FC2ブログ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

今週のエルヴィス・コステロ 第7回 ~SHE~

The Very Best Of Costello

エルヴィス・コステロの数ある楽曲の中で、最も有名な曲が1999年発表
「SHE」かも知れません。何せ、ウチの奥さんでもこの曲は知っている
くらいですから(爆)。
(因みに妻は、さんま&キムタクW主演のドラマのエンディング曲「Smile」
も知ってます)

この「SHE」が有名な理由は言うまでも無く、ヒュー・グラントジュリア・
ロバーツ
の主演映画、「ノッティング・ヒルの恋人」の主題歌に使われた
事によります。

実はこの曲、フレンチ・ポップスの大御所であるシャルル・アズナブール
が1974年に放った、全英NO.1ヒットを獲得した「忘れじのおもかげ」という
邦題が付けられた曲のカヴァーで、コステロが原曲の美しさと、哀愁漂う
雰囲気を壊さぬように忠実にカヴァーしているのが、とても好感が持てます。

折角ですから原曲のシャルル・アズナブールと、コステロを聴き比べて
みて下さい。


SHE/Charles Aznavour


SHE/Elvis Costello

続きを読む

スポンサーサイト



THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース