カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1977

1977年(昭和52年)というと、皆さんは何をされていたでしょうか?

私はこの年から高校生になり、「勉強を一生懸命頑張る学生」を目指していた
ものの、1年生の最初の中間テストの順位に愕然とし、勉強はほどほどにして
部活で頑張る事にしました(爆)。

部活は、中学時代からやっていた野球部に所属。一応、形の上では甲子園
目指していたのですが、部員の数もままならない野球部では「夢のまた夢」

一応、シーズン中は髪の毛は「五分刈り」にしていたのですが、オフシーズン
は自由に髪の毛も伸ばせるという、今話題の「体罰」とは無縁のゆるい部活
でした。

そんなゆるさも有って、1年生の3月末~4月最初に実施される「修学旅行」
では、調子に乗って「パーマをかける」という青春ドラマさながらの、暴挙を
敢行。

しかし、青春ドラマのストーリーと同様に、野球部の顧問の先生に注意を受け
目論見は見事に失敗。
結局、シーズン中よりも更に短い「五厘刈り」で修学旅行に行く羽目になった
のです。(←お前は峯岸みなみか!?)

あの修学旅行の写真を見る度に、胸がキュンと痛むOASI-Zなのでした・・・。


という事で、1977年のOASI-Zが選ぶ「アルバム・ベスト20」、先ずは
20位から11位までの発表です。


20位 噂/フリートウッド・マック
(Rumours/Fleetwood Mac)
19位 雨のシルエット/キャメル
(Rain Dances/Camel)
18位 愛ゆえに/10CC
(Deceptive Bends/10cc)
17位 悪夢の惑星/ユートピア
(Oops! Wrong Planet/Utopia)
16位 果てしなき反抗/ジャパン
(Adolescent Sex/Japan)
15位 チープ・トリック/チープ・トリック
(Cheap Trick/Cheap Trick)
14位 ヨーロッパ特急/クラフトワーク
(Trans-Europe Express/Kraftwerk)
13位 ドンファンのじゃじゃ馬娘/ジョニ・ミッチェル
(Don Juans Reckless Daughter/Joni Mitchell)
12位 ドロー・ザ・ライン/エアロスミス
(Draw the Line/Aerosmith)
11位 究極/イエス
(Going for the One/Yes)


20位は、31週に亘って全米アルバム・チャート1位を記録したフリートウッド・
マック
最大のヒット・アルバム。メンバー・チェンジを繰り返し実を結んだ傑作。
ここに来て、DXエディションが最新の全英チャートのベスト3に入る健闘!。

19位は元キャラヴァンのベーシスト、リチャード・シンクレアが加入し弱点
だったヴォーカリストの加入で、サウンドの幅が広がったキャメルの5作目。

18位は、グールドマン&スチュアート二人体制の5cc(笑)になり、すっかり
毒が抜けて良質なバンドに変身した10cc「愛ゆえに」「恋人たちのこと」
ストレートなポップ・ソングと純度100%の「美メロ」で、少しずつ遠い存在に。

17位トッド・ラングレン率いる、ユートピアの4作目がランク・イン。ハード・
プログレ
と言われた過去の作品に比べて、トッド・カラーが強まりポップ寄りに
なったアルバム。超名曲「愛こそ証:Love Is The Answer」収録。

16位は本国イギリスでは、アルバム・ジャケットの酷さからか全く不発。しかし
日本ではデヴィッド・シルヴィアンのヴィジュアルの美しさと、バンド名?で
大爆発したジャパンの、ハードでファンキーな1stアルバム。

15位はイケメン二人と、オヤジ系二人のコントラストも注目を集め、ジャパン
同様に日本で火が付いたチープ・トリックのデビュー・アルバム。コミカルな
風貌のリック・ニールセンのギターが活躍する、「ホット・ラヴ」は痛快。

14位は当初、プログレッシヴ・ロックにカテゴライズされていたドイツのバンド、
クラフトワークがランク・イン。そのエレクトリックなサウンドは、後にテクノ・
ポップ
と呼ばれ、日本でも大人気に。

13位は前作同様、非常に完成度の高い洗練されたジョニ・ミッチェルの9作
目がランク・イン。ベースのジャコ・パストリアスの参加でジャジーでファンキー
な作品に。アナログ盤時代は2枚組、しかしCDは1枚にまとめられ聴き易さUP。

12位は、前作に続きエアロスミス黄金期の作品。このアルバムをレコード屋
のレジ脇にあった試聴用のプレーヤーで、ヴォリューム高めのヘッドフォンで
聴いたタイトル・ナンバーの破壊力にぶっ飛んだ事は、未だに忘れられない。

そして11位は、プログレ・バンドとしてのイエス、最後の作品がランク・イン。
リック・ウェイクマンが復帰し、超ポップになった1曲目のタイトル曲に驚き。
ロジャー・ディーンから、ヒプノシスに替わったジャケットも近未来ポップ。


それでは、16位ジャパン「果てしなき反抗」を、お聴き下さい。


Adolescent Sex/Japan


10位以降のランキングは続きを読むへ・・・

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。