カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Disc特集(2010年9月~10月)後編

Halcyon DigestRock Dust Light StarHistory of ModernNational RansomOlympia.jpg


【今日の5曲】  ~テーマ『New Disc特集(2010年9月~10月)後編』~

1.メモリー・ボーイ/ディアハンター・・・Halcyon Digest
2.ハーティン/ジャミロクワイ・・・Rock Dust Light Star
3.ニュー・ベイビーズ:ニュー・トーイズ
   /オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク・・・History Of Modern
4.マイ・ラヴリー・ジザベル/エルヴィス・コステロ・・・National Ransom
5.ノー・フェイス,ノー・ネイム,ノー・ナンバー
                /ブライアン・フェリー・・・Olympia



一昨日の天気に誘われて、タイヤの交換をしました。

思い起こせば、昨年の12月半ばの大雪で新潟市内が前代未聞の大渋滞
に巻き込まれました。
何せ、始発から15分の所にあるバス停にもかかわらず、バスが到着した
のが、定刻より1時間30分遅れ
という信じられない事態に。

その主な原因は、突然降った大雪でタイヤの交換をしていなかった車が
雪に嵌って立ち往生したり、ノロノロ運転の為に渋滞を招いたり、更には
朝方の大雪だった為に、除雪車の始動が遅れた事(だったと思います)。

まぁ、向こう1週間の週間予報では「マーク」は出現していないのですが、
「備えあれば憂いなし」という事で、早々に交換しちゃいました~。

タイヤ交換で何が一番イヤかと言うと、夏タイヤを外した後にスタッドレスを
装着する時、5本のボルトにタイヤホイールのねじ穴を、5本同時に差し込む
瞬間ですね~。
タイヤが重くて上手く入らない時は、手はプルプル、血圧上昇で顔は真っ赤、
腰は痛いし、呼吸を整えて再チャレンジも、また失敗に終わる事も・・・(涙)。

加齢と共に、この作業が大変になってきているのですが、これも雪国の宿命。
何せスタンドに頼むと、CD1枚平気で買えるお金がかかりますからね~。


という事で、前置きが長くなりましたが【今日の5曲】は、雪と全く関係無い、
まだまだ暑かった「New Disc特集」(2010年9月~10月)の後編です。



Memory Boy

先ず1曲目は、ディアハンターの2年ぶり4枚目のアルバム
『Halcyon Digest』から、「メモリー・ボーイ」です。

キャリアの中で多くの死に直面しながらも、正面からその事実に向き
合って音楽活動を進めて来たという、へヴィな世界観を持つ彼らですが、
今作は体験してきたそれらの記憶を基に、曲作りを試みたとの事です。
もっとも、歌詞を読まずに(分からない(汗))音だけを聴いている私から
みれば、ポップでノスタルジック、そしてセンチメンタルなメロディが耳に
残るプリミティヴでノイジーなサウンドを、堂々と打ち鳴らすところが、
若いこのバンドの魅力なのだと思います。

個人的には、メディアで大絶賛された前作『Micro Castle』よりも好きな
作品です。
それにしても、ジャケット写真はインパクトありますね~。



Hurtin'

2曲目は、カップヌードルの「腹ヘッタ~」のCMですっかりお馴染みの、
ジャミロクワイの5年ぶり7枚目となる『Rock Dust Light Star』から
「ハーティン」です。

この「ハーティン」は、ジミヘンばりの硬質なギターをフィーチュアした
ファンク・ロック。不健康っぽい(笑)グルーヴが、ハンパなく凄いです。
なんでもジェイ・ケイは、この歌の為にタバコを一日に60本!位吸い、
ウィスキーのボトルを半分空けて、ドスの効いたブルーズ声を意識的
に作り出したとの事です。
他にもキャッチーでポップなのに、どこか切ないメロディ・ラインを持つ
タイトル・ナンバーや、マルーン5よりもソフトでソウルフルなナンバー
等が目白押し。

ジェイ・ケイ(JKと書くと、ちょっとHっぽい(笑))完全復活!と言っても
過言では無い、素晴らしいアルバムだと思います。

History of Modern

3曲目は、オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク(以下
O.M.D.)の実に14年ぶり11作目のアルバム『History Of Modern』から、
「ニュー・ベイビーズ:ニュー・トーイズ」です。

イギリスのシンセ・ポップ・デュオO.M.D.は、'80年代前半に日本でも
一代ムーブメントを巻き起こしたエレ・ポップ・バンドで、私は彼らの
代表曲「エノラゲイの悲劇」1曲で、虜になったしまったのです。
まぁ14年ぶりといっても実際のところは、アンディ・マクラスキー1人
で活動していたので、オリジナルメンバーの二人によるアルバムと
なると、24年ぶりのスタジオ・アルバムという事です。

この「ニュー・ベイビーズ:ニュー・トーイズ」は、昔のO.M.D.そのまんま
の曲でとても嬉しくなります。でも、まさか2010年に彼らの新譜が聴ける
とは、夢にも思いませんでしたね~。


New babies: New toys

National Ransom

そして4曲目はエルヴィス・コステロの1年ぶり、通算なんと30枚目!
のアルバム(ウィキペディア調べ(笑))となる『National Ransom』から
「マイ・ラヴリー・ジザベル」です。

この曲は、カーペンターズでお馴染みの「ソング・フォー・ユー」や、
「スーパースター」
を作り、自身でも「タイト・ロープ」等のヒットを放った
レオン・ラッセルとの共作によるナンバーです。
前作『Secret,Profane&Sugarcane』の延長線上とも言える、カントリー・
フレーバーなアルバムで、プロデューサーも同じT・ボーン・バネット
担当しています。

個人的には2008年に発表した『百福』路線の、痛快なロックンロールが
聴きたいのですが、贅沢は言いません。
コステロの元気な歌声が、今年も聴けただけで満足です・・・。



No Face, No Name, No Number

そして、最後の曲はブライアン・フェリーの3年ぶりのソロ・アルバム
『Olympia』から「ノー・フェイス、ノー・ネイム、ノー・ナンバー」です。

アルバム・ジャケットに、トップ・モデルのケイト・モスを起用するなど、
実にフェリー先生好みのアート・ワーク(笑)。
音の方も、ロキシー・ミュージック『Avalon』や、ロキシー解散後の
ソロ・アルバム『Boys And Girls』辺りの、女性コーラスをふんだんに
使用し、脂が乗っていた全盛期を彷彿させてくれる、すばらしい内容
になっています。
ゲストには、ナイル・ロジャース(シック)、デイヴ・ギルモア(ピンフロ)
を始め、フリー(レッチリ)、ジョニー・グリーンウッド(レディヘ)、更には
ロキシー・ファミリーのフィル・マンザネラアンディ・マッケイ、そして
ブライアン・イーノがシンセサイザーで参加しているという、豪華絢爛。

この「ノー・フェイス、ノー・ネイム、ノー・ナンバー」は、60年代後半~
'70年代前半のブリティッシュ・ロックを代表するバンドの、トラフィック
のカバー。
40年以上前の名曲がポップな息吹を吹き込まれ、見事に蘇りました。

それにしても「煙が目にしみる」「ミッドナイト・アワー」「ジェラス・ガイ」
・・・。フェリー先生のカバー曲は、どれも自分がオリジナルかのような
フェリー・ワールド炸裂の名曲ばかりで、感心してしまいます。

-----------------------------------------------------------

タイヤ交換の時にipodで聴いていたのが、マイ・ケミカル・ロマンス
ニュー・アルバム『Danger Days』。 これなんかも、年間ベスト10に
入ってきそうだな~。あと、キングス・オブ・レオンは・・・・?

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

いやぁ、相変わらずいろいろチェックされていて、凄いっすね♪

しかし、コステロもう30作ですか…結構もってないのあるなぁ…う〜ん

タイヤ交換はホント雪国税みたいか感じで、たまらないっすね…ふぅ

コステロの新作は気になってたんですが...またカントリー・フレーバーですか。カントリーはどうも苦手でして。買わない方がいいですかねえ。

へどろんさん、コメントありがとうございます。

いやぁ、最近のロックの目まぐるしい動きに必死に食らいついているって感じですかね~(笑)。
コステロも34年ぐらいのキャリアで、オリジナル・アルバムが30枚ですから、ほぼ1年に1枚のペースですよね。凄いですねぇ。
この人の創作意欲は、一体どこから湧き出るのでしょうか?

今年は雪が多いのでしょうかね~。
へどろんさんも、タイヤ交換終わりましたか?

カフェブリュさん、コメントありがとうございます。

コステロの新作、前作よりは往年のコステロらしいナンバーもあるのですが、基本的にはカントリー路線。
ただ、ジャズ、シャンソン、カンツォーネなどバラエティに富んだ内容になっています。

でも、初期のポップなロックン・ロールを期待すると肩透かしを食います。
カントリーが苦手なら、見送りが賢明かも知れませんね・・・。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。