カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に70年代ロック・ヒット・ベスト20

前回、大好評だった(爆)、「70年代ポップス・ベスト30」では、選考基準
の中に「ロック・バンドによるヒット曲、又はロック色の強い曲は除外」
という項目を設けて選考させていただきました。

あの基準を設けた理由は、演奏力やグルーヴよりも、純粋に曲の良さや
ハーモニーの美しさ、時代性を感じさせるポップス感というものに焦点を
当てて、70年代前半のポップスを懐古するという目的でした。

そこで今回は、あの時除外された「ロック・バンドによるヒット曲、又は
ロック色の強い曲」
にスポット・ライトを当ててみたいと思います。


【70年代ロック・ヒット・ベスト20選考基準】

①OASI-Zがリアル・タイムで聴いた'71~'75までの曲に限定
②ロック・バンドによるヒット曲、又はロック色の強い曲に限定
③日本の洋楽ヒット・チャートで最低でも20位以内に入った曲
④複数曲の名曲を残したアーティストもおりますが、原則として
1アーティスト1曲のみエントリー
(OASI-Z渾身の1曲チョイス!)

---------------------------------------------------------------

先ずは20位から11位までの発表です!


第20位 黒い炎/チェイス (1971)
第19位 対自核/ユーライア・ヒープ (1972)
第18位 アイ・ショット・ザ・シェリフ/エリック・クラプトン (1974)
第17位 迷信/スティーヴィー・ワンダー (1973)
第16位 カモン!/スレイド (1973)
第15位 ブラック・ドッグ/レッド・ツェッペリン (1972)
第14位 ギヴ・ミー・ラヴ/ジョージ・ハリスン (1973)
第13位 スターマン/デヴィッド・ボウイ (1972)
第12位 土曜日の誘惑/モット・ザ・フープル (1975)
第11位 明日を生きよう/ラズベリーズ (1973)


第20位は、ポップス・ベスト30ではブラス・ロックを理由に除外された
チェイス「黒い炎」がランク・イン。

第17位のスティーヴィー・ワンダー「迷信」は、ジャンルとしては悩む
所ですが、この曲はどうみてもロックでしょう。クラヴィネットが効いて
います。

第12位のモット・ザ・フープルは、「すべての若き野郎ども」でも
「ロックン・ロール黄金時代」でもなく、イントロの泣きのギターが光る
「土曜日の誘惑」です。
モット・ザ・フープル一番の名曲と言えば、デヴィッド・ボウイの手に
よる「すべての~」だと思いますが、この曲チャートに入ってきた記憶
がないんですよね~(汗)。

第11位のラズベリーズは、ハード・ポップ、パワー・ポップという感じ
でしょうか?このキャッチーなメロディは、エリック・カルメンならでは
ですね~。曲は「ゴー・オール・ザ・ウェイ」「レッツ・プリテンド」
抑えて、「明日を生きよう」です。

という事で、11位のラズベリーズ「明日に生きよう」をお聴き下さい。


I Wanna Be With You/Raspberries


そして10位からは、続きを読むへ・・・

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。