カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1975

1975年(昭和50年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

中学時代のOASI-Z、冬はスキー部に所属していたと1974年の時にも
書きましたが、スキー競技というと皆さんは「滑降・回転・大回転」の所謂
アルペン種目を、思い浮かべるかもしれません。

しかし、私の競技はノルディック種目距離競技なのです。晴れている
日は未だ良いのですが、吹雪の中の競技は切ないものが有りました・・・。
モミアゲから流れた汗や鼻水が、冷えて「つらら」になるなんて経験、
皆さんには無いでしょうね~(苦笑)。

そんな辛いスキー部の思い出は、全道大会(北海道大会)に札幌代表と
して出場し、50位になった事かな(爆)。


という事で、1975年のOASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」、先ずは
20位から11位までの発表です。

20位 リサイクルド/ネクター
(Recycled/Nektar)
19位 フリー・ハンド/ジェントル・ジャイアント
(Free Hand/Gentle Giant)
18位 ゴッドブラフ/ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレイター
(Godbluff/Van Der Graaf Generator)
17位 ロッキン・コンチェルト/キャラヴァン
(Cunning Stunts/Caravan)
16位 メンタル・ノーツ/スプリット・エンズ
(Mental Notes/Split Enz)
15位 ヴィーナス・アンド・マース/ウイングス
(Venus and Mars/Wings)
14位 緑世界/イーノ
(Another Green World/Eno)
13位 ヤング・アメリカン/デヴィッド・ボウイ
(Young Americans/David Bowie)
12位 呪われた夜/イーグルス
(One Of These Nights/Eagles)
11位 甘美のハード・ロッカー/ミスター・ビッグ
(Sweet Silence/Mr.Big)

20位から17位までは、プログレ勢が占拠。個人的には、この年辺りが一番
プログレを聴いていた時だと思います。

20位ネクターは、美味しいジュースのようなバンド名とは裏腹に、ドラマ
チックなシンフォニック・プログレを聴かせてくれる、今作が日本初登場。

19位は英国技巧派集団、ジェントル・ジャイアントの7作目。中世音楽の
ような独自の音楽性の為、聴き手を選ぶバンドがポップに振れて大成功。

18位VDGG再結成後の作品。ピーター・ハミルの狂気のヴォーカル
は今聴いても、鳥肌モノ。

17位キャラヴァンの個人的最高傑作。ポップな世界観と18分を超える
「The Dubsong Conshirtoe」の奥の深さ。ヒプノシスのジャケも秀逸。

16位はニュージーランドが生んだ大道芸人集団(笑)、スプリット・エンズ
の奇天烈な屈折パワー全開のサウンド。この1stはロキシー・ミュージック
のギタリスト、フィル・マンザネラがプロデュースした事でも話題に。

15位ウイングスは、ポールのソングライティングも充実し絶頂期。勿論、
全米・全英共に1位を記録。大ヒット曲「あの娘におせっかい」収録。

14位イーノは、それまでのソロ・アルバムに比べて、インスト・パートを
増やしてラジカルで実験的な作品に。ジャケットのアートワークが超ポップ!

13位デヴィッド・ボウイが、本格的にアメリカ進出を意識し結果的にも
大成功を収めたソウルフルな作品。ジョン・レノンも参加。

12位イーグルス、4作目にして初の全米1位に輝いた作品。カントリー
からロックに移行し大成功。個人的にイーグルスでは、これが一番好き。

そして11位は、ツイン・ドラムという変則的なメンバー構成で、デビュー時は
「クイーンを彷彿させるハード・ロック」という高い評価を受けたMr.ビッグ
(因みに90年代に活躍したMr.ビッグとは、全くの別バンド)

それでは、この中から17位キャラヴァン「Stuck in a Hole」と、当時
中華風ハード・ロックとして話題を集めた11位Mr.ビッグ「Zambia」
2曲続けてどうぞ。


Stuck in a Hole/Caravan



Zambia/Mr. Big


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・


続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。