FC2ブログ
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

炎のG1勝負 スプリンターズS

秋のG1レース初戦となりました電撃の6ハロン、スプリンターズS
外国馬VS日本馬の様相を呈してまいりました。

なんと言っても注目はシンガポールの怪物、21戦17勝2着4回という
パーフェクトの連対実績を誇る、その名もロケットマン!

そして、不気味な香港馬2頭。このレースは、過去6年間の間に
香港馬が2勝という相性抜群となっております。
迎え撃つ日本馬は、1,200mのG1レースで2回連続降着という失態
を演じながらも、実力はNO.1のダッシャーゴーゴーを総大将に、
重賞レース3連勝中のカレンチャンや、G1レースでは末脚が一際
光るサンカルロ等、目移りしてしまう難解な一戦となりました。

第45回スプリンターズS(G1)》 芝1,200m
【結論】
◎ダッシャーゴーゴー
◯ロケットマン
▲サンカルロ
△カレンチャン
△グリーンバーディ


川田騎手が2回降着の雪辱を晴らし、悲願のG1タイトルを
奪取する事を期待して、ダッシャーゴーゴーにしました。
いつも前哨戦に頑張り過ぎて本番にヨレるこの馬でしたが、今回は
セントウルSが3着で、余力残しの臨戦過程に好感が持てます。
CBC賞後に見せた川田Jの、感激号泣の再現に期待です。

◯ロケットマンは、どんな走りを見せるのか?2着をぶっちぎるのか?
中山の急坂は大丈夫なのか?という所が焦点だと思います。

まぁ、殆どこの2頭のレースだと思いますので馬連1点でもいいの
ですが、あとはダッシャーゴーゴーから▲サンカルロ、△カレンチャン
△グリーンバーディへの馬連、を少し買いたいと思います。


第45回スプリンターズSの発走は15:40。
レース後の反省文をお楽しみに・・・。


続きを読む

スポンサーサイト



THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース