カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1980 後編

さぁ、少し時間が空いてしまいましたが「Albums Of The Year 1980 後編」
お送りします。

10位 孤独な影/ジャパン
(Gentlemen Take Polaroids/Japan)
Gentlemen Take Polaroids

10位は欧州耽美派ロックに、前作を踏襲するモダンなダンス・ミュージックを取り
入れたジャパンの4作目で、ヴァージン移籍後初の作品。デヴィッド・ボウイ
ベルリン時代の世界観に、ロキシー・ミュージックのダンサブルなディスコ・ビート
と、トーキング・ヘッズのアフリカン・ビートと、坂本龍一の深遠な叙情性を合体
させたような傑作。

9位 サンディニスタ!/ザ・クラッシュ
(Sandinista!/The Clash)
sandinista!.jpg

9位は、レゲエ、ダブ、ロカビリー、ディスコ、ゴスペル、ラップ等を試み、成功
した前作の路線を更に実験的なアプローチで推し進めた、クラッシュの意欲作。
アナログ3枚組でありながらコンセプト・アルバムでも無かった為、当時聴くのが
結構キツくてどうしても一気に聴けない分、散漫な印象が否めなかった作品だった
のですが、2枚組で発表されたCDはスッキリして、聴き易さがアップ。

8位 スケアリー・モンスターズ/デヴィッド・ボウイ
(Scary Monsters/David Bowie)
Scary Monsters

8位は、デヴィッド・ボウイ自身の70年代を総括する作品。1曲目にいきなり
「シルエットや影が革命を見ているぅ~」と、日本語のナレーションが登場した
時はオドロキましたねぇ。この声の主は、ここでも書きましたがミッチ広田さん。
パーソネルには ロバート・フリップロイ・ビタントニー・ヴィスコンティ
ピート・タウンゼント、等が名を連ね、物足りなかった前作の鬱憤を晴らす渾身
の作品。全英1位に輝いた「アッシェズ・トゥ・アッシェズ」のビデオ・クリップ
の映像の素晴らしさは特筆もの。


Ashes To Ashes/David Bowie


7位 フレッシュ・アンド・ブラッド/ロキシー・ミュージック
(Flesh & Blood/Roxy Music)
Roxy Music

7位は、ロキシー・ミュージックの7作目。ダンサブルな、エレクトロ・ディスコ・
サウンドを大胆に導入した「セイム・オールド・シーン」を始め、スタイリッシュに
洗練された作品。珍しくシンセサイザーを用いたタイトル・チューンや、「カバー曲
はフェリーのソロで」
という掟を破り収録されたバーズのカバー等、ヴァラエティ
に富んだ作品は、当時のコンテンポラリーな音を意識したアルバムになりました。
後のニュー・ロマンティクスにも、多大な影響を与える事になります。


Same Old Scene/Roxy Music


6位 リメイン・イン・ライト/トーキング・ヘッズ
(Remain in Light/Talking Heads)
Remain In Light

6位は、「原始(アフリカ)と原子(アメリカ)の、火花散る出会い」と言われた
トーキング・ヘッズの4作目。ブライアン・イーノデヴィッド・バーンが、黒人
音楽から受けたインスピレーションを、アフリカに発展させて作り上げた問題作。
白人だけでは不可能だったアフリカン・リズムを、パーカッションと女性コーラス、
更にベースとキーボードに黒人の手を借りる事で躍動感がアップ。不可能を可能に
した作品。レココレ誌が選ぶ「80年代ベスト・アルバム」で堂々の第1位に。


5位以降のランキングは続きを読むへ・・・

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Albums Of The Year 1980 前編

1980年(昭和55年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私はこの年、高校まで過ごした札幌を後にして、仙台の某私立大学にメデタク入学。
先輩にはハウンドド○グの○友康平、そして同期には声優でお馴染みの△寺宏一
更に少し年下には女優の鈴☆京香などが。
特に△寺氏とは学部・学科も同じなのだが、残念ながらグループが違っていた為に
接点が無く、記憶無し(苦笑)。でも、卒業アルバムを見ると確かに面影が有るね~。

大学1年生になった私は、さぞや充実した「ミュージック・ライフ」を送れたのかと
いうと実際はそんな事なく、というのも1年生の時は大学の寮に入って規則正しい
生活を送っていたからです。

寮の部屋は、二人部屋。当然、ステレオなどの機材の設置は不可能で、音楽は家から
持ち込んだラジカセでカセット・テープや、ラジオを聴いたりするだけでした。

ただ、ラジオを聴いて気にいったレコードは購入しておいて、地元の友人に録音して
もらうという「地味なミュージック・ライフ」を送っていたのです。

1980年はアルバムも盛りだくさんで、選んでいくと とても20枚で収まらないので
今回は前編として「30位から11位」までの発表を、したいと思います。

1枚1枚当時を思い出しながら聴いていくと、あの頃は余り好きでなかったアルバム
「結構、いいじゃん!」と思ったり、また逆のパターンがあったり・・・。
この順位も、いろいろ変動しながらやっと落ち着いて発表出来る次第です。


30位 カレイドスコープ/スージー&ザ・バンシーズ
(Kaleidoscope/Siouxsie & The Banshees)
29位 ザ・サイケデリック・ファーズ/ザ・サイケデリック・ファーズ
(The Psychedelic Furs/The Psychedelic Furs)
28位 ライト・イン・ザ・ナイト/フラッシュ&ザ・パン
(Lights in the Night/Flash & The Pan)
27位 ヴィエナ/ウルトラヴォックス
(Vienna/Ultravox)
26位 トゥルー・カラーズ/スプリット・エンズ
(True Colours/Split Enz)
25位 アイ・ジャスト・キャント・ストップ・イット/ザ・ビート
(I Just Can't Stop It/The Beat)
24位 オール・シュック・アップ/チープ・トリック
(All Shook Up/Cheap Trick)
23位 エモーショナル・レスキュー/ザ・ローリング・ストーンズ
(Emotional Rescue/The Rolling Stones)
22位 ダブル・ファンタジー/ジョン・レノン
(Double Fantasy/John Lennon)
21位 愛しのキッズ/プリテンダーズ
(Pretenders/Pretenders)
(青字はブログ内リンク文章へ)

それではこの中から、ヴォーカルのリチャード・バトラーの声がデヴィッド・ボウイ
に少し似ている、29位ザ・サイケデリック・ファーズ「イミテイション・オブ・
クライスト」
クリッシー・ハインドの独特の声と乾いたテレキャスターの音が魅力
21位プリテンダーズ「愛しのキッズ」、2曲続けてどうぞ!


Imitation of Christ/The Psychedelic Furs


Kid/The Pretenders


20位以降のランキングは続きを読むへ・・・

続きを読む

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。