カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のエルヴィス・コステロ 第8回 ~You Little Fool~

Imperial Bedroom

第8回目の今週のエルヴィス・コステロは、1982年に発表された通算7枚目
のアルバム 『Imperial Bedroom』 からの、シングル・カット・ナンバーで
「You Little Fool」 です。

このアルバムの話題はプロデューサーに、ビートルズのエンジニアとして
『Revolver』 『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』 を手掛け
ジェフ・エメリックが起用され、ジョージ・マーティンのエアー・スタジオ
を使って録音された事でした。

そのせいか、アルバムの随所にビートルズ的なオーケストレーション
アレンジモチーフといったものが散りばめられており、アルバムとしても
全英チャートで6位を記録する、久々のヒットとなりました。

以前紹介した 『Trust』 でコステロの事を知った私でしたが、前作『Almost
Blue』
がカントリー・アルバムだった事、そしてこのアルバムのジャケットの
アートワークがこれまでとは違い、コステロの顔姿では無く「ゲージュツ的」
なイラストが描かれたものだった為、ついスルーしてしまったのです(汗)。
バーニー・バブルズの手による、ピカソ「三人の楽士」にインスパイア
されたイラストとの事)

当時、ニュー・ディスクを買う為には、ロック雑誌の短いアルバム・レビューを
参考にするしかなく、ラジオ等で取り上げられるビッグ・ネームを除いて事前
に音源を耳にしてから購入するケースは稀で「ジャケ買い」が大きなウエイト
を占めていたものです。

結局、このアルバムを買ったのはアナログ盤時代ではなく、CDになってから。
つくづく、勿体無い事をしたなぁと思います。


You Little Fool/Elvis Costello

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。