


DP Album
Bitte Orca/Swing Lo Magellan ジャケ写がいいですね~


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。