カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰か、レヴィアサンを知りませんか?

Leviathan.jpg


最近は70年代のアルバム・ランキングばかりやっていたので、たまには違う

話題を。

日本では1976年に発表されたレヴィアサンのデビュー・アルバム。

そもそも、なんでこんな得体の知れない(笑)バンドのアルバムを買ったのかと

言うと、ここでも書いた当時の音楽雑誌 『音楽専科』 のアルバム・レビューで

このアルバムの評価が、そこそこ良かったから。

それで、ロクに試聴もせずに(出来ずに)レビューの内容だけを信じて、この

アメリカ産の新人バンドのLPを購入したのです。

音の方はというと、「ハードなプログレッシヴ・ロック」

先ず、ジャケットがいかにも「プログレ!」という雰囲気を醸し出しています。

そして、ヴォーカルがあのロバート・プラントを彷彿とさせる声質。

そこにメロトロンの洪水が、押し寄せるのです。


Arabesque/Leviathan


更に、このアルバムのライナー・ノーツを書いているメンツが豪華(笑)。

ここでも書いた、当時の若手音楽評論家を代表する三人が、揃って執筆して

いるのです。

onuki.jpg
shibuyaseisoku.jpg

個人的にも、そこそこ気に入っていただけに解散?というか、その後の消息

不明が残念でなりません。恐らく日本では、CD化もされていないでしょう。

レヴィアサン


誰か、レヴィアさんを知りませんか・・・?。



スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

It's So Hard ~32回目の12月8日

imagine.jpg


昨日(12月9日)は、ここ新潟市でもかなりの積雪が有りました。

休日だった昨日は、朝から雪かきで身体のあちこちが筋肉痛。

一段落して家の中で休んでコーヒーを飲んでいると、さっき除雪

したばかりなのに、もう5cmほど積雪が・・・。

それでまた外に出て、終わりの無い除雪の続きを・・・。

というように、とてもハードな日曜日でした。


本当にこれから毎朝、カーテンを開けるのが怖いんですよね。

そんな毎日が3ヶ月近くも続くかと思うと、うんざり(涙)。

まぁ、これも雪国に住む宿命で、だから「晴れた日が嬉しい」し、

「春が待ち遠しい」のだけどね。

「早起き」「雪かき」「雪道渋滞」「雪道運転」「路面凍結」・・・。

とにかく、しんどいこっちゃっ・・・。



It's So Hard/ John Lennon

1980年12月8日の天気は、曇りの寒い日だったなぁ。

あれから、もう32年か・・・。


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

コールド・ターキー


Cold Turkey/John Lennon


いやぁ、特別に意味はないんだけど。

昨日、ボウリング大会で「ターキー」が出たんで、つい・・・。

まぁ12月8日も近い事だし、クリスマスももうすぐだし・・・。

12月になると、ジョン・レノンを聴く機会が増えるね~。


追記.

ボウリング大会の後は、もちろん飲み会。

一昨日も飲み会だったので、さすがに今日は眠いね。

皆さんも、お酒はほどほどにしましょうね(苦笑)。


THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

Halloween

Quiet Life JAPAN

10月と言えば「ハロウィン」ですね。

ウィキペディアによると、「ハロウィン(Halloween)は、ヨーロッパを起源とする

民族行事で、毎年10月31日の晩に行われる」
とあります。

しかし、日本ではディズニーランドを始めとするテーマパークや、お菓子屋

さんのディスプレイ等は10月頭から、ハロウィン気分を前面に出しています。


という事で、今日はそのハロウィン気分を盛り上げる為に、ジャパンの3rd

アルバム 『Quiet Life』 から「ハロウィン」を聴きたいと思います。


Halloween/Japan

このアルバムはデヴィッド・シルヴィアンが、「真のジャパンのファースト

アルバム」
と発言しているように、前2作とは内容を変えた作品となりました。

正直、私も音楽雑誌の印象から「美容院のお兄さん(笑)」的な佇まいの、

ヴィジュアル系バンドと認識していた為、デビューからの2作品を真面目に

聴いた事が無く(汗)、この3作目から、彼らの作品を聴くようになったのです。

内省的で陰鬱な中にも、当時流行していたダンサブルなエレポップを取り

入れるなど、かなり実験的な内容になった作品でした。

どことなくブライアン・フェリー(ロキシー・ミュージック)の世界観にも似た

デヴィッド・シルヴィアン「ヨーロッパ的な感性」「美意識」「知性」

このバンドのキャラクターを決定しており、これ以後 『Gentlemen Take

Polaroids』
『Tin Drum』 と深遠な世界を極めていく事になります。


追記.

後追いで「1st」と「2nd」を聴くと結構、これが良いんですよね~。

デヴィッド・シルヴィアンの声質が、個人的には好きなんですよ。

当時の音楽雑誌における「アイドル・バンド」的な彼らの取り上げ方に

正しい評価を妨げられた形で、とても反省しております。


Halloween  TDL

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

I'm Not Down

Alb ibara

Alb zanryu


我がアルビレックス新潟が、J2降格の窮地に立たされている。

上の新聞にもあるように、残り8試合に運命が託される事に。

残り8試合のうち、5試合がホーム・ゲーム。 一見、有利にも

見えるが、アルビは今季ホーム・ゲームで1勝しかしていない。

現在、勝ち点が26。残り試合で最低でも勝ち点を15くらいは

積み上げたい。となると、ノルマは最低でも5勝?。

数字的にはかなり厳しいと思うが、選手達は最後まで諦めずに

奇跡を信じて頑張って欲しい。


ザ・クラッシュの1979年に2枚組のLPレコードとして発表された

3rdアルバム 『London Calling』ポール・シムノンが、ベース・

ギターを叩き壊そうとしている、アルバム・ジャケットが印象的。

この作品に収められた 「アイム・ノット・ダウン」 には、色々な

挫折を味わった高校生時代、どれだけ勇気づけられた事か。


落ちて 落ちて 床に叩きのめされ

落ち込んで 落ち込んで 更に惨めになって

でも俺は何か方法があるのを知っているんだ

何もかも不利な状況が逆転する日は来るはずだから

何も無い所から摩天楼が少しずつ大きくなっていくように

俺は決して諦めない

(アイム・ノット・ダウン)





どんなに自分なりに頑張っても、努力しても、思うようにならない

事はたくさんある。

アルビの選手達には、悔いの無いように最後まで全力でプレー

して欲しいね。負けても、死ぬわけじゃ無いし。


人生の「敗者復活戦」は生きている限り、一生続いていくの

だからね・・・。。


THEME:サッカー | GENRE:スポーツ |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。