FC2ブログ
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

昔は結構「注目されたん」ですけど、今ではすっかり忘れられて「悲しきサレタン」ですわ【後編】

Be Bop DeluxeSteve Harley  Cockney RebelStrapps.jpgSilverhead.jpgSplit Enz

今日の5曲
1.バビロンの幽閉者/ビー・バップ・デラックス・・・Modern Music
2.さかしま/コックニー・レベル・・・The Psychomode
3.スクール・ガール・ファンク/ストラップス・・・Strapps
4.ハロー・ニューヨーク/シルバーヘッド・・・Sixteen And Savaged
5.スウィート・ドリームス/スプリット・エンズ・・・Mental Notes


皆さんの地域では、もう  咲きましたか?
私も今朝、愛犬の 「さくら」 と一緒に、近くの公園に行ったのですが
まだ、つぼみ~3分咲きといった感じですね~。
今度の土・日まで、散らずに楽しませてもらいたいものです・・・。

それでは前回の続きで1970年代、一時的に脚光を浴びた、屈折ロック・
バンドの「今日の5曲」【後編】をお送りします。



School Girl Funk/Strapps

前回の続きで3曲目は、1976年のストラップスのデビュー・アルバム
(邦題は貴婦人たちの午后)から、「スクール・ガール・ファンク」です。
「ブリティッシュ・ロックの期待の星」として迎えられた彼らでしたが
イギリスでの評価はパッとせず、逆にそのルックスからクイーン
同様に本国よりも、日本で人気を誇ったバンドでした。

この「スクールガール・ファンク」は、クラヴィネットが印象的なロックン・
ロール・ナンバー。プロデュースに名を連ねた元ディープ・パープル
ロジャー・グローバーの影響もあってか、アルバムはハードな楽曲
が多く、ジャケ写の艶やかさから「屈折ハード・ポップ」という感じです。

そのジャケット写真ですが、2曲目に紹介したコックニー・レベル
『The Psychomode』クイーン『Sheer Heart Attack』デヴィッド・
ボウイ
『Pinups』等の写真を手掛けた、ミック・ロックによるもの。
あぁ、こんなピンヒールで、お姉さんにグリグリしてもらいたい(爆)。

続きを読む

スポンサーサイト



THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース