カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のエルヴィス・コステロ 第15回 ~13 Steps Lead Down~

BRUTAL YOUTH

暫くご無沙汰しておりましたが、回を重ねて第15回目の「今週のエルヴィス・
コステロ」
は、1994年に発表された15枚目の作品 『Brutal Youth』 から
「13 Steps Lead Down」 です。

このアルバムは、1986年の 『Blood and Chocolate』 以来8年ぶりとなる、
アトラクションズニック・ロウが、パーソネルに名前を連ねた作品です。

前作 『The Juliet Letters』 が、弦楽四重奏を従えた非常にクラシック的
なアプローチからコステロ節を展開した、ある意味「実験的」な作品だったので
正直このアルバムも、聴く前は「期待と不安」が交錯する作品でした。

先ず1曲目の「Pony St」のイントロを聴いた時、「おぉっ!これはOASI-Z
が待ち望んでいた従来のコステロ・サウンドではないか!?」
と小躍りし、
2曲目「Kinder Murder」では、思わず拳を突き上げガッツ・ポーズ!!(笑)。
そして、3曲目のこの曲「13 Steps Lead Down」 では、思わず号泣。頬を
伝う涙を止める事ができませんでした (ほほぅ!)・・・。


13 Steps Lead Down/Elvis Costello


前作の反動で(苦笑)初期の頃のような、過激な曲を演りたくなったコステロが
ブルース・トーマスや、スティーヴ・ナイーヴといった、アトラクションズ
メンバーに連絡を取り、コラボが実現。ワーナー移籍後、遠ざかっていた往年
コステロ・サウンドが帰って来たのです。

タイトルからして 『Brutal Youth』 。パンキッシュな怒れる若者時代を彷彿
させる、初期のシンプルなバンド・サウンドが多く含まれる内容に、「スパイク
も、マイティ・ライク・ア・ローズも確かに良かった。でも、コステロはこれ
じゃなくちゃ!」
と、「20%記憶喪失」状態に陥っていたデビュー当時からの
コステロ・ファン(私を含む)は、100%そう思ったに違いありません。

子供の頃のコステロのポート・レートも数枚収められていて、アトラクションズ
との再会で、若気の至りに溢れた(笑)昔を懐かしんでいるのかも知れません。

Brutal Youth

まぁ、アルバムの後半には「London's Brilliant Parade」のような、以前の
コステロには見られなかった 『The Juliet Letters』 で培われたというべき、
メロディアスで味わい深いヴォーカルを聴かせる曲もあって、17年間で15枚の
アルバムを積み重ねたキャリアは、決して伊達ではないと感じさせてくれます。

Young Costello

コステロは子供の頃から、上品で気品に満ちていますね。
OASI-Zの子供の頃の写真なんか、もっと田舎チックなんだけどね~(爆)


スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。