カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1七番勝負! ~第4回目「第10回ジャパンカップダート」

炎のG1七番勝負!、第4回目の今週は「第10回ジャパンカップダート」です。

私が毎週、余りにも的確に外すので(汗)、馬券購入前にここを覗いてから、
OASI-Zの買い目を避けた馬券を購入をする・・・と言うコアな競馬ファンに、
絶大な支持をいただいているコーナーです(爆)。

先週の「内藤大助VS亀田興毅」の一戦をご覧になった方も多いと思います。
あの試合を見て強く感じたのは「気負ってはダメ。力を抜いて平常心で臨む」
という事が、勝負にはとても重要であるという事です。

「当てたい」「当てよう」という気持ちが強いと、馬券は当たりません
「外れてもいいんダヨ」「有馬記念まで7連敗しましょうか?」という
謙虚な気持ちで、今日は臨みます。それが“佐々木希”なのです・・・。

訳がわからなくなって来たので(汗)、結論に行きしょう。

【結論】
◎メイショウトウコン
◯ヴァーミリアン
▲マコトスパルビエロ
△エスポワールシチー
注 ティズウェイ


本命は「燃える闘魂」メイショウトウコンです。
昨年の2着馬なのに、この低評価はなんなのでしょう?
なにせ昨年は、今年の2番人気ヴァーミリアンに先着してるんですから。
巷では流行語大賞の「政権交代」にあやかって、3歳馬の躍進を唱える
声も有りますが、ここでは古馬を上位と見ます。

まぁ、本命をエスポワールシチーや、ヴァーミリアンにして「守り」に徹していれば
「当たる確率」も高くなりそうですけどね~。

あくまでもカウンター狙いでは無く、今回も「攻め」の姿勢で臨みます。
(じゃあ、内藤と同じ結果になるんじゃないのかよ!)


【レース後の反省文】

【レース結果】
1.エスポワールシチー
2.シルクメビウス
3.ゴールデンチケット
4.サクセスブロッケン
5.アドマイヤスバル

エスポワールシチー、完勝でした。
最後の直線は、佐藤哲ジョッキーがターフビジョンを見る余裕すら
ありましたからね~。
2着、3着の馬が追い込んで来た馬だけに、先行して押し切った
この勝ち方は、本当に強い!の一言です。
「政権交代」の波は、競馬界にも押し寄せたようですね。

・・・と、いつも通り他人事のように分析させていただきましたが、
私のメイショウトウコンは、3コーナー過ぎから大外ブン回して
直線入口では「おぉっ」と思わせてくれました。
関西テレビの馬場アナも「外からメイショウトウコン!」
と一瞬叫ぶ場面もあったのですが、最後は同じ位置の隣にいた
シルクメビウスに、完全に突き放されてしまいました・・・。

これで、4連敗。幕下力士だと負け越しが決まってしまいました(涙)。
三段目に落ちないように、残り3戦ぐわんばりま~す(←自棄気味に)

関連記事
スポンサーサイト

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。