カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1976

1976年(昭和51年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

この頃の洋楽シーンにおける一大事件と言えば、何と言ってもタータン・
チェックのアイドル、べイ・シティ・ローラーズでしょう。

当時中学生だった私のクラスの女子生徒も、普段は洋楽なんて興味ない
くせに、ベイ・シティ・ローラーズだけは別格で、休み時間に雑誌の切り
抜きとかを見せ合いながら「ワー!キャー!」盛り上がっておりましたね~。
今人気のジャスティン・ビーバーとか、ワン・ダイレクションよりも凄かったん
とちゃう?(←なぜか関西弁)

で、私はと言えば、それまで愛読していた音楽雑誌「ミュージック・ライフ」
のアイドル志向への方向転換に付いていけず、「音楽専科」に切り替えた
時でした。

「音楽専科」は比較的プログレ・バンドも取り上げ、私の嗜好にあっていた
事や、当時若手音楽評論家御三家?と言われていた渋谷陽一大貫
憲章
伊藤政則といった方達や、佐藤斗志夫たかみひろしといった
プログレ評論家が執筆している事が、購読の決め手になりました(笑)。

あの当時の、ロック雑誌に於けるアルバム・レビューのウェイトは、自由に
試聴が出来る現在とは比べ物にならない位、大きいものが有りましたから、
純粋に評価の内容を信じて購入。そして、後悔した事も数知れず・・・。

そんな甘酸っぱい、青春のほろ苦さを思い出しながら1976年のOASI-Z
が選ぶ「アルバム・ベスト20」、先ずは20位から11位までの発表です。

20位 ワイヤード/ジェフ・ベック(Wired/Jeff Beck)
19位 スピード・オブ・サウンド/ウイングス
(Wings at the Speed of Sound/Wings)
18位 ラン・ウィズ・ザ・パック/バッド・カンパニー
(Run with the Pack/Bad Company)
17位 トリック・オブ・ザ・テイル/ジェネシス
(A Trick Of The Tail/Genesis)
16位 フランプトン・カムズ・アライヴ!/ピーター・フランプトン
(Franpton Comes Alive!/Peter Franpton)
15位 ブラック・アンド・ブルー/ザ・ローリング・ストーンズ
(Black And Blue/The Rolling Stones)
14位 地獄の軍団/キッス(Destroyer/Kiss)
13位 虹を翔る覇者/レインボウ(Rising/Rainbow)
12位 華麗なるレース/クイーン
(A Day At The Races/Queen)
11位 ホテル・カリフォルニア/イーグルス
(Hotel California/Eagles)

20位は、ロック寄りになったクロスオーヴァー・サウンドで、ファンの間でも
「最高傑作」の呼び声高い、ジェフ・ベックのギター・インスト・アルバム。

19位は、「心のラヴ・ソング」「幸せのノック」を収録した、ウイングス
の大ヒット・アルバム。全米で7週間、第一位。年間チャート第三位。

17位ピーター・ガブリエルが脱退して、ドラマーのフィル・コリンズ
ヴォーカルをとったジェネシスの作品。声が似ていて違和感なし(笑)。

16位は、全米で1976年の年間第一位を記録したピーター・フランプトン
のライブ・アルバムがランク・イン。「Show Me The Way」収録。

15位ロン・ウッド加入後、最初のストーンズの作品。ファンク、レゲエ、
ジャズと コンテンポラリーなサウンドで全米1位に。「愚か者の涙」収録。

14位キッスの4作目。Roxy Music「Love is The Drug」を想起させ
るイントロの「Detroit Rock City」の疾走感と、「Beth」の対比が絶妙。

13位リッチー・ブラックモアロニー・ジェイムス・ディオコージー・
パウエル
という最強の三人による、レインボウのハード・ロック・アルバム。

12位は、アルバム・ジャケットが前作『オペラ座の夜』と対を成し、メンバー
全員がヴォーカルをとったクイーンの5作目。「Teo Torriatte」収録。

そして11位は、アメリカン・ロックの象徴とも言えるイーグルスの5作目。
タイトル・チューンの圧巻のギター・リフレインを聴く度に、夢のカリフォル
ニアの終焉
だけでなく、バンドも解散に追い込まれた凄まじさを感じます。


それでは13位レインボウで、「スター・ゲイザー」をお聴き下さい。


Stargazer/Rainbow


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。