カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログレッシヴ・ロック春期特別講座(たかみひろし編)

Van Der Graaf GeneratorCamel Rain DancesWindchase.jpg

1970年代のプログレッシヴ・ロックの全盛期~後期、購入するのは
値段の安い輸入盤が中心でしたが、たまに日本盤を買うとライナー
ノーツを書いているのが、かなりの確率で「たかみ ひろし」氏。

この人のライナー読むと感じるのは「マジメな人なんだろうなぁ」と
いう人間性。

とにかくライナーノーツの構成がパターン化しているのです。

①先ず「まえがき」「プロローグ」を書く
②次にそのバンドの歴史やメンバーのプロフィールを書く
③1曲1曲の曲目解説をする
④最後に「あとがき」「エピローグ」で締める


律儀にも毎回このパターンが多いようです。そして、内容的には常に
「褒めちぎる絶賛型」であり、否定的な意見はまず見当たりません。
私と同じ「優柔不断」「八方美人」タイプと思われます(笑)。

そこで、問題です。
次の「たかみひろし」氏が書いたライナーが、どのアーティストの
どのアルバムのものか下の選択肢から選びなさい。



1)「ますますタイトで、なおかつ聴き易さをモットーに誰でも
楽しめるアルバムだ。駱駝は急がず、のんびりと、しかし
確実に歩み続けている・・・のだ!」

2)「○○○○(バンド名)」・・・。君はこの美の仕掛け人たちに
どんなイメージを持ったろうか?僕はそのジャケットのシンボル・
マークより、さしずめ「限りなく哀愁に近いブルー」といったところ
かな。Bye Now!

3)時には優しく穏やかに、時には厳しく攻撃的に、妥協を許さぬ
高度な音楽性・・・。英国一のインテリ・バンド「○○○○発電機」
遂に登場!



①ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレイター「ゴッド・ブラフ」
②ジェントル・ジャイアント「フリー・ハンド」
③セバスチャン・ハーディー「ウィンドチェイス」
④キャメル「レインダンス」
⑤ネクター「リサイクルド」



「はい、この問題がわかる人?」

「ハイ? 3)がブルーノ・サンマルチノ?」 ブー

あれは「人間発電所」であって、「人間発電機じゃないからね!

「ハイ? 1)が聴き易さをモットーで、モットー・ザ・フープル?」 ブー

「ハイ? 1)が聴き易さをモットーで、まんぷくのり弁当?」ブー

それは「ほっともっとだからね!
 
「エッ? 1)が聴き易さをモットーで、財津一郎のタケモトピアノ?」ブー

それはもっと、も~っと、タケモット。電話してちょうだい!!」


【回答と解説】

1)→ ④キャメル「レインダンス」
2)→ ③セバスチャン・ハーディー「ウィンドチェイス」
3)→ ①ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレイター「ゴッド・ブラフ」


1)これは文章の中の「駱駝」に注意すれば、比較的簡単に解けたはず。
先日リンク先のロック仙人さんのブログでも、取り上げられておりました
キャメル『Rain Dances(邦題:雨のシルエット)』は、1977年発表
の通算5枚目のアルバム。
曲はヴォーカル入りの曲で「Uneven Song(心のさざ波)」です。




2)これは少し難しかったかもしれませんが、ポイントになるのは
「ジャケットのシンボル・マーク」という点です。
このアルバムはオーストラリアのバンド、セバスチャン・ハーディー
超傑作『哀愁の南十字星』に続く、1976年に発表された2ndアルバム 『WindChase』 から、曲は「ハロー・フィミスター」です。
相変わらず、マリオ・ミーロのギターが泣いてます




3)「優しく」という言葉に、一瞬ジェントル・ジャイアントと間違えそう
になりますが、「発電機」と言うバンド名で、ヴァン・ダー・グラーフ・
ジェネレイター
(以下VDGG)である事が解ります。
曲は『GodBluff』より、「アンダー・カヴァーマン」です。
ピーター・ハミルのカリスマ性を感じるヴォーカルに圧倒されます。

このアルバムは1976年に発表された、VDGGの日本でのデビュー
アルバム。日本でのリリースに際しては、たかみひろし氏が相当、
尽力したようです。




関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

今回のノミネートもグッドですね。こっちは今日久々にイタリアンな午後でしたぁ~。たかみひろし、俺もけっこう持っていそうだな。ライナー見てみようっと!!

ロック仙人TFさん、いつもコメントありがとうございます。

いやぁ~、ロック仙人さんって本当に「オールラウンド・プレイヤー」なんですね~。
引き出しの広さには、つくづく感心させられます。
プログレ日本盤の比較的マイナー?(マニアック?)なバンドのライナーノーツは、このたかみ先生が結構書いているようです。是非、所有されているアルバムをチェックしてみて下さい。

イタリアンですか・・・。
PFMでも聴きながら「ミラノ風ドリア」が食べたくなりました(笑)。

お邪魔します。
クイズの答えは、そうですね。
調べてから、解答します(笑)

最近プログレは、
あまり、購入しなくなりましたね。
北欧から南米まで、手を伸ばし過ぎて。
収拾がつかなくなりました。
ブラジルでは「ドグマ」なんてい言う
プログレ・バンドは、拾い物でしたよ。

tone toneさん、いつもコメントありがとうございます。

私はプログレを買うどころか、聴く事さえ最近はなくなってしまいました(汗)。
70年代プログレ全盛時に欲しいアルバムが山ほどあったのに、お金が無くて買えませんでした。
今、CDでその当時のアルバムが売っていても「買うならリアルタイムのアルバム」と思って結局、昔のプログレのアルバムは買えないままです(笑)。

「ドグマ」ですか?ブラジルですか?
なかなかマニアックですね~。今度YouTubeで探してみます。
tone toneさんも、たかみひろし氏のアルバムを、たくさん持っていそうですね~。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。