FC2ブログ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

今週のエルヴィス・コステロ 第13回 ~The Other Side Of Summer~

Mighty Like A Rose

「今週のエルヴィス・コステロ」は、「夏に聴きたいロック」企画に便乗して
1991年にリリースされた、通算13枚目のアルバム 『Mighty Like A Rose』
から 「The Other Side Of Summer/もうひとつの夏」 です。

前作 『Spike』 と対を成す作品と言われ、前作同様このアルバムにもポール・
マッカートニー
との共作曲が2曲収録されています。(父親のロス・マクマナス
もトランペットで1曲参加している)

また、バック・メンバーにアメリカ人を迎えるスタイルもすっかり定着し、全体的
にメロディアスな楽曲が多い印象を受けます。デビューから10年以上が経過し
以前のパンキッシュなスタイルは、この時期にはすっかり影を潜め コステロが
「聴かせるアーティスト」 への階段を、着実に登って来ていた事を 物語って
います。

その事は、ジ・アトラクションズをバックに従えて、ポップなロックン・ロールの
「コステロ節」 を期待している私のようなファンからは、少し残念ではあったの
ですが、これ以降 現在に至るまで30年以上も第一線で、作品を作り続ける為
には、この変化は必然だったのだと思えます。

コステロ自らのベースから始まる、この 「The Other Side Of Summer/
もうひとつの夏」
における瑞々しさと爽やかさを兼ね備えた、気恥ずかしい
位のポップ・ナンバーは、今までのコステロには見られなかったタイプの曲。
ビーチ・ボーイズ風のコーラスが、暑さの中に涼しさを届けてくれます。


The Other Side Of Summer/Elvis Costello
このコステロ、ワイルドだろ~


必死に踊っていたが、ひどい音楽だった
夢を埋めてしまい 役立たずを放り出す
おやすみ
幸せがありますように
地球へ お別れのキスを
もうひとつの夏


Mighty Like A Rose

スポンサーサイト



THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース