カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤盤・青盤企画③ T.REXの巻 【前編】

T-REX.jpgElectric WarriorThe SliderTanx.jpgZinc Alloy And The Hidden Riders Of TomorrowBolans Zip GunFuturistic DragonDandy In The Underworld

ビートルズの「赤盤」「青盤」に対抗して、そのアーティストの既存のベスト盤を
「赤盤」とし、そのベスト盤に未収録の隠れた名曲の中から、OASI-Zが選んだ
『裏ベスト』「青盤」として、その「青盤」を作ってみよう、という企画の第三弾は
T.レックスです。

既存のベスト盤「赤盤」は、『The Slider』以前のヒット曲を集めたベスト盤
『Bolan Boogie』(1972年)と、『The Slider』以降の『Metal Guru』(1981年)
というベストアルバムです。

Bolan Boogie
【赤盤】Bolan Boogie
1. Get It On
2. Beltane Walk
3. The King Of The Mountain Cometh
4. Jewel
5. She Was Born To Be My Unicorn
6. Dove
7. Woodland Rock
8. Ride A White Swan
9. Raw Ramp
10. Jeepster
11. Fist Heart Mighty Dawn Dart
12. By The Light Of The Magical Moon
13. Summertime Blues
14. Hot Love

TREX.jpg
【赤盤】Metal Guru
1. Metal Guru
2. Celebrate Summer
3. Tame My Tiger
4. Born To Boogie
5. City Port
6. Thunderwing
7. The Slider
8. Solid Gold Easy Action
9. 20th Century Boy
10. To know You Is To Love You
11. Teregram Sam
12. Children Of The Revolution
13. Do You Wanna Dance
14. Life's An Elevator
15. Teenage Dream
16. The Groover

【青盤】T.REX  A-side
1. Jitterbug Love/Single:B-side
2. Mystic Lady/The Slider
3. Summer Deep/T Rex
4. Once Inch Rock/T Rex
5. Life's A Gas/Electric Warrior
6. Sunken Rags/Single:B-side
7. Ballrooms Of Mars/The Slider
8. Highway Knees/Tanx
9. Chariot Choogle/The Slider
10. Cosmic Dancer/Electric Warrior


Children Of The Revolution

1曲目は、シングル「Children Of The Revolution」のB面に収められていた
「Jitterbug Love(ジルバの恋)」です。(1972年)
この曲はT.レックスの山ほどあるベスト盤・編集盤の中でも、最も有名な
『Great Hits』に、しっかり収録されているのですが(汗)、逆に言うと
何故にこの曲がシングルのB面なのか?理解に苦しむ位、スリリングで
疾走感溢れる、キャッチーなポップ・テイストに満ちた名曲だと思います。
結局「Children Of The Revolution」は全英2位止まり。この曲をA面で
シングル・カットしていたら、当時の勢いなら全英1位だったんじゃないか
と思うんですけどね~。


The Slider

2曲目は、アルバム『The Slider』からトニー・ヴィスコンティのストリングス・
アレンジが絶妙な「Mystic Lady」です。(1972年)
リンゴ・スターが撮影したと言われるこのLPジャケットを、当時の女性ファンは
手に携えながら街を歩いていたという位、人気絶頂期のアルバムです。
因みに以前にも書きましたが、このアルバムはOASI-Zが初めて買った
「ロックのアルバム」なのです。


T-REX.jpg

3曲目、4曲目はいわゆるティラノザウルス・レックスからT.レックス
名前を変えた後の1970年発表のセルフ・タイトル・アルバムからの選曲で、
2曲ともマーク・ボランのヴィブラート・ヴォイスが冴え渡ります。
ティラノザウルス・レックスのラスト・アルバムから参加したミッキー・フィン
マーク・ボランの息もぴったり合って参りました。
因みに「Once Inch Rock」はエレクトリック・ヴァージョン。


Electric Warrior

5曲目は1971年発表の『Erectric Warrior(邦題:電気の武者)』から、
「Life's A Gas」です。
前作は、未だ少しティラノザウルス・レックス時代の香りを残した作品でしたが、
このアルバムからは、本格的にエレキ・ギターが使用されました。
また、ブギのリズムも絶好調でアルバムに収録された「Get It On」は、全英
チャートで3週連続1位を記録するマーク・ボランにとって、最大のヒット曲と
なりました。
しかし、この「Life's A Gas」はエレクトリック・ブギでは無く、アコースティックな
ナンバー。心に響く名曲です。


Children Of The Revolution

6曲目の「Sunken Rags」も、1曲目の「Jitterbug Love」と同様にシングル
「Children Of The Revolution」のB面に収められていたナンバーで、この曲
もB面にはもったいない位のポップ・チューン。
本当にこの「Children Of The Revolution」のシングルは、AB面併せて3曲
とも内容の濃い楽曲で、お得感があったなぁ~。




7曲目は、再び『The Slider』から「Ballrooms Of Mars」です。(1972年)
歌詞にボブ・ディランや、ジョン・レノンが登場する事でも有名な曲ですが、
ティラノザウルス・レックス時代を思い起こさせる、マーク・ボランの美意識
と世界観が、最も的確に表現されている名曲です。

T.レックスのアルバムのキモは、この「陽」「陰」の対比に有ると考えます。
派手な銀ラメのスーツを身に纏い、煌びやかなブギーのポップ・アイコンを
演じるマーク・ボランは虚構の姿であり、マークの本質的な部分というのは
このようなダークな曲、強烈な抒情性にあるように思えてなりません。

『The Slider』の中から「1曲だけ聴く」としたら、迷わずこの曲を選びます。


Tanx.jpgThe SliderElectric Warrior

8曲目は、1973年に発表されたアルバム『Tanx』から、メロディアスな
ナンバーで「Highway Knees」
この『Tanx』には何故か、シングル・カットされて大ヒットした「Children Of
The Revolution」
「Solid Gold Easy Action」も収録されず、またジャケット
写真も地味な印象を与え、個人的には物凄く期待はずれの作品でした。

9曲目は、『The Slider』から、マーク・ボラン自身がアルバムの中で
一番気に入っていると言った、ハードなナンバーで「Chariot Choogle」
「ハッピー・トゥゲザー」のヒットを飛ばしたタートルズハワード・ケイラン
マーク・ヴォルマンのコーラスが、ボランのヴォーカルを圧倒するほどに
存在感を発揮しています。

そしてA面ラストの10曲目は、『Erectric Warrior』から、ストリングスが
美しい「Cosmic Dancer」です。(1971年)



生まれた時から 僕は踊っていた 
早すぎると思うかい
僕は死ぬまで踊り続けた
生まれた時から 
皆の気を引こうとしていた  (Cosmic Dancer)


きっと、マーク・ボランレスポールを携えながら、ブギのリズムに
腰を振りながら、生まれて来たのだろう。
そして、皆の気を引いて夢にまで見たトップ・スターの座を獲得した。

しかし、その栄光は3年と続かなかったのです・・・。

【後編(B面)へ続く】

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

良いですね、この企画!!因みに俺は【エレクトリック・ウォリアー】の中では、わりと形見の狭い思いをしている(笑)『ガール』とかラストの『リップ・オフ』とかが最近気に入ってます。『リップ・オフ』を聴くとなぜかジョン・レノンのイメージが重なってしまう・・・。

ロック仙人TFさん、コメントありがとうございます。

確かに「Rip Off」なんかは、ジョン・レノンの狂気のヴォーカルが重なりますし、「Lean Woman Blues」のギターとかも、ジョンを思い起こさせますね~。

T.レックスは、以前ならアルバムの中のヒット曲を中心に聴いていたのですが、アルバムの中には結構、隠れた名曲が潜んでいて、探すのは新鮮で楽しいもんです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

glitter! spangle! dazzling!~T-.REX/GREAT HITS~

こんばんは!! 2月が28日までしかないということに今更ながら猛烈な焦りを感じている煌砂です(笑)

LOVE・名盤名ジャケ⑤~T.Rex/Slider~

この企画も第5回を迎えることとなりました。 まだまだ秋ですから、張り切っていきたいと思います!!
oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。