カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出の名曲アワー③【マミーブルー】

Poptops.jpgRicky.jpg


1960年代後半から1970年代前半の洋楽ポップスには、「競作」
というのが、結構有ったように思います。

例えばこの1971年にヒットした「マミー・ブルー」が、そう。

「オー・マミー、オー・マミー、マミー・ブルー、オ・マミー・ブルー」
お・まみまみ~(←ヴォーカル、優木まおみもみもみではない)」

このフレーズが今でも耳に残る、哀愁帯びたヒット・ソングです。

私が知る限りでは、ポップ・トップスというスペインのグループと、
リッキー・シェインというソロ・シンガーが、この「マミー・ブルー」
をチャート・インさせておりました。

一人のアーティスト(バンド)が、TOP10に2曲同時にチャート・イン
させる事は、今でも珍しい事では有りませんが、1つの同じ曲を
二人(二つ)のアーティストが、TOP10にチャート・インさせる事は、
今では考えられない事でしょう。


では、どっちが売れたかというと断然ポップ・トップスの方でした。
当時、1位を独走していたカーペンターズ「スーパースター」や、
ミッシェル・ポルナレフ「シェリーに口づけ」を蹴落として、堂々
NO.1ヒットに輝いたのですから。

何せ、シングル盤のジャケットに「本命盤」と、しっかり印刷
されている位ですから、相当自信があったのでしょう。

でも、北海道ローカルのチャート番組では、リッキー・シェイン
方がポップ・トップスよりも、上位にランク・インされた番組もあって、
熾烈な上位争いは、なかなか興味深いものでしたね~。



こちら、本命盤ポップ・トップスのマミー・ブルー



方や、渋い声のリッキー・シェインのマミー・ブルー


ただ、個人的には切ないメロディに悲しげな詩の内容が、ディープ
過ぎて当時、小学生のOASI-Zは、どちらのヴァージョンもそんなに
好きでは無かったという事は、内緒にしておいて下さい・・・(大汗)。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

俺が覚えてるのはポップトップスの方だと思います。まべびぃ、ばらばらなんつうのもありましたね。なんか同じ簡単なフレーズの洋楽が昔は多かったので、小学生でも適当にうたえましたね。

ロック仙人TFさん、いつもコメントありがとうございます。

そーですね、鼻歌でよく洋楽の曲を適当に口ずさんでいましたね~(笑)。
「want to」を「ワナ」「going to」を「ゴナ」と言うなんて事を覚えたのも、洋楽を聴いていたからですね。
でも、それを知っているからといって、英語の成績には直結しませんでしたけどね~(爆)。

夜遅くお邪魔します。

いや~!懐かしい曲でした。
この哀愁のメロディーは忘れられません。
ただ、歌詞の内容が、
家出をしていて、久し振りに帰ったら、
母は亡くなっていただなんて。
悲しすぎません?
身勝手な報いかも知れませんけど(苦笑)

Pop Topsの方はシングル盤持ってます。
ワタシもそんなに好きな曲じゃなかったですが、このシングルは友人に貰いました^^。
実際に歌っている動画なんて初めて見ました。さすが you tube^^。

ワタシが高1の時に流行ってましたが、オーナニー♪って替え歌歌ってました(爆)。

tone toneさん、夜遅くコメントありがとうございます。

夜に弱く、朝に強いOASI-Zです。(←老齢化現象?)
今朝も休日にもかかわらず、愛犬に6時半頃起こされました(笑)。

この曲が日本でヒットした要因は、tone toneさんが仰る通り、哀愁のメロディーにあったと思います。
ヒットした時期も「晩秋~冬」の頃で、叙情的な気分に浸れる季節でしたしね~。
歌詞の内容は、確かに悲惨ですよね。
でも、日本では意味がわからないからヒットしたのかも知れませんね~(笑)。

MASAさん、いつもコメントありがとうございます。

シングル盤を持っているんですか?さすがですね~。
当時は「400円」の時代でしたね。でも、その直後にオイルショックで「500円」になったような・・・。

「オーナニー♪・・・v-402」ですか?
当時ワタシはまだ小学生でしたので、その言葉自体も行為も(汗)、全く知らない健全な青少年でした~(爆)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。