FC2ブログ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

ロック夏期特別講座(今野雄二 編)

Remain In LightDavid BowieAvalon.jpgThe Original SoundtrackPurple Rain

約1年以上も前に好評を博した(爆)「ロック春期講座(たかみひろし編)」
でしたが、大変お待たせいたしました今回は、その第2弾として「ロック夏期
講座(今野雄二 編)」
を、お送り致します。

1970年代~1980年代、新しいムーヴメントが登場すると そのアルバムには
必ずと言っていい程、ライナーノーツに名前を連ねていたのが 今野雄二
でした。

今野雄二氏と言えば、口髭を生やして11PMなんぞに出演していたアダルト
な文化人というイメージが強く、レコード会社にしても強力にプッシュしたい
アルバムに対しては、TVでの露出度が多いチョッと有名な今野氏にライナー
を、お願いしようという感じだったのかも知れません。

この人の本職は「映画評論家」なのにもかかわらず、「音楽評論家」として
も後世に残る偉大なアルバムにライナーを書いているんだから、凄いもんだ
と思いますよ、えぇ。

まぁ、ただこの人の文章の特徴は、さりげなく「ミュージシャンの○○○○
と友達だ」
とか「○○○○が来日した時、一緒に食事をした」というような
プチ自慢が織り込まれること。

それを読んで 「おおっ!今野雄二とブライアン・フェリーはホモ達友達
なのか!」
と感心するする人は殆ど居ないと思うのですが、羨望の眼差し
を向けられる事は、少なからずあったと思います。

でも、そんなあまり中身のない文章スタイルが批判を受けて、渋谷陽一氏と
バトルを繰り広げたり、P-MODELにライブで「今野雄二にゃわかるまい」
と歌われたり、挙句の果てにはお友達であるはずのブライアン・フェリー
「東京ジョー」と、おちょくられたり・・・。

そこで今回のロック夏期講座では、そんな今野雄二氏の偉大なる功績を
讃えるべく彼がライナーを書いた代表的なアルバムが、どのアーティストの
ものか勉強していきたいと思います。

続きを読む

スポンサーサイト



THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース