FC2ブログ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

Pretzel Logic

snyders.jpg


以前、アメリカの○ッシュ大統領が 喉に詰まらせて死にかけたという

「プレッツェル」

私が子供の頃から、「○リコのプリッツ」は、有ったのですが、

「プレッツェル」は知りませんでした。

まぁ、輸入食品を扱う店などに行けばも存在したのかも知れませんが、

そんなお洒落なお店には、全く縁がありませんでしたね・・・。


pretzel logic LP


1974年に発表されたスティーリー・ダンの3枚目、『Pretzel Logic』

このアルバム・ジャケットのおっさんは、その「プレッツェル」

売っていたのですね。

日本人の私の感覚でいうと「焼いも屋」のようなイメージを抱いて

おりましたが・・・(笑)。


OASI-Zがアメリカのロック・バンドで、最初に買ったLPレコードが、この

アルバムでした。(その次がレーナード・スキナードだったかな・・・)


このアルバムには、彼らの最大のヒット曲である 「リキの電話番号」

が収録されているのですが、当時中1だったOASI-Zは、ファンキー・

ジャズ・ミュージック
を理解出来ない、おこちゃまだったので(苦笑)

イントロがホレス・シルヴァーからの引用と言われている、この曲より

乾いたポップ感に溢れた「気どりや」 とか、「バリータウンから来た

男」
を、好んで聴いておりましたね~。



Any Major Dude Will Tell You/Steely dan


Barrytown/Steely dan


このアルバムの後、ツアーよりもスタジオでのレコーディング活動を

重視したバンドの方針に反発した、オリジナル・メンバーでギターの

ジェフ“スカンク”バクスターが脱退。(ドゥービー・ブラザーズへ)

ツアーから解放された、ドナルド・フェイゲンウォルター・ベッカー

は、緻密なスタジオ・グループとして、後世にその名を轟かす一歩を

踏み出したのでした。

ただ個人的には、完全無欠ではなくてもリラックスして聴く事が出来る

この 『さわやか革命』 とか、次の 『うそつきケティ』 なんかの方が

親密感があって、思い入れがあるんですけどね・・・。



スポンサーサイト



THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース