カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALBUMS OF THE YEAR 2012 ⑤

OASI-Zが選ぶ 「ALBUMS OF THE YEAR 2012」 の最終日は
いよいよ 5位から1位 の発表です。


第5位 Jake Bugg/Jake Bugg

Jake Bugg

このアルバム・ジャケットの醒めた目。とても18歳とは思えないサウンド。
あのノエル・ギャラガーや、クリス・マーティン(コールドプレイ)が絶賛
する、ジェイク・バグのデビュー・アルバムが、堂々第5位にランク・イン。
声が若き日のボブ・ディランや、アレックス・ターナー(アークティック・
モンキーズ)
を思わせる。個人的には、そのアークティック・モンキーズ
の1stと同等の衝撃を覚えた作品。単なる60年代ヴィンテージのリ・メイク
に留まらない破格の将来性を感じる曲群に、全英初登場1位も納得。


Lightning Bolt/Jake Bugg


第4位 Radlands/Mystery Jets

Radlands.jpg

第4位は、ミステリー・ジェッツ2年ぶり4枚目 『Radlands』 がランク・
イン。住み慣れたロンドンを離れ、アメリカはテキサス州オースティンで
レコーディングを敢行した今作は、環境を変える事で 「バンドの変化を
求めたかった」
という目的通り、バンド本来が持つUKインディの叙情性
にカントリーでフォーキーなUSインディ・ロックが、見事に融合。前作
から大きくサウンドの幅を広げ、飛躍的進化を果たす作品になりました。
この先、何時までも聴いて行きたいと思わせる、素晴らしいアルバム。


Lost In Austin/Mystery Jets


第3位 In The Belly Of The Brazen Bull
/The Cribs


In The Belly Of The Brazen Bull

第3位は、ザ・クリブスの2年半ぶりとなる5枚目のアルバム 『In The
Belly Of The Brazen Bull』
が入りました。前作で加入したジョニー・
マーが目指す音楽の方向性の違いから脱退。マーが完璧なサウンドを
求める余り、レコーディングに時間がかかり過ぎた事を反省し 一発録り
の筋肉質なギター・サウンドを完成。ジャーマン三兄弟が、マーの抜け
た穴を埋めて新たな方向性を見出し、自信を深める結果となったのは
デイヴ・フリッドマンと、スティーヴ・アルビニの共同プロデュースの
力も大きかったのは、間違いないでしょう。


Glitters Like Gold/The Cribs


第2位 Blunderbuss/Jack White

Blunderbuss.jpg

ジャック・ホワイト、待望のソロ・アルバム 『Blunderbuss』 が第2位に。
ザ・ホワイト・ストライプスの、実質的なラスト・アルバム 『Icky Thump』
から5年、音の塊による圧倒的な破壊力と、緊張感に溢れるグルーヴが
ついに作品として帰ってきたのです。ブルースというオールド・スクールな
音楽スタイルを爆裂ギターを鳴らしながら 「21世紀のブルース」に変える
イノヴェーション。今回のレコーディングでも、同じ曲を全員女性バンドと
全員男性バンドによる、2回の録音で 「良い方を採用する」ルールを設け
る等、既成概念を破壊しエネルギーを爆発させる「異形のロック」は健在。


16 Saltines/Jack White


第1位 Swing Lo Magellan/Dirty Projectors

Swing Lo Magellan

OASI-Zが選ぶ 「ALBUMS OF THE YEAR 2012」 、栄えある第1位
に輝いたのは、ダーティー・プロジェクターズ の3年ぶり6枚目の作品
『Swing Lo Magellan』 です。
所謂「ブルックリン派」と呼ばれる音楽に共通する「コーラスやハーモニー
に実験的要素を導入」したサウンドに馴染めずにいた私が、大して期待も
せずにタワーレコードの試聴機でこのアルバムを聴いた時、感動のあまり
泣きそうになった
という話は、ここでも書かせていただきました。
前作には余り見られなかったカタルシスを喚起するメロディと、シンプルに
なったヴォーカルとハーモニー。「今回は歌のアルバム、楽曲のアルバム」
と語る、フロントマンのデイヴィッド・ロングストレスの言葉に納得。

昨年の夏の暑い日に、試聴機で聴いた瞬間「あぁ 今年のベスト・アルバム
は、このアルバムで決まりだな…」
と思いました。結局 最後までこの作品
を超えるアルバムが、現れる事はなかったのです。


Gun Has No Trigger/Dirty Projectors


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


という事で、長々と5回に亘ってようやく1位まで発表する事が出来ました。
個人的には昨年よりも ベテランが頑張っていた印象を受けますが、新しい
バンドや才能の台頭も確実に起こっており、全体的には優れたアルバムが
多かった1年だったと思います。

その中でも前作は、全く良さが分からなかった(汗) 1位ダーティー・
プロジェクターズ
8位パッション・ピット16位グリズリー・ベア
といったバンドの作品が「凄く良い!」と思えた自分に驚かされました(笑)。

今年2013年以降に期待出来るアーティストとしては、なんといっても 5位
に入った1994年生まれ、18歳のジェイク・バグ。限り無い秘めた才能から
今後どれだけの名曲が生まれるか、本当に楽しみであります。


スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ALBUMS OF THE YEAR 2012 ④

仕事始めが1月4日。その後 新年会ラッシュで少し間が空いて
しまいました。皆さんは正月気分も、すっかり抜けましたでしょうか?

言い訳はこの辺にしておいて、OASI-Zが選ぶ「ALBUMS OF THE
YEAR 2012」
 の4日目は10位から1位までの発表です。


第10位 Between the Times & the Tides/Lee Ranaldo
Between the Times the Tides

ソニック・ユースのギタリスト、リー・ラナルドが発表した“キャリア初”と
なるヴォーカル・アルバム 『Between the Times & the Tides』
第10位。ポップ・テイストのメロディに、ディストーション・ギターの絡みと
味わい深いヴォーカルが、とても心地よい作品。

第9位 Channel Orange/Frank Ocean
Channel Orange

R&B/アーバン・ソウル・シーンに、「期待の新星登場!」と言えるフランク・
オーシャン
のデビュー・アルバム 『Channel Orange』 が第9位。ある時
はプリンスのようにファンキーに、ある時はスティーヴィー・ワンダーのような
甘いメロディに、ダブ・ステップ等の実験的要素を投入し、ハイ・クオリティな
「次世代型ソウル・ミュージック」を作り上げました。自身が「ゲイ」である事を
カミング・アウトした事も話題に。


Sweet Life/Frank Ocean


第8位 Gossamer/Passion Pit
Gossamer.jpg

ひたすらポップなエレクトリック・サウンド。アルバムを通して聴くと、清廉な
気持ちにさせてくれる、パッション・ピットの3年ぶり2作目 『Gossamer』
が第8位。前作 『Manners』 は私自身 全く良さが分からず2009年の年間
ランキングでは圏外。それが今作では、私のツボを完璧に押さえました。
この「Hideaway」は 『残響』 の頃のシガー・ロスを彷彿させる、高揚感に
溢れた佳曲。


Hideaway/Passion Pit


第7位 iUno!、iDos!、iTre!/Green Day
Uno!.jpgDos!.jpgTre!.jpg

『American Idiot』 『21st Century Breakdown』 とポップ・パンクを繋ぎ合わ
せた「ロック・オペラ」という、エポック・メイキングな大作を発表し、確固たる
地位を築いたグリーン・デイが、「原点回帰」的な作品を作り始めたら曲が
出来すぎて、3枚に分けて発表した三部作 『iUno!』 『iDos!』 『iTre!』
第7位。曲は 『iUno!』 から、反則技(笑)の青春パンク 「Sweet 16」


Sweet 16/Green Day


第6位 Look To The Sky/James Iha
LOOK TO THE SKY

スマッシング・パンプキンズのギタリストだった、ジェームス・イハが放つ
実に14年ぶりの2ndソロ・アルバム 『Look To The Sky』 が第6位。
優しく穏やかで繊細な歌声を、温かいアコースティック・サウンドに乗せた
音は「3.11」以降の、私たち日本人に勇気と希望を与えてくれるかのよう。


という事で10位から6位までを発表させていただきましたが、なかなか
先に進まず、第1位まではとても一気に発表出来そうにありませんので、
今日はとりあえず、ここまでとして次回、5位から1位の発表を、させて
いただきます。(決して、二日酔いとかじゃないんだよ・・・)


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ALBUMS OF THE YEAR 2012 ③

OASI-Zが選ぶ 「ALBUMS OF THE YEAR 2012」 の3日目は
20位から11位までの発表です。

20位 Attack On Memory/Cloud Nothings
AttaCk on Memory

スティーヴ・アルビニをプロデューサーに迎えた、クラウド・ナッシング
渾身の2ndアルバム 『Attack On Memory』 が20位にランクイン。
中でも8分を超える大作、「Wasted Days」 の音の緊張感が圧倒的。

19位 Lonerism/Tame Impala
Lonerism.jpg

オーストラリア出身、2ndが日本デビュー・アルバムのテーム・インパラ
『Lonerism』 が19位。「21世紀のトッド・ラングレン」と、呼び声も高い
ケヴィン・パーカー(Vo/G)のクラシック・ロックと、現代ロックの融合を
実現させた、コンテンポラリー・ロックの未来形的アルバム。


Be Above It/Tame Impala


18位 Port Of Morrow/The Shins
Port of Morrow

フォーク、カントリー、ローファイといった音楽をベースに、60年~70年代
の古き良きアメリカの佇まいを感じさせる、タイムレスなグッド・メロディを
奏でる、ザ・シンズ5年ぶり4枚目の 『Port Of Morrow』 が18位。

17位 Out Of The Game/Rufus Wainwright
Out Of The Game

プロデューサーにマーク・ロンソンを起用し、今まで以上に明るく、力強く
ソウルフルになった、ルーファス・ウェインライトの約2年ぶり7枚目の
アルバム 『Out Of The Game』 が17位に。

16位 Shields/Grizzly Bear
Shields.jpg

評価の高かった前作 『Veckatimest』 は、フリート・フォクシーズ
二番煎じ的な音の印象を、個人的には拭えなかったグリズリー・ベア
でしたが、この 『Shields』 ではソング・ライティングが、飛躍的に向上
した事で大化け。ブルックリン派を代表するバンドに。堂々の16位。


Yet Again/Grizzly Bear

15位 Sunken Condos/Donald Fagen
Sunken Condos

練り込まれたメロディと高いクオリティ。巷に溢れるAORとは一線を画す
ドナルド・フェイゲン『The Nightfly』 以来30年ぶりの快作と言える
『Sunken Condos』 が15位に。

14位 The Bomb Shelter Sessions/Vintage Trouble
The Bomb Shelter Sessions

60年代風のR&Bやソウル・ナンバーに、エネルギーを爆発させた黒人
ヴォーカルとハード・エッジなギターによって、ロックとブルースが融合
したヴィンテージ・トラブル『The Bomb Shelter Sessions』
が14位。次作では「Blues Hand Me Down」路線の曲を更に期待。


Blues Hand Me Down/Vintage Trouble


13位 Former Lives/Benjamin Gibbard
Former Lives

ディス・キャブ・フォー・キューティーのフロント・マン、ベンジャミン・
ギバート
の初ソロ・アルバム、 『Former Lives』 が13位。日本人
好みのメロディと、ポップ感覚に溢れた作品。

12位 Charmer/Aimee Mann
Charmer.jpg

暗い題材を70年代のブロンディカーズのサウンドを意識して、明るい
ポップな曲調に仕上げた、エイミー・マン『Charmer』 が12位に。
とにかく透明感と、温かみのある声が素晴らしい。本当に声美人。

11位 El Camino/Black Keys
El Camino

そして11位は、ギターとドラムの2ピース・バンド、ザ・ブラック・キーズ
『El Camino』 がランクイン。爆音系骨太ロックン・ロールから迸る
爆裂グルーヴが圧巻。そして、このオッサンのダンスは、EXILE級(爆)。




次回はいよいよ、10位~1位の発表です。お楽しみに!


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ALBUMS OF THE YEAR 2012 ②

OASI-Zが選ぶ 「ALBUMS OF THE YEAR 2012」 の2日目は
30位から21位までの発表です。


30位 America Give Up/Howler
America Give Up

ROUGH TRADEのポスト・パンク大先輩バンド、スウェル・マップス
彷彿させるローファイなサウンドと、グランジに負けないヴォーカルの
シャウトが特筆モノの、ハウラーのデビュー・アルバムが30位。

29位 Sonik Kicks/Paul Weller
Sonik Kicks

80年代エレポップを大胆に導入した実験的なサウンドで、年齢を全く
感じさせないポール・ウェラーの意欲作 『Sonik Kicks』 が29位。

28位 Wrecking Ball/Bruce Springsteen
Wrecking Ball

2007年の 『Magic』 、2009年の 『Working On A Dream』 と60歳
過ぎて一層パワーUPした、ここ数年のボス充実振りを証明する作品
が28位。オバマ大統領の再選にも貢献。

27位 Oceania/Smashing Pumpkins
Oceania.jpg

「この作品は『メロンコリーそして終わりのない悲しみ』以来の完成度だ」
とビリー・コーガンが言い放った自信作。スマッシング・パンプキンズ
『Oceania~海洋の彼方』 が27位。壮大なセンチメンタリズムは健在。

26位 Sounds From Nowheresville/The Ting Tings
Sounds from Nowheresville

ケイティ嬢のヴォーカリストとしての成長が窺える、魅力的な楽曲が並ぶ
ザ・ティン・ティンズ『Sounds From Nowheresville』 が26位。

25位 Tempest/Bob Dylan
Tempest.jpg

キャリア50年で35作目、ボブ・ディラン『Tempest』 が25位。海外
メディアの年間アルバム・ランキングでも、軒並み上位にランクインして
いるのが凄い!。

24位 The 2nd Law/Muse
The 2nd Law

ミューズの3年ぶり6枚目の作品 『The 2nd Law』 が24位に。前作
2009年の「ALBUMS OF THE YEAR」で、6位にランクインしていたん
ですけどね・・・。このバンド、段々遠くへ行ってしまうなぁ~。

23位 Beacon/Two Door Cinema Club
Beacon.jpg

あのオバマ大統領もイチオシ(笑)の、トゥー・ドア・シネマ・クラブ
2ndが堂々の23位。この完璧なポップネスとグルーヴはクセになる?
ジャケットのアート・ワークが、これまた秀逸(笑)。


Sleep Alone/Two Door Cinema Club

22位 Mature Themes/Ariel Pink's Haunted Graffiti
Mature Themes

アリエル・ピンクス・ホーンテッド・グラフティ『Mature Themes』
が22位に。80年代の屈折・個性派バンド、フラッシュ&ザ・パンを少し
想起させるチープなアナログ・シンセと、ビート・ポップが気持ち良い。



Kinski Assassin/Ariel Pink's Haunted Graffiti


21位 Coexist/The xx
Coexist.jpg

そして21位は、3年ぶりとなるザ・エックス・エックスの2nd『Coexist』
がランクイン。相変わらずのミニマル・サウンドに、前作より更に音数を
減らした、極上ヴォーカルが至福へと誘います。シャーディーヤング・
マーブル・ジャイアンツ
の世界観。


2012BEST30-21.jpg

次回は、20位~11位の発表です。お楽しみに!


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

ALBUMS OF THE YEAR 2012 ①

2013元旦

皆さん、あけましておめでとうございます。

2013年幕開けの朝、目を覚ましたら いきなりこれですよ(涙)。
元旦の朝に、大雪というのはあまり記憶に無いんですけどね~。
TVで「富士山がくっきり見える」東京地方の天気を見ていると
「これが新幹線で2時間で行ける、同じ日本の天気か?」
思ってしまいます(滝汗)。

そんな除雪から始まった2013年、多少テンションも下がり気味↓
ですが、恒例になりました 「Albums of The Year 2012」
発表で、しばれた身体を温めたいと思います(笑)。


先ず今日は40位~31位の発表です。

40位 Cheeky For A Reason/The View
40位 Battle Born/The Killers
39位 Lex Hives/The Hives 
38位 Four/Bloc Party 
37位 Go/Motion City Soundtrack 
36位 I Bet On Sky/Dinosaur Jr 
35位 Bliss Release/Cloud Control 
34位 New Brigade/Iceage 
33位 Come Of Age/The Vaccines 
32位 Strangeland/Keane
31位 Centipede Hz/Animal Collective


【31位~40位総括】

40位ザ・ビューと、ザ・キラーズの2つのバンドがランクイン。
ただ2つのバンドとも、もう少し上位に居なきゃならないバンドなん
ですけどね~。決して期待しすぎではないと思うのですが・・・。

35位34位にはNew Discでも取り上げた、期待の新人バンド
クラウド・コントロールアイスエイジがランクイン。

33位ザ・バクシーンズ32位キーン31位アニマル・
コレクティヴ
も、もう少し上の順位を狙える内容の作品でしたが
上位に強力なアルバムが目白押しの中で、惜しくもこの順位に。

という事で、40位~31位の結果は中堅バンドの中に新人バンド
が上手く入り込んだ、実にバランスが取れた順位になりました。
個人的にはハイヴスと、ブロック・パーティが久しぶりに作品を
発表してくれたのが、嬉しかったですね~。

2012BEST40-31.jpg

次回は、30位~21位の発表です。お楽しみに!


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。