カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALBUMS OF THE YEAR 2009 ①

2009年もあと僅かとなってまいりました。

OASI-Zは、1970年代~1980年代の曲ばかり紹介しているけど、
今の時代の曲を全く知らねーんじゃないの?とお思いの方も
いらっしゃるかも知れませんが、そんな事はありません<(`^´)>
しっかり、現在の曲も聴いてますよー\(-o-)/。

という事で、今日から3回にわたってOASI-Zが選ぶ
「ALBUMS OF THE YEAR 2009」を発表していこうと思います。

選考方法は
①とりあえず購入(もしくはダウンロード)したアルバムの中から
②ヘビーローテーションになった、印象深いアルバムを上位に
③上記アルバムから2曲をピックアップし、それをi-podに入れて
 何回か聴いて最終的に順位を決定する

まぁ、本当なら全アルバムを一通りチェックして決定すべき
なんでしょうけどね~。そんな時間も体力も(汗)無いもので(^^ゞ
i-podをイヤホンとスピーカーで聴きながら、なんとか順位をつけました。

因みに、輸入盤が昨年リリースされていても、日本盤が今年なって
発売されたものは、2009年のアルバム選考対象にします。

先ず、今日は21位から30位の発表です。

【今日の10曲】  ~テーマ『ALBUMS OF THE YEAR 2009 21位~30位』~
21.My Girls/Animal Collective・・・Merriweather Post Pavilion
22.Bite Hard/Franz Ferdinand・・・Tonight
23.Heads Will Roll/Yeah Yeah Yeahs・・・It's Blitz
24.Words Of Spectacular/Red Light Company・・・Fine Fascination
25.Two Weeks/Grizzly Bear・・・Veckatimest
26.Be Somebody/The Enemy・・・Music For The People
27.(If You're Wondering If I Want You To) I Want You To/Weezer・・・Raditude
28.Sheepskin Tearaway/Pete Doherty・・・Grace / Wastelands
29.Miss Tomorrow/Cheap Trick・・・The Latest
30.How Deep Is The Red/Elvis Costello・・・Secret, Profane & Sugarcane



0a8fa1909fa02a05b94a1210.L[2]
30位エルヴィス・コステロは、これが通算28枚目のオリジナル・アルバム。
32年のキャリアで、このリリース数は凄い!の一言。この人が居るから
私はロックを聴き続けていると言っても、過言ではありません。

51oFJXDDxjL._SL500_AA240_[1]
29位は「ベテラン健在!」を見せ付けたチープ・トリック

51xhPTaborL._SL500_AA240_[1]
28位はベイビー・シャンブルズの新作も待ち遠しい、ピーター・ドハーティー

41TlDfjeWCL._SL500_AA240_[1]
27位は前作以上にポップ度を増したウィーザー

41np4PES-WL._SL500_AA240_[1]
26位は前作以上にジャムやクラッシュ度が増した、ジ・エナミー

517teDJ2OsL._SL500_AA240_[1]
25位はブルックリン勢、期待のバロック・ポップ・バンドのグリズリー・ベア

>61RBL3xXFxL._SL500_AA240_[1]
24位はアーケイド・ファイアを彷彿させる高揚感と、珠玉のメロディで期待の新人
レッド・ライト・カンパニー


41qX2X899dL._SL500_AA240_[1]
23位はとにかくアルバム・カヴァーのアートワークが最高。もちろん音の方も
シンセ中心のダンス・ミュージックが最高!ヤー・ヤー・ヤーズ

513KslkeGeL._SL500_AA240_[1]
22位は80年代ディスコ・サウンドが懐かしかった、フランツ・フェルディナンド
でも、1stアルバムにあった、あの弾けた「グルーヴ感」はいずこへ?

61rY6yM8HWL._SL500_AA240_[1]
21位はサイケ、ファンク、レイヴ、ヒップホップなど様々な要素を詰め込んだ、
アニマル・コレクティヴの極上ポップ・アルバム。

如何でしたでしょうか?
この辺の順位は、その日の気分でコロコロ変わりそうな気がしますね~。

次回11位から20位をお楽しみに(^^♪

追記.
ブルース・スプリングスティーンを入れるの忘れてたー(汗)

関連記事
スポンサーサイト
THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。