カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1974

1974年(昭和49年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私はこの年、中学1年生。夏は野球部、冬はスキー部に所属し北海道の
大地で青春を謳歌しておりました。

そしてロックの方も、部活動の傍ら ラジオとロック雑誌から情報を得て
積極的に聴いておりました。中でも、このブログにも何回か登場している
中学の英語のミウラ先生との出会いは、とても大きなものでした。

ミウラ先生の家には膨大なレコードが有り、度々遊びに行っては高級な
音響設備でレコードを聴かせていただいたり、カセット・テープに録音を
してもらったり、逆にミウラ先生が所有していない、新しいアーティストの
レコードを持って行くなど、先生との交流を深める中で、ロックの知識を
蓄積して行く事が出来たのは、本当に幸運だったと思います。

ここで紹介させていただいた、ピンク・フロイド『おせっかい』 の中
「エコーズ」 を聴かせていただいた時の 「脱力感」「満足感」 は、
一生忘れる事は無いでしょう。

という事で、1974年のOASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」、先ずは
20位から11位までの発表です。

20位 ライヴ/ロッド・スチュワート&フェイセズ
(Coast to Coast: Live/Faces)
19位 イッツ・オンリー・ロックン・ロール/ザ・ローリングストーンズ
(It's Only Rock'n'Roll/The Rolling Stones)
18位 恋の自己顕示/スパークス
(Propaganda/Sparks)
17位 ハンバーガー・コンチェルト/フォーカス
(Hamburger Concerto/Focus)
16位 眩惑のブロードウェイ/ジェネシス
(The Lamb Lies Down on Broadway/Genesis)
15位 461オーシャン・ブールバード/エリック・クラプトン
(461 Ocean Boulevard/Eric Clapton)
14位 ロックンロール黄金時代/モット・ザ・フープル
(The Hoople/Mott The Hoople)
13位 未来から来たトッド/トッド・ラングレン
(Todd/Todd Rundgren)
12位 永遠の不安/ウィッシュボーン・アッシュ
(There's The Rub/Wishbone Ash)
11位 バッド・カンパニー/バッド・カンパニー
(Bad Company/Bad Company)

20位~11位の順位を見ると、ロックン・ロール・バンドが大挙ランク・イン。
20位は、フェイセズの魅力をたっぷり楽しめるライヴ。因みにこの時の
ベースは日本人の山内テツ19位ストーンズは、ミック・テイラー
在籍時最後の作品。14位は、マイ・フェイヴァリットの「土曜日の誘惑」
を収めたモット・ザ・フープルが。そしてポール・ロジャースが率いる
スーパー・バンド、バッド・カンパニーのデビュー・アルバムが11位に。

17位~16位は、プログレ勢がランク・イン。マイ・フェイヴァリット・ナンバー
「ハーレム・スカーレム」を収めた、フォーカス17位。カリスマ的な
ステージ・パフォーマンスで人気の、ピーター・ガブリエル在籍のラスト・
アルバムとなった2枚組のジェネシス16位

ボブ・マーリィのカバー曲、「アイ・ショット・ザ・シェリフ」が大ヒットの
エリック・クラプトン15位、メンバー・チェンジ後、アメリカ志向が強く
なったウィッシュボーン・アッシュ12位

そして、変態兄弟による屈折ポップのスパークス18位、屈折ポップ
の中に「Dream Goes on Forever」「The Last Ride」という2曲
の名曲を収録したトッド・ラングレン13位

それでは、14位モット・ザ・フープル「土曜日の誘惑」13位
トッド・ラングレン「ザ・ラスト・ライド」、2曲続けてどうぞ。


Roll Away The Stone/Mott The Hoople


The Last Ride/Todd Rundgren


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。