カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤盤・青盤企画③ T.REXの巻 【後編】

T-REX.jpgElectric WarriorThe SliderTanx.jpgZinc Alloy And The Hidden Riders Of TomorrowBolans Zip GunFuturistic DragonDandy In The Underworld

ビートルズの「赤盤」「青盤」に対抗して、そのアーティストの既存のベスト盤を
「赤盤」とし、そのベスト盤に未収録の隠れた名曲の中から、OASI-Zが選んだ
『裏ベスト』「青盤」として、その「青盤」を作ってみよう、という企画の第三弾は
T.レックスです。

既存のベスト盤「赤盤」は、『The Slider』以前のヒット曲を集めたベスト盤
『Bolan Boogie』(1972年)と、『The Slider』以降の『Metal Guru』(1981年)
というベストアルバムです。

青盤・後編の今日は、5thアルバム~ラスト(8th)アルバムからの曲を集めた
Side-Bです。
【青盤】T.REX
Side-A
1. Jitterbug Love/Single:B-side
2. Mystic Lady/The Slider
3. Summer Deep/T Rex
4. Once Inch Rock/T Rex
5. Life's A Gas/Electric Warrior
6. Sunken Rags/Single:B-side
7. Ballrooms Of Mars/The Slider
8. Highway Knees/Tanx
9. Chariot Choogle/The Slider
10. Cosmic Dancer/Electric Warrior
Side-B
1. Truck On (Tyke)/Single:A-side
2. Venus Loon/Zinc Alloy And The Hidden Riders Of Tomorrow
3. Change/Zinc Alloy And The Hidden Riders Of Tomorrow
4. Light Of Love/Bolan's Zip Gun
5. Zip Gun Boogie/Bolan's Zip Gun
6. New York City/Futuristic Dragon
7. Chrome Sitar/Futuristic Dragon
8. The Soul Of My Suit/Dandy In The Underworld



アンダー・グラウンドなティラノザウルス・レックスから、T.レックスに名前を
変えて『電気の武者』『ザ・スライダー』と勢い良く昇ってきた太陽が、この辺り
から同じ太陽でも「沈む太陽」となって、水平線に向かっていく事になります。

もっとも、そう感じるのは悲しい最期を知っているからかもしれませんが・・・。




11曲目は1973年暮れにシングル・カットされた「Truck On (Tyke)」です。
「脱グラム・ロック」を宣言し、リ・スタートにあたる作品。
トレード・マークの長髪をバッサリ切って、ショート・カットにイメージ・
チェンジ。体型もいつの間にか太めになり、かつての妖艶でグラマラス
な面影が、すっかり失われてしまった衝撃的な写真を当時の音楽雑誌
で見つけて涙ぐんだものです。

更に「Ride A White Swan」から11曲連続で続いた全英チャート、トップ10
入りの記録も遂に途絶え(最高位12位)、悲しい思い出ばかりが残る曲と
なりました。


Zinc Alloy And The Hidden Riders Of Tomorrow

12、13曲目は1974年に発表された、Zinc Alloy And The Hidden Riders
Of Tomorrow
(邦題:ズィンク・アロイと朝焼けの仮面ライダー)
から、
「Venus Loon (ヴィーナスの美少年)「Change (変革はお陽様の如く)です。
アルバムに収録された殆どの曲に、ヘンテコな邦題が付けられていた
グラム・ロックのブームが去った後のアルバムですが、後期の代表作と
なる「Teenage Dream」も収録されており、なかなかの意欲作だと思います。

尚、このアルバムから後に結婚して交通事故を引き起こす、運命の女性
グロリア・ジョーンズが参加しています。
また、トニー・ヴィスコンティとはこのアルバムが最後の仕事となりました。




Bolans Zip Gun

14、15曲目は、1975年に発表された『Bolan's Zip Gun(邦題:ブギーの
アイドル)
』 から 「Light Of Love」「Zip Gun Boogie」 です。
特に「Light Of Love」は、OASI-Zの記憶では日本の洋楽チャートで、最後
のトップ10ヒットとなったはずです。しかし、良く出来たポップ・ソングである
にもかかわらず、魔法がとけてしまった為に思うようなチャート・アクションは
記録出来ませんでした。
「熱しやすく、冷めやすい」とは良く言ったもので、あれだけ全英と日本を
加熱させたT.レックス(マーク・ボラン)の人気は失速し、既に「過去の人」と
いうイメージが定着してきた、痛々しさを感じる作品です。

尚、このアルバムを最後に長年のパートナーであった、ミッキー・フィン
去る事になります。




Futuristic Dragon

16、17曲目は『Futuristic Dragon(邦題:銀河系よりの使者』)』から
「New York City」「Chrome Sitar」(1976年)。
妻になったグロリア・ジョーンズの影響からか、ソウルっぽい作品が
目立つ作品です。

この頃のマーク・ボランは、TV番組の司会者の仕事をしながら存在感を
発揮していたようです。しかし、番組内で新進気鋭の若手ミュージシャンを
紹介する時の気持ちって、どんな感じだったのだろう・・・。


Dandy In The Underworld

そして、ラスト18曲目は1977年発表の『Dandy In The Underworld
(邦題:地下室のダンディ)
』から、「The Soul Of My Suit」です。
マークの体型も以前のスリムな身体にシェイプ・アップされ、ジャケットの
写真もシャープな顔立ちになっています。
このアルバムには収録されていませんが、結果的に最後のシングルと
なった「セレブレイト・サマー」を聴くと、往年のマーク・ボランのメロディ・
メーカーぶりが存分に発揮されており、再起に向けて準備が着々と進め
られていた様子が伺えます。

それにしても、アンダー・グラウンドな世界に嫌気をさして、華やかなグラム・
ロックのトップ・スターに上り詰めたマーク・ボランが、お金も名誉も何もかも
手に入れた後、「これからは自分の好きな事をやる」と言って、自分自身の
スタート地点であるアングラな世界に、「地下室のダンディ」として戻って
来たのは、必然だったのかも知れません。


生前、「30歳まで生きられないだろう」と語っていたマーク・ボラン
その30歳の誕生日の2週間前、お酒を飲んでいたマークは、妻・グロリアが
運転する車の助手席に乗り込み、自宅近くまで来た時に運転ミスから道路
脇の大木に突っ込んで、マークだけがこの世を去ってしまいました。
この時、グロリアもお酒を飲んでいたというのが、なんとも悔やまれます。

MarcGloria.jpg

余談ですが、OASI-Zが男性ロック・アーティストに対して、アイドル的な
憧れの気持ちを抱いたのは、後にも先にもマーク・ボランただ一人です・・・。


関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

こんばんは!
先ほどは、コメントにトラックバックに、お世話になりありがとうございましたm(__)m

ところで!!
マーク・ボランが「脱グラム・ロック」宣言をしていたなんて、全然知りませんでした。
グラムって、ビジュアル面ではなく音楽の性質でいうとどんなものなのか未だにわかっていないので(あんだけblogで好きって書いてたのに他人に説明できない・笑)、今までT.Rexは全部グラムロックとして受け止めていました。

マーク・ボランは本当に残念なことに早くに亡くなってしまいましたが、もし今も生きていて音楽活動を続けていたら、どんな音楽をやっているのかな…。
でももし生きていたらこんなに好きにならなかったかもしれません(笑)

煌砂さん、コメント&トラバ、ありがとうございます。ちゃっかり、リンクもさせていただきましたぁe-454

グラム・ロックって音楽性は多様で、画一的なものは無かったと思います。
まぁ、基本的にはシンプルなロックン・ロールなんでしょうけど、発想やファッションに共通のものを持ったムーヴメントでしたね。

まぁ、乱暴に言うと71年~73年頃に男性が顔に化粧をして(例外:スージー・クワトロ)、派手なファッションを身にまとい、ヒールの高いブーツを履いてシンプルなロックを演っていれば、みんな「グラム・ロック」にカテゴライズされたんじゃないでしょうか?
ジャパンやキッスも、もう少しデビューが早ければ、グラム・ロックといわれていたでしょうね~(笑)。

マーク・ボランが生きていれば・・・。
う~ん、中年太りで白髪?(または薄毛?)
やっぱり、考えたくないですね(笑)。
永遠になったからこそ、色々と想像を巡らすのが楽しいのかも知れませんね~(^^♪。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。