カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2分前後の曲特集

The FutureheadsCartel.jpgThe VinesTango In The AtticBeady Eye


今日の5曲
1.ロボット/ザ・フューチャーヘッズ・・・The Futureheads
2.ルーズ・イット/カルテル・・・Cartel
3.ヒーズ・ア・ロッカー/ザ・ヴァインズ・・・Melodia
4.ワン・ステップ・アウェイ/タンゴ・イン・ジ・アティック
             ・・・Bank Place Locomotive Society
5.フォー・エニワン/ビーディ・アイ・・・Different Gear, Still Speeding


1970年代前半、プログレッシヴ・ロックが全盛期を迎えていた時代、1曲の
長さは最低でも5分以上が当たり前でした。
中にはレコードのA面、B面合わせて3曲とか、2枚組にもかかわらず4曲
しか収録されていない、というものも有りました。

私自身も、「長尺であればあるほどOK!この長さに耐えられなければ(笑)、
ロック通とは言えない」
と中学生の時に、真剣に考えていたくらいですから。

その後、パンク・ロックが登場した時、従来のロックに耳を慣らされた多く
のロックファンは、その「異様なファッション」「がなり立てるヴォーカル」
そして「3分以内の短い曲」を、受け入れる事が出来ませんでした。

今でこそ「パンク・ロックが、時代に風穴を開けた!」みたいに言われて
いますが、当時は全くそんな感じでは無かったんですよね~。
プログレの高尚な音とは正反対な、ローファイで乱暴的なサウンドにワタシ
は全く付いていけませんでした(苦笑)。

しかし、パンク・ロックがニュー・ウェイヴに進化して行く過程の中で次第に
身体と耳が順応していくようになると、今度は逆にオールド・ウェイヴな古い
タイプの曲(長尺曲)を、聴けなくなってしまったのです。

自分が表現したい事を3分間で完結させる「パンク・ロック」は、実に潔く
痛快な音楽に映り、「短い事はいい事だ」とそれまでロックの代名詞で
あった「長髪、ロンドン・ブーツ、ベルボトムのジーンズ」は、姿を消し
替わってテクノ・カットを代表する短髪が、流行る時代になりました。

そこで、今日は比較的最近の作品から「3分」とは言わず、「2分前後の
曲(苦笑)」
を集めて聴いていきたいと思います。
(な~んだパンク・ロックの話じゃないのかよぉ。前フリは何だったんだ?)

先ずは景気づけにザ・フューチャーヘッズの2分1秒の曲、「ロボット」
お聴き下さい。


続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。