カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Albums Of The Year 1981 後編

大変長らくお待たせいたしまた(えっ!誰も待ってないって?)
「Albums Of The Year 1981」の後編です(汗)。

10位 弱い者いじめ/スパークス
(Whomp That Sucker/Sparks)
Whomp_That_Sucker_-_Sparks[1]

10位は、過去2作が日本では発売されずに虐げられていたスパークスの、3年半ぶり
に日本発売された待望のアルバム。ジョルジョ・モロダー直系のディスコ・ビートは
『No.1 In Heaven』 の頃に比べると幾分控えめで、その分ポップ度が増しました。
ジャケ写のロン(兄)がラッセル(弟)をKOして、両手を挙げているのが痛快(笑)。


Funny Face/Sparks


9位 ゴースト・イン・ザ・マシーン/ザ・ポリス
(Ghost in the Machine/The Police)
Ghost In The Machine

9位は、ザ・ポリスの4枚目の作品。ポリスが本格的に全米進出し、セールス的な
成功を収めた最初のアルバムで、次作 『Synchronicity』 への序章となった作品。
全英1位、全米3位に輝いた「Every Little Thing She Does Is Magic」収録。

8位 ビューティ&ザ・ビート/ゴーゴーズ
(Beauty & The Beat/Go-Go's)
Beauty The Beat

8位は、GO-GO'Sのデビュー・アルバムがランク・イン。全米で6週にわたり1位
を記録した大ヒット作品。因みに女性だけのロック・グループとしては、史上初の
全米1位を記録。私もこの健康的なアイドル・ポップが堪らなく好きでしたぁ
でも、ジャケットのバック・カラーがアナログ盤の時は「青」だったんですが・・・。

7位 ペンギン・カフェ・オーケストラ/ペンギン・カフェ・オーケストラ
(Penguin Cafe Orchestra/Penguin Cafe Orchestra)
21JPjXKmqtL._SL500_AA192_[1]

7位は、ペンギン・カフェ・オーケストラの心が洗われる2ndアルバムが。ポップで
爽やかなメロディと、ヴァイオリン、ビオラ、チェロなどのアコースティックな楽器、
そして効果音などを取り入れながら、民族音楽の要素も持った不思議でとても優しい
音楽を奏でてくれた作品。休日のモーニング・コーヒーが、似合うアルバム。


Air á Danser/Penguin Cafe Orchestra


6位 イースト・サイド・ストーリー/スクイーズ
(East Side Story/Squeeze)
Eastside Story

6位は、エルヴィス・コステロデイヴ・エドモンズが、プロデュースを手掛けた
スクイーズの4作目。良質な“ひねくれポップ&ロックンロール・アルバム”を世に
送り込んだ彼らの「最高傑作」との誉れ高いアルバム。名曲「Tempted」収録。


第5位からは続きを読むへ・・・

続きを読む

スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。