カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1979

1979年(昭和54年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私はこの年、高校3年生。部活動が終わり真剣に受験勉強に取り掛かるかと
思いきや、ロック離れを起こしていた空白の2年間を取り戻すようにロック
をまた聴き出し、受験に対する危機感は殆ど感じられない、大変オメデタイ
オプティミストでした。
(勿論、受験の結果もオメデタイ内容に・・・(爆))。

この2年間の間にロック・シーンは大きく様変わりし、久々に耳にする曲は
どれも新鮮で、あの70年代前半にロックを初めて聴いた時のように、魅力に
溢れたものでした。

中でも「パンク・ロック」が硬直したロック・シーンを打破し、そのパンク
に影響をうけたバンドやアーティストが、アイデアを駆使し様々な形で展開
させた「ニュー・ウェーヴ」と言われる新しい波は、ロック離れして
いた私の心を鷲掴みにしたのです。

「洋楽ロック」という、少し特異な音楽の鮮度を落とさずに聴き続ける為には
全く聴かない期間(ロック離れ期間)を作る事も大切だなぁと感じております。

という事で、1979年のOASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」は、どんな
順位になったのか? 先ずは、20位から11位までの発表です。

20位 ザ・ウォール/ピンク・フロイド
(The Wall/Pink Floyd)
19位 154/ワイヤー(154/Wire)
18位 クール・フォー・キャッツ/スクイーズ
(Cool for Cats/Squeeze)
17位 ザ・プレジャー・プリンシプル/ゲイリー・ニューマン
(The Pleasure Principle/Gary Numan)
16位 ドリーム・ポリス/チープ・トリック
(Dream Police/Cheap Trick)
15位 ルック・シャープ/ジョー・ジャクソン
(Look Sharp/Joe Jackson)
14位 ジ・アザー・ワン/ボブ・ウェルチ
(The Other One/Bob Welch)
13位 レイバー・オブ・ラスト/ニック・ロウ
(Labour Of Lust/Nick Lowe)
12位 クワイエット・ライフ/ジャパン
(Quiet Life/Japan)
11位 ロジャー(間借人)/デビッド・ボウイ
(Lodger/David Bowie)

20位は世界で3,000万枚を売上げる、大ヒットを記録したピンク・フロイド
2枚組コンセプト・アルバム。プログレから「産業的なロック」への転換期と
なった作品。それにしても一時代を築いたピンク・フロイドが、20位とは・・・。

19位「ロックでなければなんでもいい」というキャッチ・フレーズの下に
楽器の演奏もバンドを始めてから練習した、正にパンクの精神を具現化した
ワイヤーの3rdアルバムが、ランク・イン。

18位は70年代後半~80年代半ば頃迄、良質なひねくれポップ&ロックン・
ロール・アルバム
を次々と世に送り込んだ、スクイーズの2ndアルバム。

17位は、全英1位を記録したゲイリー・ニューマン名義としては最初の作品
がランク・イン。この無表情なエレ・ポップは全米でも支持を受け、シングル・
カットされた「カーズ」が3位を記録。

16位は、ライヴ・アルバム『At 武道館』の息の長いセールスにより、当初の
予定より発売時期を遅らせて発表したチープ・トリックの絶頂期のアルバム。

15位は、作品ごとに音楽性が変わる、ジョー・ジャクソンのパンキッシュで
尖ったサウンドのデビュー・アルバム。石畳に白い靴がライト・アップされた
ジャケット写真の素晴らしさで、OASI-Zは音を聴かずに思わず購入(笑)。

14位も、シンプルな影絵のジャケットのアート・ワークが、とても素晴らしい
ボブ・ウェルチのソロ3作目。前2作に比べると派手さは無くなったものの
落ち着いたメロディ・ラインと、ハードなギターは健在。

13位は、ロック・パイルのメンバーがバックを固めた、ニック・ロウの2nd。
落語家の三遊亭円丈もカバーした永遠の名曲で、代表曲の「恋するふたり」
収録。因みに、当時の日本盤の邦題は『いかした愛の放浪者』!(大爆)。

12位は、ジャパン「真の1stアルバム」とも言われる3作目。欧州耽美派
とエレクトロの接近により、このバンドの方向性が確立された記念すべき作品
ロキシー・ミュージックと似た世界観に。ヴェルヴェッツのカバーも秀逸。

そして11位は、所謂「ベルリン三部作」の3作目となる、デヴィッド・ボウイ
がランク・イン。『Low』『Heroes』 同様にイーノが参加しているものの、
壮大なスケール感は影を潜め、ポップな楽曲が並びます。

それではこの中から、17位ゲイリー・ニューマン「カーズ」16位
ジョー・ジャクソン「ワン・モア・タイム」、2曲続けてどうぞ!


Cars/Gary Numan


One More Time/Joe Jackson


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・


続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。