カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に70年代ポップス・ベスト30(異論はいろんいろん有るでしょうが・・・)完結編

今回は、「70年代ポップス・ベスト30」の完結編と題し、10位から
1位までの発表をさせていただきます。

選曲に関する条件
①OASI-Zがリアル・タイムで聴いた'71~'75までの曲に限定
②ロック・バンドによるヒット曲、又はロック色の強い曲は除外
③複数曲の名曲を残したアーティストもおりますが、原則として
1アーティスト1曲のみエントリー
(OASI-Z渾身の1曲チョイス!)


それでは、発表します!


------------------ (ドラム・ロール(笑)) ------------------


Dawn.jpg


第10位 幸せの黄色いリボン
(Tie A Yellow Ribbon Round The Ole Oak Tree)/ドーン (1973)

「ノックは3回」等のヒットを持つドーンの、1973年の全米年間ランキング
第1位を記録した最大のヒット曲。

刑務所に入所した男が「もし、自分の帰りが望まれるなら樫の木に黄色い
リボンを結んでおいてほしい」と妻に頼んでいた。刑期を終え、男はバス
に乗って故郷の近くまで来るが、勇気がなくてバスの運転手さんに木を見て
もらう。樫の木にはたくさんの黄色いリボンが結ばれていた・・・。


歌詞は結構、重たい内容なのに曲が明るい所が良いですね。ストリングス
に女性コーラスがいい味、出しています。
因みに、高倉健主演の「幸せの黄色いハンカチ」の挿入歌に使われたのは
言うまでも有りませんね。




H,J,FR

第9位 恋のかけひき(Don't Pull Your Love)
/ハミルトン・ジョー・フランク&レイノルズ (1971)

この曲は、初めて洋楽のヒット・チャート番組を聴いた時に1位だった記念
すべきヒット曲で、グラスルーツにも通じる、アメリカ「ダンヒル・レコード」
ならではのアッパーで明快なポップス。因みに兄がこのシングルを所有。


Albert Hammond

第8位 落葉のコンチェルト
(For the Peace of All Mankind)/アルバート・ハモンド (1973)

アルバート・ハモンドにはもう1曲、カリフォルニアの蒼井そら青い空
(↑このギャグをまた使いたくて、「カリフォルニア~」に心が動いたのですが
・・・(汗))
ピアノの美しいイントロに、日本人好みの切ないメロディ。情感たっぷりに
歌い上げるこの曲が、ランクインしました。邦題のセンスも最高ですね~。。


Messengers.jpg

第7位 気になる女の子
(That's The Way A Woman Is)/メッセンジャーズ (1972)

本国アメリカではヒットしなかったものの、日本では「アアアン、アアン」
のキャッチーなフレーズが受けた1分57秒のラジオ・フレンドリーな曲。

全国的というよりも、この曲は北海道で特に大ヒットしました。何せ私が
月曜~土曜日の毎日聴いていた、STVラジオの洋楽ヒットチャート番組
「ハイ!ダイヤルリクエストです」の、'72年年間ランキング第1位
輝いたくらいですから。スポーツ・ドリンクのCMでも、お馴染みの曲。

因みにこのシングル盤、持っていたのですがB面がどんな曲だったか、
全く印象がありません(汗)。


動画が見つからないので、そのスポーツ飲料のCMより


SG America

第6位 アメリカ
(America)/サイモン&ガーファンクル (1971)

サイモン&ガーファンクル(この&はアンドと読まずにと読みます)の
数ある名曲の中でも、一番好きな曲。このブログにも3回目の登場(笑)。
晩秋の季節になると、8位の「落葉のコンチェルト」とともに、聴きたくなる
曲です。このシングル盤も兄が所有していました。


そして5位からは、続きを読むへ・・・(ひっぱるね~)。

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽 | GENRE:音楽 |

勝手に70年代ポップス・ベスト30(異論はいろんいろん有るでしょうが・・・)後編

今回は、前回エントリーした「70年代ポップス・ベスト30」の後編を
お送りします。

選曲に関する条件
①OASI-Zがリアル・タイムで聴いた'71~'75までの曲に限定
②ロック・バンドによるヒット曲、又はロック色の強い曲は除外
③複数曲の名曲を残したアーティストもおりますが、原則として
1アーティスト1曲のみエントリー
(OASI-Z渾身の1曲チョイス!)



先ずは20位から11位までの発表です。(ドラム・ロール)


20.雨にぬれた朝/キャット・スティーヴンス(1972)
19.金色の髪の少女/アメリカ(1975)
18.雨をみたかい/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(1971)
17.メロディ・フェア/ビー・ジーズ(1971)
16.クエスチョンズ67&68/シカゴ(1971)
15.僕のコダクローム/ポール・サイモン(1973)
14.シーモンの涙/イングランド・ダン&ジョン・フォード(1972)
13.灰色の朝/ブレッド(1972)
12.愛する人/ロギンス&メッシーナ(1973)
11.恋は二人のハーモニー/グラスルーツ(1971)

(下線が付いた曲は以前に取上げた曲。クリックするとジャンプします)

この辺りになると、結構ヒット・チャートの常連と言えるアーティストが
登場してきました。

20位のキャット・スティーヴンス雨にぬれた朝(Morning Has Broken)」
は全米6位を記録した、日本のCMにも使われたナンバー。

19位のアメリカは、一般的には「名前のない馬」を選ぶべきなのでしょうが、
金色の髪の少女(Sister Golden Hair)」は、この曲でギター練習をした事
もあり、思い入れがとても有るので選びました。

18位のCCR、「雨をみたかい(Have You Ever Seen the Rain?)」は
反戦歌と言われておりますが、英語のわからないOASI-Zは、単純に曲の
良さで聴いておりました。全米8位を記録。

17位のビー・ジーズ、「メロディ・フェア」は映画「小さな恋のメロディ」
主題歌で、日本では映画のヒットに伴ってビー・ジーズの人気も急騰。

16位のシカゴは、「ブラス・ロック」だから除外?とも思ったのですが、ポップ
なメロディ・ラインとか、叙情的な部分とか、ポップスとしての要素を十分に
含んでいるので、ランク・インしました。
曲もこの「クエスチョンズ~」にしようか、「サタディ・イン・ザ・パーク」
しようか迷ったのですが、OASI-Zが初めて買ったシングル盤4枚の中の1枚
のこの曲にしました。

そして15位のポール・サイモンも、名曲が多くて悩みました。最終的には
「母と子の絆」と、この「僕のコダクローム」の一騎打ちになったのですが、
ここでも書きましたが、「コダック」はフィルムの商品名である為にNHKでは
ON AIRされずに、悔しい思いをしたこの曲を選びました。

14位のイングランド・ダン&ジョン・フォードの「シーモンの涙」は、日本
でのみヒット。清涼感溢れるメロディは、正に普遍の名曲と言えるでしょう。

13位灰色の朝(Dismal Day)/ブレッド」は、爽やかな曲とハーモニー
が美しい曲。でも、どうして灰色という邦題がつけられたのかというと、歌詞
が結構ダークな世界で・・・。英語がわからなくて良かったと思う名曲です。

12位愛する人(Thinking Of You)/ロギンス&メッシーナ」は、数ある
彼らのヒット曲の中でも、一番好きな曲です。ミディアム・テンポのメロディに
優しい歌声を乗せた佳曲です。

そして、11位の恋は二人のハーモニー(Two Divided By Love)/
グラスルーツ」
は、小学生時代のお楽しみ会で、皆が歌謡曲のレコードを
持ち寄りプレーヤーでかけていた時、このレコードをかけてドン引きされた
ほろ苦い思い出の曲です(笑)。


それでは、この中から20位雨にぬれた朝/キャット・スティーヴンス」
18位雨をみたかい/クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル」
17位メロディ・フェア/ビー・ジーズ」、そして12位愛する人/ロギンス
&メッシーナ」
を、続けてお聴き下さい。










という事で、今回も時間がかかり過ぎて11位までしか発表が出来ません
でした(汗)。

次回「70年代ポップス・ベスト30」の完結編で、1~10位の発表をさせて
いただきます(ひっぱるね~)。


THEME:洋楽 | GENRE:音楽 |

勝手に70年代ポップス・ベスト30(異論はいろんいろん有るでしょうが・・・)前編

新潟も連日の雪で、精神的にも(出勤時の車の運転の緊張感など)
肉体的にも(早起きして除雪、帰ってから除雪)もう、うんざりして
います。

まぁ、全国的にはもっと雪が多くて生活に支障をきたしている方も
大勢居ると思いますので、甘えた事も言ってられませんが・・・。

北海道で生まれたOASI-Zにとって、冬はとても苦痛でした。
三学期の体育の授業は「スキー授業」ばかりで、その話をすると
羨ましがられる事もあるのですが、吹雪で顔が凍りつきそうな中
でのスキー授業は、地獄でした・・・(涙)。

「雪だるま」「かまくら」を作る遊びも、せいぜい小学生低学年
くらいまでで、小学生高学年になるとアウトドアからインドアへ
志向が変化していったのです。

そんなOASI-Z少年に、大きな転機が小学4年生の秋にやって
来ました。

6歳離れた兄が、洋楽のシングル・レコードを購入するようになり、
何気なく、その言葉の分からない外国のポップスを聴いているうちに
少しずつ、惹かれて行ったのです。

気付けば、自分もラジオのヒット・チャート番組を聴きまくり、ノートに
順位をつけながら聴くようになり、小遣いを当時400円のシングル盤に
つぎ込むようになったのです。(シングル盤は後に500円に(怒))

寒い冬、外は雪。そんな時には、'70年代前半の「ポップス黄金時代」
ラジオにかじりついていた時代が、懐かしく思い出されます。


そこで、OASI-Zが好きだった「ポップス・ベスト30」を今回のエントリー
で発表させていただきます。

但し、条件として
①OASI-Zがリアル・タイムで聴いた'71~'75までの曲に限定
②ロック・バンドによるヒット曲、又はロック色の強い曲は除外
③複数曲の名曲を残したアーティストもおりますが、原則として
1アーティスト1曲のみエントリー
(OASI-Z渾身の1曲チョイス!)


勿論、70年代後半にも後世に残る名曲は有ると思いますが、その時代
のヒット曲はポップスものが影を潜め、どちらかというとロック・バンド
によるヒット曲が、主体だったと記憶しております。

本当に「ポップスの名曲」と呼べる曲ばかりを集めて「ベスト30」
作ってみましたので、ご覧下さい。

--------------------------------------------------------------

先ずは、30位~21位までの発表です。(カッコ内の数字はヒットした年)

30.ラヴィング・ユー/ミニー・リパートン(1975)
29.うつろな愛/カーリー・サイモン(1973)
28.秋はひとりぼっち/ヴィグラス&オズボーン(1972)
27.友に捧げる讃歌/アート・ガーファンクル(1973)
26.木枯らしの少女/ビョルン&ベニー(1972)
25.ブラザー・ルイ/ストーリーズ(1973)
24.愛ある限り/キャプテン&テニール(1975)
23.アメリカン・パイ/ドン・マクリーン(1972)
22.ウィズアウト・ユー/ニルソン(1972)
21.ユア・シックスティーン/リンゴ・スター(1974)

(下線が付いた曲は以前に取上げた曲。クリックするとジャンプします)

ここにランクインしたアーティストは、ヒット・チャートの常連というより
渾身の1曲ヒットによる「名曲」が並んだ感が有ります。

それではこの中から、30位「ラヴィング・ユー/ミニー・リパートン」
24位「愛ある限り/キャプテン&テニール」、そして21位「ユア・
シックスティーン/リンゴ・スター」
をお聴き下さい。








前フリが予想以上に長くなってしまいましたので
20位から1位は、次回に発表いたします(汗)。

THEME:洋楽 | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。