FC2ブログ
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

プログレなのにシングル・ヒットした曲特集

Meddle.jpgIn Search Of SpaceSeventh SojournTubular BellsPictures at an Exhibition


今日の5曲
1.吹けよ風、呼べよ嵐/ピンク・フロイド
2.シルバー・マシーン/ホークウィンド
3.ロックンロール・シンガー/ムーディー・ブルース
4.チューブラーベルズ/マイクオールド・フィールド
5.ナット・ロッカー/エマーソン・レイク&パーマー


プログレッシヴ・ロックというと、とにかくアルバム至上主義
言いましょうか、トータル性を重視し壮大なスケール感に溢れたアルバムを
作ったり、アルバム収録曲の1曲当たりがやたら長尺で、「シングル・カット
なんか眼中に無いわい!!」
と、言わんばかりのバンドが殆どである為、
シングル・チャートに顔を出すなんて事は、稀なわけです。

しかし僅かではありますが、ヒット・チャートを賑わしたプログレ・バンドが
放ったシングル・ヒット曲というものも実際にはありますので、今日はそんな
ナンバーを聴いていきたいと思います。
(チャート記録は当時のニッポン放送、ポップス・ベスト10より)


先ず1曲目は、名盤『おせっかい:Meddle』に収録されたピンク・フロイド
「吹けよ風、呼べよ嵐:One Of These Days」です。
この曲はアルバムの中でも少し違和感を感じる、暴力的で狂気性を孕んだ
ハードなインスト・ナンバー。
'72年3月に最高位18位、ベスト20には1週だけのランクインとなりました。

この曲がロック・ファン以外にも有名なのは、悪役プロレスラーとして人気を
博していたアブドーラ・ザ・ブッチャーが、リングに入場する時のテーマ・
ソングに使われた事によります。



続きを読む

スポンサーサイト



THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース