カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心忘れるべからず

Gaucho.jpgDevid BowieEnoThe BeatWings

今日の5曲
1.ヘイ・ナインティーン/スティーリー・ダン・・・Gaucho
2.チェンジズ/デヴィッド・ボウイ・・・Hunky Dory
3.バーニング・エアライン/ブライアン・イーノ・・・Taking Tiger Mountain
4.アイ・コンフェス/ザ・ビート・・・Special Beat Service
5.レット・ミー・ロール・イット/ウイングス・・・Band On The Run


思い起こせば、私のブログもまもなく1周年を迎えます。
今日の気分にマッチした洋楽を5曲聴きながら、「ゆる~く」
綴っていく日記というコンセプトも、1年足らずで崩壊状態に(笑)。
続いているのは「ゆる~い」ところだけという・・・(爆)。

という事で、「今日の5曲」は、「初心を忘れないように」第1回目の
ブログで紹介した5曲を、もう一度取り上げることにしました。

当時は、今のスタイルが出来上がっていなかったので、今思うと
メチャメチャでしたね。
(今も相変わらずメチャメチャなんですけど・・・)

すっかり「歯医者復活」「敗者復活戦」のような気分でお送りします。


Gaucho.jpg

先ず1曲目は、スティーリー・ダンの実質的なラスト・アルバムとも
言える1980年に発表された『ガウチョ』から、「ヘイ・ナインティーン」です。

前作『エイジャ』から約3年の歳月をかけて、莫大な費用と時間を費やした
アルバムで、マーク・ノップラーラリー・カールトン等がギターで参加
しております。

洗練された音楽性と、キャッチーなメロディライン。一音、一音に緻密な
計算が施されたスティーリー・ダンの音楽は、メンバーが次々と脱退して
いくに連れて完成度を増し、ドナルド・フェイゲンウォルター・ベッカー
二人が作り出した「至高の音楽」と呼ぶのに相応しいアルバムが、この
『ガウチョ』だったと言えます。

この「ヘイ・ナインティーン」は、夜景の見えるラウンジなんかで、お酒を
飲みながら聴きたい、究極のアーバン・ナイト・ミュージックです。
(そういうラウンジには行った事がないんですけどね・・・汗)




David Bowie

2曲目は、1971年に発表されたデヴィッド・ボウイの4枚目のアルバム
『ハンキー・ドリー』から、「チェンジズ」です。

ボウイ自身のサックスをフィーチュアした、アコースティック・グラムと
言えるポップなナンバーは、このアルバムの冒頭を飾る曲で、アメリカで
初のヒットとなりました(最高位66位)。

新しい作品を発表する毎に、周囲を驚かせる彼の「変容/Changes」は、
時代を先取りするボウイの先見性と、アーティストとしての奥行きの広さを、
感じさせるものでした。
このアルバムには「Oh! You Pretty Things」「Life on Mars?」「Kooks」など
「珠玉の名曲の宝庫」と言える素晴らしい作品が目白押しで、この後に発表
された『ジギー・スターダスト』への序章とも言える、重要なアルバムでした。

ジャケットの写真も実にグラマラスです。




Eno

3曲目は、ブライアン・イーノの1974年に発表されたソロ転向後、2作目に
あたる『テイキング・タイガー・マウンテン』から、「バーニング・エアライン」です。

ロキシー・ミュージックの面影を残す『ヒア・カム・ザ・ウォーム・ジェッツ』
(なんと、射精の一瞬という意味らしい!?)と、アンビエントの香り漂う
『緑世界(アナザー・グリーン・ワールド)』の間に発表された、イーノの
ヴォーカルが聴ける、実験的でありながらキャッチーで、極めて優れた
ポップ・アルバムが、この『テイキング・タイガー・マウンテン』です。

本当にこの時期のイーノのソロ・アルバムは素晴らしく、『緑世界』
次の『ビフォア・アンド・アフター・サイエンス』までの、4枚の作品は
今聴いても古くなく、「アヴァンギャルド・ポップの不朽の名盤」と言える
作品だと思います。

イーノはその後「環境音楽」の道を歩んで行き、私自身も段々と付いて
行けなくなるのですが、その一方でデヴィッド・ボウイトーキング・ヘッズ
ディーヴォU2、最近ではコールドプレイのプロデュースを手掛けるなど、
彼の音楽的創造力は、留まるところを知りません。




The Beat

4曲目は、ザ・ビート(UK)の1983年に発表されたアルバム『スペシャル・
ビート・サービス』
から、「アイ・コンフェス」です。

1980年代初頭に沸き上がった2トーン・ブームの御三家(スペシャルズ、
マッドネス、セレクター
)に続くバンドで、黒人の割合が一番多かったのが、
このバンドです。(ザ・ビートを入れて2トーン四天王とも言われました)
スカ・ビートを、実にポップなメロディに乗せて歌い上げる「大人のバンド」
のイメージが強く、個人的にはスペシャルズと並んで好きなバンドでした。
そして、このバンドのポップな要素は後に、ジェネラル・パブリック
ファイン・ヤング・カニバルズといったバンドに受け継がれていきます。

調べていて驚いたのですが、このアルバムは1983年の全米チャートで
最高位39位にもかかわらず、年間ランキングで40位になっているんです。
日本では全く売れなかったと思うのですが・・・。
暫く廃盤状態のアルバムですが、再発を期待しています。




Wings

そして、最後の曲は1974年に発表されたウイングスの大傑作アルバム
『バンド・オン・ザ・ラン』から、「レット・ミー・ロール・イット」です。

ここに来て「スーパー・デラックス・エディション」なる、リマスター再発が
話題のこのアルバムは「バンド・オン・ザ・ラン」「ジェット」という、ポールのソロ
史上最強のツートップの後、アコースティック・ナンバーと民族音楽的な(笑)
盛り上がりの2曲を挟み、アナログA面ラストに配されたシンプルで重厚な
リズムを持った、ソリッドなギターリフが印象的なナンバーです。

因みにこの曲のドラムはポール自身が叩いており、あのキース・ムーン
「このドラムは誰が叩いてるのか?」と尋ねられたという有名な話も、残されて
おります。
アルバム製作直前にメンバー2人が脱退し、いわゆる「苦肉の策」としての
ポールのドラムだったわけですが、逆に彼のマルチな音楽的才能を世に
知らしめる結果となったわけです。

ビートルズ解散後、ソロ活動では他のメンバーに遅れを取っていた感が
否めなかったポール・マッカートニーが、内容的にもセールス面でも成功を
収め、自信と輝きを取り戻したアルバムと言えます。





このアルバムは、ビートルズ解散後のポールの作品に辛口だった
ジョン・レノン「傑作」と認めておりました。
そして、このアルバムと次の「ヴィーナス&マース」で、ポールは
ミュージック・シーンの頂点に登り詰めたのです。

しかしポールの人気が最高潮に達すると、それに反比例するかのように
ジョン・レノンが音楽活動から遠ざかっていったのは、なんとも寂しい
限りでした・・・。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。