カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1978

1978年(昭和53年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私はこの年、高校2年生。実は前回(1977年)の時にも書きましたが野球部
の部活で毎日、夜遅くまで練習したり、休日も練習試合があったりして、音楽
を聴く時間が激減した一年でした。

尤も、当時もなおしつこくプログレを信奉していたので、プログレとは真逆の
単純明快、短い事は良い事だ!のパンク・ロックに付いていけずに、ロック
への興味が少しずつ薄れて行った事も、大きな理由の一つです。

そんな中、世間的には映画「サタデー・ナイト・フィーバー」
の大ヒットで、デスコ・ブームが吹き荒れた年でした。
(OASI-Zは高校生なので、もちろんデスコとは無縁)

そして、あの「メロディ・フェア」「マサチューセッツ」ビージーズが、これ
により180度方向転換して、大復活を遂げた事も涙を誘いましたね・・・。

という事で、パンク嫌いでロック離れをしていた1978年、その後に この年の
作品を改めて聴いてパンク、ニューウェーヴに「どっぷり」のめり込んだ(苦笑)
OASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」は一体、どんな順位になったのか?
先ずは、20位から11位までの発表です。

20位 憂国の四士/U.K.(U.K./U.K.)
19位 苦悩の旋律/ジャパン
(Obscure Alternatives/Japan)
18位 アウトランドス・ダムール/ザ・ポリス
(Outlandos d'Amour/The Police)
17位 ベールをぬいだ花嫁/ブライアン・フェリー
(The Bride Stripped Bare/Bryan Ferry)
16位 イースター/パティ・スミス・グループ
(Easter/Patti Smith Group)
15位 Go 2/XTC(Go 2/XTC)
14位 オール・モッズ・コンズ/ザ・ジャム
(All Mod Cons/The Jam)
13位 モア・ソングス/トーキング・ヘッズ
(More Songs About Buildings and Food/Talking Heads)
12位 アドヴェンチャー/テレヴィジョン
(Adventure/Television)
11位 チープ・トリックat武道館/チープ・トリック
(Cheap Trick at Budokan/Cheap Trick)

20位は、元キング・クリムゾンのジョン・ウェットンビル・ブラッフォード
元ロキシー・ミュージックのエディ・ジョブソンという、錚々たるメンツに当時
のプログレ・ファンは誰しもが涙。「プログレ最後の砦」と期待されたU.K.

18位は、幾分パンクっぽい部分も見受けられるポリスの1st。数々のバンド
を経験し、他のメンバーより10歳近く年上のベテラン、アンディ・サマーズ
の加入で他のパンク・バンドとは違う完成度を誇る。

17位は、ロキシー・ミュージック活動中止中に発表のブライアン・フェリー
のソロ・アルバム。翌年再開される新生ロキシーの、香りを少し漂わす作品。

16位はニューヨーク・パンクの女王、パティ・スミスの4作目がランク・イン。
ブルース・スリングスティーンとの共作、「Because The Night」が大ヒット。
腋毛のアルバム・ジャケットが、高校生のOASI-Zには超刺激的(笑)。

15位XTCの2作目がランク・イン。このアルバムを最後に脱退するバリー・
アンドリュース
の浮遊感溢れるキーボード・プレイが炸裂。

14位は、UKパンクを代表するザ・ジャムの3作目が。日本ではピストルズ
クラッシュより地味な印象でも、イギリスでは圧倒的なダントツ人気。初期
ジャムのスタイルが、頂点に達した作品。

12位は、前作よりもポップ度を増したテレヴィジョンの2ndアルバム。中でも
「Careful」は、マイ・フェイヴァリット・ソング。

そして11位は、「ブドーカン」の名を世界に知らしめた、チープ・トリック
武道館ライヴがランク・イン。熱狂的な日本女性の黄色い歓声が、アルバム
を全米1位に押し上げたと言っても過言ではない、このバンドの大出世作。

ではこの中から、17位ブライアン・フェリー「キャント・レット・ゴー」
11位チープ・トリック「サレンダー」、2曲続けてどうぞ!


Can't Let Go/Bryan Ferry


Surrender/Cheap Trick


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。