カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1981 後編

大変長らくお待たせいたしまた(えっ!誰も待ってないって?)
「Albums Of The Year 1981」の後編です(汗)。

10位 弱い者いじめ/スパークス
(Whomp That Sucker/Sparks)
Whomp_That_Sucker_-_Sparks[1]

10位は、過去2作が日本では発売されずに虐げられていたスパークスの、3年半ぶり
に日本発売された待望のアルバム。ジョルジョ・モロダー直系のディスコ・ビートは
『No.1 In Heaven』 の頃に比べると幾分控えめで、その分ポップ度が増しました。
ジャケ写のロン(兄)がラッセル(弟)をKOして、両手を挙げているのが痛快(笑)。


Funny Face/Sparks


9位 ゴースト・イン・ザ・マシーン/ザ・ポリス
(Ghost in the Machine/The Police)
Ghost In The Machine

9位は、ザ・ポリスの4枚目の作品。ポリスが本格的に全米進出し、セールス的な
成功を収めた最初のアルバムで、次作 『Synchronicity』 への序章となった作品。
全英1位、全米3位に輝いた「Every Little Thing She Does Is Magic」収録。

8位 ビューティ&ザ・ビート/ゴーゴーズ
(Beauty & The Beat/Go-Go's)
Beauty The Beat

8位は、GO-GO'Sのデビュー・アルバムがランク・イン。全米で6週にわたり1位
を記録した大ヒット作品。因みに女性だけのロック・グループとしては、史上初の
全米1位を記録。私もこの健康的なアイドル・ポップが堪らなく好きでしたぁ
でも、ジャケットのバック・カラーがアナログ盤の時は「青」だったんですが・・・。

7位 ペンギン・カフェ・オーケストラ/ペンギン・カフェ・オーケストラ
(Penguin Cafe Orchestra/Penguin Cafe Orchestra)
21JPjXKmqtL._SL500_AA192_[1]

7位は、ペンギン・カフェ・オーケストラの心が洗われる2ndアルバムが。ポップで
爽やかなメロディと、ヴァイオリン、ビオラ、チェロなどのアコースティックな楽器、
そして効果音などを取り入れながら、民族音楽の要素も持った不思議でとても優しい
音楽を奏でてくれた作品。休日のモーニング・コーヒーが、似合うアルバム。


Air á Danser/Penguin Cafe Orchestra


6位 イースト・サイド・ストーリー/スクイーズ
(East Side Story/Squeeze)
Eastside Story

6位は、エルヴィス・コステロデイヴ・エドモンズが、プロデュースを手掛けた
スクイーズの4作目。良質な“ひねくれポップ&ロックンロール・アルバム”を世に
送り込んだ彼らの「最高傑作」との誉れ高いアルバム。名曲「Tempted」収録。


第5位からは続きを読むへ・・・

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Albums Of The Year 1981 前編

1981年(昭和56年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私は大学2年生になり、1年の時にマジメに学校に行って結構、単位を取ったおかげで
勉強の方も楽になった事で、仙台駅前にあった「寿○」という老舗の喫茶店で、「黒い
ベストに黒い蝶ネクタイ」という装いで、夕方の5時半からバイトを始めました。

かなり広い喫茶店でメニューの数も多く覚えるのも一苦労でしたが、お店の皆さんが
いい人ばかりで、とても楽しく仕事をさせていただきました。
生まれて初めて本格的にお金を稼ぐ事を学び、大変社会勉強になった1年でしたね~。

そして、その稼いだお金は全てオーディオとレコードの購入に充てられたのでした...。

そんな事で、充実した「ミュージック・ライフ」を送る事ができた、1981年の
OASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」企画。久しぶりになりますが、一体どんな
順位になったのか? 先ずは、20位から11位までの発表です。

20位 ブッシュ・オブ・ゴースツ/ブライアン・イーノ&デヴィッド・バーン
(My Life in the Bush of Ghosts/ Brian Eno & David Bryne )
19位 イマジナリー・フール/ボブ・ウェルチ(Bob Welch/Bob Welch)
18位 ワーク・ソングス/メン・アット・ワーク(Business As Usual/Men At Work)
17位 プライベート・アイズ/ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(Private Eyes/Hall & Oates)
16位 天空の女神/アース・ウィンド&ファイアー(Raise!/Earth, Wind & Fire)
15位 アイリッシュ・オクトーバー/U2 (October/U2)
14位 安息の館/O.M.D.(オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク)
(Architecture & Morality/Orchestral Manouvres in The Dark)
13位 夢時間/トム・ヴァーレイン(Dreamtime/Tom Verlaine)
12位 ノン・ストップ・エロティック・キャバレー/ソフト・セル
(Non-Stop Erotic Cabaret/Soft Cell)
11位 フラワーズ・オブ・ロマンス/パブリック・イメージ・リミテッド
(Flowers of Romance/Public Image Ltd.)

20位は、前年のトーキング・ヘッズのアルバム 『リメイン・イン・ライト』 よりも早く
完成しいていた、ブライアン・イーノデヴィッド・バーンによるサンプリングを用いた
エスニック・ファンクな作品。

19位は、RCA移籍第一弾となったボブ・ウェルチの5作目。洒脱なセンスは相変わら
ずも、以前に比べてポップな肌触りが強まった作品。

18位は、オーストラリアの5人組バンド、メン・アット・ワークのデビュー・アルバム。
チープなサックスが効いてる「ノックは夜中に」、哀愁帯びたフルートが心地よい
「ダウン・アンダー」の2曲の全米NO.1ヒットを収録。

17位は、全米チャートで初のTOP10入りを果たす5位を記録した、ホール&オーツ
出世作となったアルバム。「Private Eyes」「I Can't Go for That」の2曲の全米NO.1
ヒットを収録。

16位は、70年代の作品よりディスコティックで、一層キャッチーにパワー・アップした
アース,ウインド&ファイアー。ただ、個人的には 『暗黒への挑戦』 の頃のファンク色が
強い時代が懐かしく思います。長岡秀星が手掛けたジャケット・デザインも話題に。

15位は、U2の大ブレイク前夜となる2ndアルバムがランク・イン。当時、新進気鋭の
プロデューサー “スティーヴ・リリーホワイト”がU2の冷気を帯びた、緊張感のある
サウンドの良い所を、上手く引き出しておりました。

14位は、前作 『エノラ・ゲイの悲劇』 でブレイクを果たした、O.M.D.の3rdアルバム。
前作のキャッチーなエレ・ポップに、この作品では静寂な佇まいを加えてサウンドの幅を
広げる事に成功しました。

13位は、トム・ヴァーレインのソロ2作目となるこのアルバム。テレヴィション時代
のギターを前面に出したパンキッシュなサウンドに、ポップと叙情性を注入した作品。

12位は、80年代エレ・ポップ史に燦然と輝くソフト・セルのデビュー・アルバム。
夜の世界に彷徨う、妖しい音の美学を追求したようなサウンドは、マーク・アーモンド
のルックスの良さも手伝って話題に。全英1位の大ヒット「汚れなき愛」収録。

そして11位は、パブリック・イメージ・リミッテッドの3rdアルバムが、ランクイン。
前作では12インチ3枚組レコードを、メタル缶に入れて度肝を抜いたジョン・ライドン
飽くなきイノベーションは、ロックをやめて「太鼓の達人」を生み出してしまいました(爆)。

それではこの中から12位ソフト・セル「汚れなき愛:Tainted Love」11位PIL
「フラワーズ・オブ・ロマンス」、2曲続けてどうぞ!。


Tainted Love/Soft Cell
時代を感じさせる劣化した映像ですな~


Flowers Of Romance/PIL
アヴァンギャルドだけど、結構ポップなんですよね~

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Albums Of The Year 1980 後編

さぁ、少し時間が空いてしまいましたが「Albums Of The Year 1980 後編」
お送りします。

10位 孤独な影/ジャパン
(Gentlemen Take Polaroids/Japan)
Gentlemen Take Polaroids

10位は欧州耽美派ロックに、前作を踏襲するモダンなダンス・ミュージックを取り
入れたジャパンの4作目で、ヴァージン移籍後初の作品。デヴィッド・ボウイ
ベルリン時代の世界観に、ロキシー・ミュージックのダンサブルなディスコ・ビート
と、トーキング・ヘッズのアフリカン・ビートと、坂本龍一の深遠な叙情性を合体
させたような傑作。

9位 サンディニスタ!/ザ・クラッシュ
(Sandinista!/The Clash)
sandinista!.jpg

9位は、レゲエ、ダブ、ロカビリー、ディスコ、ゴスペル、ラップ等を試み、成功
した前作の路線を更に実験的なアプローチで推し進めた、クラッシュの意欲作。
アナログ3枚組でありながらコンセプト・アルバムでも無かった為、当時聴くのが
結構キツくてどうしても一気に聴けない分、散漫な印象が否めなかった作品だった
のですが、2枚組で発表されたCDはスッキリして、聴き易さがアップ。

8位 スケアリー・モンスターズ/デヴィッド・ボウイ
(Scary Monsters/David Bowie)
Scary Monsters

8位は、デヴィッド・ボウイ自身の70年代を総括する作品。1曲目にいきなり
「シルエットや影が革命を見ているぅ~」と、日本語のナレーションが登場した
時はオドロキましたねぇ。この声の主は、ここでも書きましたがミッチ広田さん。
パーソネルには ロバート・フリップロイ・ビタントニー・ヴィスコンティ
ピート・タウンゼント、等が名を連ね、物足りなかった前作の鬱憤を晴らす渾身
の作品。全英1位に輝いた「アッシェズ・トゥ・アッシェズ」のビデオ・クリップ
の映像の素晴らしさは特筆もの。


Ashes To Ashes/David Bowie


7位 フレッシュ・アンド・ブラッド/ロキシー・ミュージック
(Flesh & Blood/Roxy Music)
Roxy Music

7位は、ロキシー・ミュージックの7作目。ダンサブルな、エレクトロ・ディスコ・
サウンドを大胆に導入した「セイム・オールド・シーン」を始め、スタイリッシュに
洗練された作品。珍しくシンセサイザーを用いたタイトル・チューンや、「カバー曲
はフェリーのソロで」
という掟を破り収録されたバーズのカバー等、ヴァラエティ
に富んだ作品は、当時のコンテンポラリーな音を意識したアルバムになりました。
後のニュー・ロマンティクスにも、多大な影響を与える事になります。


Same Old Scene/Roxy Music


6位 リメイン・イン・ライト/トーキング・ヘッズ
(Remain in Light/Talking Heads)
Remain In Light

6位は、「原始(アフリカ)と原子(アメリカ)の、火花散る出会い」と言われた
トーキング・ヘッズの4作目。ブライアン・イーノデヴィッド・バーンが、黒人
音楽から受けたインスピレーションを、アフリカに発展させて作り上げた問題作。
白人だけでは不可能だったアフリカン・リズムを、パーカッションと女性コーラス、
更にベースとキーボードに黒人の手を借りる事で躍動感がアップ。不可能を可能に
した作品。レココレ誌が選ぶ「80年代ベスト・アルバム」で堂々の第1位に。


5位以降のランキングは続きを読むへ・・・

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Albums Of The Year 1980 前編

1980年(昭和55年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私はこの年、高校まで過ごした札幌を後にして、仙台の某私立大学にメデタク入学。
先輩にはハウンドド○グの○友康平、そして同期には声優でお馴染みの△寺宏一
更に少し年下には女優の鈴☆京香などが。
特に△寺氏とは学部・学科も同じなのだが、残念ながらグループが違っていた為に
接点が無く、記憶無し(苦笑)。でも、卒業アルバムを見ると確かに面影が有るね~。

大学1年生になった私は、さぞや充実した「ミュージック・ライフ」を送れたのかと
いうと実際はそんな事なく、というのも1年生の時は大学の寮に入って規則正しい
生活を送っていたからです。

寮の部屋は、二人部屋。当然、ステレオなどの機材の設置は不可能で、音楽は家から
持ち込んだラジカセでカセット・テープや、ラジオを聴いたりするだけでした。

ただ、ラジオを聴いて気にいったレコードは購入しておいて、地元の友人に録音して
もらうという「地味なミュージック・ライフ」を送っていたのです。

1980年はアルバムも盛りだくさんで、選んでいくと とても20枚で収まらないので
今回は前編として「30位から11位」までの発表を、したいと思います。

1枚1枚当時を思い出しながら聴いていくと、あの頃は余り好きでなかったアルバム
「結構、いいじゃん!」と思ったり、また逆のパターンがあったり・・・。
この順位も、いろいろ変動しながらやっと落ち着いて発表出来る次第です。


30位 カレイドスコープ/スージー&ザ・バンシーズ
(Kaleidoscope/Siouxsie & The Banshees)
29位 ザ・サイケデリック・ファーズ/ザ・サイケデリック・ファーズ
(The Psychedelic Furs/The Psychedelic Furs)
28位 ライト・イン・ザ・ナイト/フラッシュ&ザ・パン
(Lights in the Night/Flash & The Pan)
27位 ヴィエナ/ウルトラヴォックス
(Vienna/Ultravox)
26位 トゥルー・カラーズ/スプリット・エンズ
(True Colours/Split Enz)
25位 アイ・ジャスト・キャント・ストップ・イット/ザ・ビート
(I Just Can't Stop It/The Beat)
24位 オール・シュック・アップ/チープ・トリック
(All Shook Up/Cheap Trick)
23位 エモーショナル・レスキュー/ザ・ローリング・ストーンズ
(Emotional Rescue/The Rolling Stones)
22位 ダブル・ファンタジー/ジョン・レノン
(Double Fantasy/John Lennon)
21位 愛しのキッズ/プリテンダーズ
(Pretenders/Pretenders)
(青字はブログ内リンク文章へ)

それではこの中から、ヴォーカルのリチャード・バトラーの声がデヴィッド・ボウイ
に少し似ている、29位ザ・サイケデリック・ファーズ「イミテイション・オブ・
クライスト」
クリッシー・ハインドの独特の声と乾いたテレキャスターの音が魅力
21位プリテンダーズ「愛しのキッズ」、2曲続けてどうぞ!


Imitation of Christ/The Psychedelic Furs


Kid/The Pretenders


20位以降のランキングは続きを読むへ・・・

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Albums Of The Year 1979

1979年(昭和54年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私はこの年、高校3年生。部活動が終わり真剣に受験勉強に取り掛かるかと
思いきや、ロック離れを起こしていた空白の2年間を取り戻すようにロック
をまた聴き出し、受験に対する危機感は殆ど感じられない、大変オメデタイ
オプティミストでした。
(勿論、受験の結果もオメデタイ内容に・・・(爆))。

この2年間の間にロック・シーンは大きく様変わりし、久々に耳にする曲は
どれも新鮮で、あの70年代前半にロックを初めて聴いた時のように、魅力に
溢れたものでした。

中でも「パンク・ロック」が硬直したロック・シーンを打破し、そのパンク
に影響をうけたバンドやアーティストが、アイデアを駆使し様々な形で展開
させた「ニュー・ウェーヴ」と言われる新しい波は、ロック離れして
いた私の心を鷲掴みにしたのです。

「洋楽ロック」という、少し特異な音楽の鮮度を落とさずに聴き続ける為には
全く聴かない期間(ロック離れ期間)を作る事も大切だなぁと感じております。

という事で、1979年のOASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」は、どんな
順位になったのか? 先ずは、20位から11位までの発表です。

20位 ザ・ウォール/ピンク・フロイド
(The Wall/Pink Floyd)
19位 154/ワイヤー(154/Wire)
18位 クール・フォー・キャッツ/スクイーズ
(Cool for Cats/Squeeze)
17位 ザ・プレジャー・プリンシプル/ゲイリー・ニューマン
(The Pleasure Principle/Gary Numan)
16位 ドリーム・ポリス/チープ・トリック
(Dream Police/Cheap Trick)
15位 ルック・シャープ/ジョー・ジャクソン
(Look Sharp/Joe Jackson)
14位 ジ・アザー・ワン/ボブ・ウェルチ
(The Other One/Bob Welch)
13位 レイバー・オブ・ラスト/ニック・ロウ
(Labour Of Lust/Nick Lowe)
12位 クワイエット・ライフ/ジャパン
(Quiet Life/Japan)
11位 ロジャー(間借人)/デビッド・ボウイ
(Lodger/David Bowie)

20位は世界で3,000万枚を売上げる、大ヒットを記録したピンク・フロイド
2枚組コンセプト・アルバム。プログレから「産業的なロック」への転換期と
なった作品。それにしても一時代を築いたピンク・フロイドが、20位とは・・・。

19位「ロックでなければなんでもいい」というキャッチ・フレーズの下に
楽器の演奏もバンドを始めてから練習した、正にパンクの精神を具現化した
ワイヤーの3rdアルバムが、ランク・イン。

18位は70年代後半~80年代半ば頃迄、良質なひねくれポップ&ロックン・
ロール・アルバム
を次々と世に送り込んだ、スクイーズの2ndアルバム。

17位は、全英1位を記録したゲイリー・ニューマン名義としては最初の作品
がランク・イン。この無表情なエレ・ポップは全米でも支持を受け、シングル・
カットされた「カーズ」が3位を記録。

16位は、ライヴ・アルバム『At 武道館』の息の長いセールスにより、当初の
予定より発売時期を遅らせて発表したチープ・トリックの絶頂期のアルバム。

15位は、作品ごとに音楽性が変わる、ジョー・ジャクソンのパンキッシュで
尖ったサウンドのデビュー・アルバム。石畳に白い靴がライト・アップされた
ジャケット写真の素晴らしさで、OASI-Zは音を聴かずに思わず購入(笑)。

14位も、シンプルな影絵のジャケットのアート・ワークが、とても素晴らしい
ボブ・ウェルチのソロ3作目。前2作に比べると派手さは無くなったものの
落ち着いたメロディ・ラインと、ハードなギターは健在。

13位は、ロック・パイルのメンバーがバックを固めた、ニック・ロウの2nd。
落語家の三遊亭円丈もカバーした永遠の名曲で、代表曲の「恋するふたり」
収録。因みに、当時の日本盤の邦題は『いかした愛の放浪者』!(大爆)。

12位は、ジャパン「真の1stアルバム」とも言われる3作目。欧州耽美派
とエレクトロの接近により、このバンドの方向性が確立された記念すべき作品
ロキシー・ミュージックと似た世界観に。ヴェルヴェッツのカバーも秀逸。

そして11位は、所謂「ベルリン三部作」の3作目となる、デヴィッド・ボウイ
がランク・イン。『Low』『Heroes』 同様にイーノが参加しているものの、
壮大なスケール感は影を潜め、ポップな楽曲が並びます。

それではこの中から、17位ゲイリー・ニューマン「カーズ」16位
ジョー・ジャクソン「ワン・モア・タイム」、2曲続けてどうぞ!


Cars/Gary Numan


One More Time/Joe Jackson


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・


続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。