カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出の名曲アワー①【僕のコダクローム/ポール・サイモン】

Paul Simon

今日から始まる新企画「思い出の名曲アワー」です。
記念すべき第1回目は、1973年のヒット曲でポール・サイモン
「僕のコダクローム/Kodachrome」です。

当時OASI-Zは小学6年生、FMラジオでエア・チェックをする事を
こよなく愛した、何処にでもいる普通の少年でした。

そんなOASI-Z少年が、当時好きだった曲がポール・サイモン
「僕のコダクローム」でした。
キャッチーなメロディに、見事なアレンジ。
ポップ・ミュージックの楽しさと、素晴らしさを教えてくれた1曲でした。

全米のみならず、当然の事ながら日本でも大ヒット。OASI-Z少年は
ラジカセでFM放送を聴きながら、この曲がかかったら録音する
体勢を整えながら、いつもラジオの前でスタンバッていたのです。

当時エアチェック出来るOASI-Zお気に入りの番組としては、日曜日の
18:00~19:00にNHK-FMでオンエアされていた「リクエスト・コーナー」
と北海道ローカルのNHK-FMで、18:00~19:00にオンエアされていた
「夕べのひととき」等といった番組が有りました。

しかし「僕のコダクローム」は、一向にラジオから流れませんでした。
3週間待ち続けても、曲はかからなかったので「誰もリクエストする
人がいないのだろうか?」と思い、競争率の低い北海道ローカルの
「夕べのひととき」に、自分でハガキにこの曲のリクエスト書いて
送ったのです。(それ迄、何回かリクエストが読まれた事があった)

それでも1週間が経ち、2週間が過ぎても「僕のコダクローム」は、
番組でかかる事は有りませんでした。

「どうして、こんなにヒットしている曲がかからないのか?」
OASI-Z少年の、番組に対する不信感と、不安感は高まる一方でした。

それから少しして「コダクロームはフィルムメーカーの商品名」
いう事を知り、NHKではこの曲をかける事が出来ない事が判明。
(歌詞の中にもニコンカメラが、登場する)

結局OASI-Zがこの曲を録音する事が出来たのは、中学1年になって
英語のミウラ先生(以前、ピンク・フロイドの「おせっかい」で登場)が、
所有していた、この曲を含む大ヒットアルバム『ひとりごと』を貸して
もらってからの事になります。
(↑そんなに好きなら自分でシングル買えよ!と言わないで・・・)


少女時代か?

ポール・サイモン「僕のコダクローム」は、純情で純朴な小学生が、
日本放送協会(NHK)という巨大な国家権力の前に、ひれ伏すしか
なかった、ホロ苦い青春時代の「思い出の名曲」なのです。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:今日の1曲 | GENRE:音楽 |

COMMENT

いいすね。新企画!!なんか新しいシリーズってウキウキしますね。でも、あんまり増やすと俺みたいに収集つかなくなるのでご用心!!ポール・サイモンは【グレースランド】までは追いかけてました。このアルバムでは『サムシング・ソー・ライト』が一番好きかな?

ロック仙人さん、コメントありがとうございます。

このアルバムからは「コダクローム」の他にも「ママはご機嫌(母からの愛のように)」とか、「アメリカの歌」といった大ヒット曲が次々と生まれましたが、その一方でロック仙人さんが言う「サムシング・ソー・ライト」のような、S&G時代を思い起こさせるドリーミーな名曲が収録されている事が、素晴らしいですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。