FC2ブログ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

Albums Of The Year 1978

1978年(昭和53年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私はこの年、高校2年生。実は前回(1977年)の時にも書きましたが野球部
の部活で毎日、夜遅くまで練習したり、休日も練習試合があったりして、音楽
を聴く時間が激減した一年でした。

尤も、当時もなおしつこくプログレを信奉していたので、プログレとは真逆の
単純明快、短い事は良い事だ!のパンク・ロックに付いていけずに、ロック
への興味が少しずつ薄れて行った事も、大きな理由の一つです。

そんな中、世間的には映画「サタデー・ナイト・フィーバー」
の大ヒットで、デスコ・ブームが吹き荒れた年でした。
(OASI-Zは高校生なので、もちろんデスコとは無縁)

そして、あの「メロディ・フェア」「マサチューセッツ」ビージーズが、これ
により180度方向転換して、大復活を遂げた事も涙を誘いましたね・・・。

という事で、パンク嫌いでロック離れをしていた1978年、その後に この年の
作品を改めて聴いてパンク、ニューウェーヴに「どっぷり」のめり込んだ(苦笑)
OASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」は一体、どんな順位になったのか?
先ずは、20位から11位までの発表です。

20位 憂国の四士/U.K.(U.K./U.K.)
19位 苦悩の旋律/ジャパン
(Obscure Alternatives/Japan)
18位 アウトランドス・ダムール/ザ・ポリス
(Outlandos d'Amour/The Police)
17位 ベールをぬいだ花嫁/ブライアン・フェリー
(The Bride Stripped Bare/Bryan Ferry)
16位 イースター/パティ・スミス・グループ
(Easter/Patti Smith Group)
15位 Go 2/XTC(Go 2/XTC)
14位 オール・モッズ・コンズ/ザ・ジャム
(All Mod Cons/The Jam)
13位 モア・ソングス/トーキング・ヘッズ
(More Songs About Buildings and Food/Talking Heads)
12位 アドヴェンチャー/テレヴィジョン
(Adventure/Television)
11位 チープ・トリックat武道館/チープ・トリック
(Cheap Trick at Budokan/Cheap Trick)

20位は、元キング・クリムゾンのジョン・ウェットンビル・ブラッフォード
元ロキシー・ミュージックのエディ・ジョブソンという、錚々たるメンツに当時
のプログレ・ファンは誰しもが涙。「プログレ最後の砦」と期待されたU.K.

18位は、幾分パンクっぽい部分も見受けられるポリスの1st。数々のバンド
を経験し、他のメンバーより10歳近く年上のベテラン、アンディ・サマーズ
の加入で他のパンク・バンドとは違う完成度を誇る。

17位は、ロキシー・ミュージック活動中止中に発表のブライアン・フェリー
のソロ・アルバム。翌年再開される新生ロキシーの、香りを少し漂わす作品。

16位はニューヨーク・パンクの女王、パティ・スミスの4作目がランク・イン。
ブルース・スリングスティーンとの共作、「Because The Night」が大ヒット。
腋毛のアルバム・ジャケットが、高校生のOASI-Zには超刺激的(笑)。

15位XTCの2作目がランク・イン。このアルバムを最後に脱退するバリー・
アンドリュース
の浮遊感溢れるキーボード・プレイが炸裂。

14位は、UKパンクを代表するザ・ジャムの3作目が。日本ではピストルズ
クラッシュより地味な印象でも、イギリスでは圧倒的なダントツ人気。初期
ジャムのスタイルが、頂点に達した作品。

12位は、前作よりもポップ度を増したテレヴィジョンの2ndアルバム。中でも
「Careful」は、マイ・フェイヴァリット・ソング。

そして11位は、「ブドーカン」の名を世界に知らしめた、チープ・トリック
武道館ライヴがランク・イン。熱狂的な日本女性の黄色い歓声が、アルバム
を全米1位に押し上げたと言っても過言ではない、このバンドの大出世作。

ではこの中から、17位ブライアン・フェリー「キャント・レット・ゴー」
11位チープ・トリック「サレンダー」、2曲続けてどうぞ!


Can't Let Go/Bryan Ferry


Surrender/Cheap Trick


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Albums Of The Year 1977

1977年(昭和52年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私はこの年から高校生になり、「勉強を一生懸命頑張る学生」を目指していた
ものの、1年生の最初の中間テストの順位に愕然とし、勉強はほどほどにして
部活で頑張る事にしました(爆)。

部活は、中学時代からやっていた野球部に所属。一応、形の上では甲子園
目指していたのですが、部員の数もままならない野球部では「夢のまた夢」

一応、シーズン中は髪の毛は「五分刈り」にしていたのですが、オフシーズン
は自由に髪の毛も伸ばせるという、今話題の「体罰」とは無縁のゆるい部活
でした。

そんなゆるさも有って、1年生の3月末~4月最初に実施される「修学旅行」
では、調子に乗って「パーマをかける」という青春ドラマさながらの、暴挙を
敢行。

しかし、青春ドラマのストーリーと同様に、野球部の顧問の先生に注意を受け
目論見は見事に失敗。
結局、シーズン中よりも更に短い「五厘刈り」で修学旅行に行く羽目になった
のです。(←お前は峯岸みなみか!?)

あの修学旅行の写真を見る度に、胸がキュンと痛むOASI-Zなのでした・・・。


という事で、1977年のOASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」、先ずは
20位から11位までの発表です。


20位 噂/フリートウッド・マック
(Rumours/Fleetwood Mac)
19位 雨のシルエット/キャメル
(Rain Dances/Camel)
18位 愛ゆえに/10CC
(Deceptive Bends/10cc)
17位 悪夢の惑星/ユートピア
(Oops! Wrong Planet/Utopia)
16位 果てしなき反抗/ジャパン
(Adolescent Sex/Japan)
15位 チープ・トリック/チープ・トリック
(Cheap Trick/Cheap Trick)
14位 ヨーロッパ特急/クラフトワーク
(Trans-Europe Express/Kraftwerk)
13位 ドンファンのじゃじゃ馬娘/ジョニ・ミッチェル
(Don Juans Reckless Daughter/Joni Mitchell)
12位 ドロー・ザ・ライン/エアロスミス
(Draw the Line/Aerosmith)
11位 究極/イエス
(Going for the One/Yes)


20位は、31週に亘って全米アルバム・チャート1位を記録したフリートウッド・
マック
最大のヒット・アルバム。メンバー・チェンジを繰り返し実を結んだ傑作。
ここに来て、DXエディションが最新の全英チャートのベスト3に入る健闘!。

19位は元キャラヴァンのベーシスト、リチャード・シンクレアが加入し弱点
だったヴォーカリストの加入で、サウンドの幅が広がったキャメルの5作目。

18位は、グールドマン&スチュアート二人体制の5cc(笑)になり、すっかり
毒が抜けて良質なバンドに変身した10cc「愛ゆえに」「恋人たちのこと」
ストレートなポップ・ソングと純度100%の「美メロ」で、少しずつ遠い存在に。

17位トッド・ラングレン率いる、ユートピアの4作目がランク・イン。ハード・
プログレ
と言われた過去の作品に比べて、トッド・カラーが強まりポップ寄りに
なったアルバム。超名曲「愛こそ証:Love Is The Answer」収録。

16位は本国イギリスでは、アルバム・ジャケットの酷さからか全く不発。しかし
日本ではデヴィッド・シルヴィアンのヴィジュアルの美しさと、バンド名?で
大爆発したジャパンの、ハードでファンキーな1stアルバム。

15位はイケメン二人と、オヤジ系二人のコントラストも注目を集め、ジャパン
同様に日本で火が付いたチープ・トリックのデビュー・アルバム。コミカルな
風貌のリック・ニールセンのギターが活躍する、「ホット・ラヴ」は痛快。

14位は当初、プログレッシヴ・ロックにカテゴライズされていたドイツのバンド、
クラフトワークがランク・イン。そのエレクトリックなサウンドは、後にテクノ・
ポップ
と呼ばれ、日本でも大人気に。

13位は前作同様、非常に完成度の高い洗練されたジョニ・ミッチェルの9作
目がランク・イン。ベースのジャコ・パストリアスの参加でジャジーでファンキー
な作品に。アナログ盤時代は2枚組、しかしCDは1枚にまとめられ聴き易さUP。

12位は、前作に続きエアロスミス黄金期の作品。このアルバムをレコード屋
のレジ脇にあった試聴用のプレーヤーで、ヴォリューム高めのヘッドフォンで
聴いたタイトル・ナンバーの破壊力にぶっ飛んだ事は、未だに忘れられない。

そして11位は、プログレ・バンドとしてのイエス、最後の作品がランク・イン。
リック・ウェイクマンが復帰し、超ポップになった1曲目のタイトル曲に驚き。
ロジャー・ディーンから、ヒプノシスに替わったジャケットも近未来ポップ。


それでは、16位ジャパン「果てしなき反抗」を、お聴き下さい。


Adolescent Sex/Japan


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Albums Of The Year 1976

1976年(昭和51年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

この頃の洋楽シーンにおける一大事件と言えば、何と言ってもタータン・
チェックのアイドル、べイ・シティ・ローラーズでしょう。

当時中学生だった私のクラスの女子生徒も、普段は洋楽なんて興味ない
くせに、ベイ・シティ・ローラーズだけは別格で、休み時間に雑誌の切り
抜きとかを見せ合いながら「ワー!キャー!」盛り上がっておりましたね~。
今人気のジャスティン・ビーバーとか、ワン・ダイレクションよりも凄かったん
とちゃう?(←なぜか関西弁)

で、私はと言えば、それまで愛読していた音楽雑誌「ミュージック・ライフ」
のアイドル志向への方向転換に付いていけず、「音楽専科」に切り替えた
時でした。

「音楽専科」は比較的プログレ・バンドも取り上げ、私の嗜好にあっていた
事や、当時若手音楽評論家御三家?と言われていた渋谷陽一大貫
憲章
伊藤政則といった方達や、佐藤斗志夫たかみひろしといった
プログレ評論家が執筆している事が、購読の決め手になりました(笑)。

あの当時の、ロック雑誌に於けるアルバム・レビューのウェイトは、自由に
試聴が出来る現在とは比べ物にならない位、大きいものが有りましたから、
純粋に評価の内容を信じて購入。そして、後悔した事も数知れず・・・。

そんな甘酸っぱい、青春のほろ苦さを思い出しながら1976年のOASI-Z
が選ぶ「アルバム・ベスト20」、先ずは20位から11位までの発表です。

20位 ワイヤード/ジェフ・ベック(Wired/Jeff Beck)
19位 スピード・オブ・サウンド/ウイングス
(Wings at the Speed of Sound/Wings)
18位 ラン・ウィズ・ザ・パック/バッド・カンパニー
(Run with the Pack/Bad Company)
17位 トリック・オブ・ザ・テイル/ジェネシス
(A Trick Of The Tail/Genesis)
16位 フランプトン・カムズ・アライヴ!/ピーター・フランプトン
(Franpton Comes Alive!/Peter Franpton)
15位 ブラック・アンド・ブルー/ザ・ローリング・ストーンズ
(Black And Blue/The Rolling Stones)
14位 地獄の軍団/キッス(Destroyer/Kiss)
13位 虹を翔る覇者/レインボウ(Rising/Rainbow)
12位 華麗なるレース/クイーン
(A Day At The Races/Queen)
11位 ホテル・カリフォルニア/イーグルス
(Hotel California/Eagles)

20位は、ロック寄りになったクロスオーヴァー・サウンドで、ファンの間でも
「最高傑作」の呼び声高い、ジェフ・ベックのギター・インスト・アルバム。

19位は、「心のラヴ・ソング」「幸せのノック」を収録した、ウイングス
の大ヒット・アルバム。全米で7週間、第一位。年間チャート第三位。

17位ピーター・ガブリエルが脱退して、ドラマーのフィル・コリンズ
ヴォーカルをとったジェネシスの作品。声が似ていて違和感なし(笑)。

16位は、全米で1976年の年間第一位を記録したピーター・フランプトン
のライブ・アルバムがランク・イン。「Show Me The Way」収録。

15位ロン・ウッド加入後、最初のストーンズの作品。ファンク、レゲエ、
ジャズと コンテンポラリーなサウンドで全米1位に。「愚か者の涙」収録。

14位キッスの4作目。Roxy Music「Love is The Drug」を想起させ
るイントロの「Detroit Rock City」の疾走感と、「Beth」の対比が絶妙。

13位リッチー・ブラックモアロニー・ジェイムス・ディオコージー・
パウエル
という最強の三人による、レインボウのハード・ロック・アルバム。

12位は、アルバム・ジャケットが前作『オペラ座の夜』と対を成し、メンバー
全員がヴォーカルをとったクイーンの5作目。「Teo Torriatte」収録。

そして11位は、アメリカン・ロックの象徴とも言えるイーグルスの5作目。
タイトル・チューンの圧巻のギター・リフレインを聴く度に、夢のカリフォル
ニアの終焉
だけでなく、バンドも解散に追い込まれた凄まじさを感じます。


それでは13位レインボウで、「スター・ゲイザー」をお聴き下さい。


Stargazer/Rainbow


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Albums Of The Year 1975

1975年(昭和50年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

中学時代のOASI-Z、冬はスキー部に所属していたと1974年の時にも
書きましたが、スキー競技というと皆さんは「滑降・回転・大回転」の所謂
アルペン種目を、思い浮かべるかもしれません。

しかし、私の競技はノルディック種目距離競技なのです。晴れている
日は未だ良いのですが、吹雪の中の競技は切ないものが有りました・・・。
モミアゲから流れた汗や鼻水が、冷えて「つらら」になるなんて経験、
皆さんには無いでしょうね~(苦笑)。

そんな辛いスキー部の思い出は、全道大会(北海道大会)に札幌代表と
して出場し、50位になった事かな(爆)。


という事で、1975年のOASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」、先ずは
20位から11位までの発表です。

20位 リサイクルド/ネクター
(Recycled/Nektar)
19位 フリー・ハンド/ジェントル・ジャイアント
(Free Hand/Gentle Giant)
18位 ゴッドブラフ/ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレイター
(Godbluff/Van Der Graaf Generator)
17位 ロッキン・コンチェルト/キャラヴァン
(Cunning Stunts/Caravan)
16位 メンタル・ノーツ/スプリット・エンズ
(Mental Notes/Split Enz)
15位 ヴィーナス・アンド・マース/ウイングス
(Venus and Mars/Wings)
14位 緑世界/イーノ
(Another Green World/Eno)
13位 ヤング・アメリカン/デヴィッド・ボウイ
(Young Americans/David Bowie)
12位 呪われた夜/イーグルス
(One Of These Nights/Eagles)
11位 甘美のハード・ロッカー/ミスター・ビッグ
(Sweet Silence/Mr.Big)

20位から17位までは、プログレ勢が占拠。個人的には、この年辺りが一番
プログレを聴いていた時だと思います。

20位ネクターは、美味しいジュースのようなバンド名とは裏腹に、ドラマ
チックなシンフォニック・プログレを聴かせてくれる、今作が日本初登場。

19位は英国技巧派集団、ジェントル・ジャイアントの7作目。中世音楽の
ような独自の音楽性の為、聴き手を選ぶバンドがポップに振れて大成功。

18位VDGG再結成後の作品。ピーター・ハミルの狂気のヴォーカル
は今聴いても、鳥肌モノ。

17位キャラヴァンの個人的最高傑作。ポップな世界観と18分を超える
「The Dubsong Conshirtoe」の奥の深さ。ヒプノシスのジャケも秀逸。

16位はニュージーランドが生んだ大道芸人集団(笑)、スプリット・エンズ
の奇天烈な屈折パワー全開のサウンド。この1stはロキシー・ミュージック
のギタリスト、フィル・マンザネラがプロデュースした事でも話題に。

15位ウイングスは、ポールのソングライティングも充実し絶頂期。勿論、
全米・全英共に1位を記録。大ヒット曲「あの娘におせっかい」収録。

14位イーノは、それまでのソロ・アルバムに比べて、インスト・パートを
増やしてラジカルで実験的な作品に。ジャケットのアートワークが超ポップ!

13位デヴィッド・ボウイが、本格的にアメリカ進出を意識し結果的にも
大成功を収めたソウルフルな作品。ジョン・レノンも参加。

12位イーグルス、4作目にして初の全米1位に輝いた作品。カントリー
からロックに移行し大成功。個人的にイーグルスでは、これが一番好き。

そして11位は、ツイン・ドラムという変則的なメンバー構成で、デビュー時は
「クイーンを彷彿させるハード・ロック」という高い評価を受けたMr.ビッグ
(因みに90年代に活躍したMr.ビッグとは、全くの別バンド)

それでは、この中から17位キャラヴァン「Stuck in a Hole」と、当時
中華風ハード・ロックとして話題を集めた11位Mr.ビッグ「Zambia」
2曲続けてどうぞ。


Stuck in a Hole/Caravan



Zambia/Mr. Big


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・


続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Albums Of The Year 1974

1974年(昭和49年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私はこの年、中学1年生。夏は野球部、冬はスキー部に所属し北海道の
大地で青春を謳歌しておりました。

そしてロックの方も、部活動の傍ら ラジオとロック雑誌から情報を得て
積極的に聴いておりました。中でも、このブログにも何回か登場している
中学の英語のミウラ先生との出会いは、とても大きなものでした。

ミウラ先生の家には膨大なレコードが有り、度々遊びに行っては高級な
音響設備でレコードを聴かせていただいたり、カセット・テープに録音を
してもらったり、逆にミウラ先生が所有していない、新しいアーティストの
レコードを持って行くなど、先生との交流を深める中で、ロックの知識を
蓄積して行く事が出来たのは、本当に幸運だったと思います。

ここで紹介させていただいた、ピンク・フロイド『おせっかい』 の中
「エコーズ」 を聴かせていただいた時の 「脱力感」「満足感」 は、
一生忘れる事は無いでしょう。

という事で、1974年のOASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」、先ずは
20位から11位までの発表です。

20位 ライヴ/ロッド・スチュワート&フェイセズ
(Coast to Coast: Live/Faces)
19位 イッツ・オンリー・ロックン・ロール/ザ・ローリングストーンズ
(It's Only Rock'n'Roll/The Rolling Stones)
18位 恋の自己顕示/スパークス
(Propaganda/Sparks)
17位 ハンバーガー・コンチェルト/フォーカス
(Hamburger Concerto/Focus)
16位 眩惑のブロードウェイ/ジェネシス
(The Lamb Lies Down on Broadway/Genesis)
15位 461オーシャン・ブールバード/エリック・クラプトン
(461 Ocean Boulevard/Eric Clapton)
14位 ロックンロール黄金時代/モット・ザ・フープル
(The Hoople/Mott The Hoople)
13位 未来から来たトッド/トッド・ラングレン
(Todd/Todd Rundgren)
12位 永遠の不安/ウィッシュボーン・アッシュ
(There's The Rub/Wishbone Ash)
11位 バッド・カンパニー/バッド・カンパニー
(Bad Company/Bad Company)

20位~11位の順位を見ると、ロックン・ロール・バンドが大挙ランク・イン。
20位は、フェイセズの魅力をたっぷり楽しめるライヴ。因みにこの時の
ベースは日本人の山内テツ19位ストーンズは、ミック・テイラー
在籍時最後の作品。14位は、マイ・フェイヴァリットの「土曜日の誘惑」
を収めたモット・ザ・フープルが。そしてポール・ロジャースが率いる
スーパー・バンド、バッド・カンパニーのデビュー・アルバムが11位に。

17位~16位は、プログレ勢がランク・イン。マイ・フェイヴァリット・ナンバー
「ハーレム・スカーレム」を収めた、フォーカス17位。カリスマ的な
ステージ・パフォーマンスで人気の、ピーター・ガブリエル在籍のラスト・
アルバムとなった2枚組のジェネシス16位

ボブ・マーリィのカバー曲、「アイ・ショット・ザ・シェリフ」が大ヒットの
エリック・クラプトン15位、メンバー・チェンジ後、アメリカ志向が強く
なったウィッシュボーン・アッシュ12位

そして、変態兄弟による屈折ポップのスパークス18位、屈折ポップ
の中に「Dream Goes on Forever」「The Last Ride」という2曲
の名曲を収録したトッド・ラングレン13位

それでは、14位モット・ザ・フープル「土曜日の誘惑」13位
トッド・ラングレン「ザ・ラスト・ライド」、2曲続けてどうぞ。


Roll Away The Stone/Mott The Hoople


The Last Ride/Todd Rundgren


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース