FC2ブログ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

OASI-Zが選ぶ10枚の名盤⑦ キング・クリムゾン 『レッド』

RED.jpg

約1年半ぶりの「10枚の名盤」企画も、数えて7枚目になりました。

今回、取り上げる作品は1974年に発表された、キング・クリムゾン
実質的なラスト・アルバムとなった 『レッド』 です。
(80年代の再結成クリムゾンは、同じバンド名を語った別バンド(笑))

キング・クリムゾンの代表的なアルバムと言えば、1stの所謂 『宮殿』
或いは 『太陽と戦慄』 あたりになるのでしょうが、この「10枚の名盤」
企画は、あくまでも「リアルタイム、またはそれに近い状態で聴いた
アルバム」
に、こだわって選んでいますので、クリムゾンの作品で唯一
リアルタイムで聴いた、このアルバムを選ばせていただきました。
(だからさ~、ディシプリンを作ったのは別のバンドなんだって!!)

ラスト・アルバムにして、初めてメンバーの顔写真をジャケットに採用。
そして裏ジャケットでは、メーターがレッド・ゾーンを指している事から
「バンドとして死力尽くした、終局を意味する」と 言われたアルバム
でした。

メンバーは ロバート・フリップ(G)、ジョン・ウェットン(B,Vo)、それに
ビル・ブラッフォード(Ds)という、ジャケット写真の最強の三人。そして
ゲストにデヴィッド・クロスメル・コリンズイアン・マクドナルドといった
以前のメンバーが集結。そういう意味でも総括的なアルバムになる事は
作品を作っていく中で、フリップの頭の中には有ったのだと思われます。

先ずは1曲目のタイトル・チューンで、インストゥルメンタル・ナンバーの
「レッド」 をお聴き下さい。


Red/King Crimson

続きを読む

スポンサーサイト



THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース