カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒れる若者と仲間たち ~エルヴィス・コステロ

SpecialsSqeezeNick LoweBluebellsElvis Costello

【今日の5曲】  ~テーマ『コステロと愉快な仲間たち』~
1.ギャングスターズ/ザ・スペシャルズ・・・スペシャルズ
2.テンプテッド/スクイーズ・・・イーストサイド・ストーリー
3.クルエル・トゥ・ビー・カインド(恋する二人)/ニック・ロウ・・・BASHER
4.エイム・イン・ライフ/ブルーベルズ・・・シュガー・ブリッジ(EP)
5.ワッチ・ユア・ステップ(足元に注意!)/エルヴィス・コステロ・・・トラスト


今日の5曲は、デビューから32年経つ今も尚、「ポップ・ミュージックの手品師」として現役活動を続けるエルヴィス・コステロと、彼が関係したアーティストにスポットを当ててみたいと思います。


Specials

先ず1曲目のスペシャルズですが、コステロが初めてプロデュースをしたバンドです。「ツー・トーン」「スカ・ブーム」の立役者として、1980年代初頭にセレクターマッドネスとともに一世を風靡しました。あの頃の私は「レゲエ」のリズムにはなかなか馴染めなかったのですが、この「スカ・ビート」はツボを押しました。やはり「パンク・ロック」が与えたミュージック・シーンへの影響は、計り知れないものが有ると思います。
因みにこの「ギャングスターズ」は、当時のアナログ日本盤には収録されていたのに、現在のCDアルバムには納められていないんですね。やたらボートラを入れたがる(笑)日本盤にしては、不思議な感じです。




続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。