カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Disc特集(2011年3月~4月) ③

Helplessness BluesGloss DropHelplessness BluesGloss DropHelplessness BluesGloss Drop

2011年3月~4月「New Disc特集」の3回目も、2枚のアルバムを
紹介します。

【ヘルプレスネス・ブルーズ/フリート・フォクシーズ】

Helplessness Blues

本日の1枚目は、フリート・フォクシーズの3年ぶり(日本では2年半ぶり)
の2ndアルバム『ヘルプレスネス・ブルーズ(Helplessness Blues)』
です。

先ずは「バッテリー・キンジー(Battery Kinzie)」をお聴き下さい。


Battery Kinzie  変わってなくて安心しますね


フリート・フォクシーズのデビュー・アルバムは、2009年年間ランキング
堂々、第1位に輝いたアルバムでした。

まぁ、アルバムも素晴らしい作品でしたが「ヒー・ダズント・ノウ・ホワイ」
いう楽曲の美しいメロディとハーモニーに、心を奪われて1位になったと
言っても過言では有りません。
バンジョー、マンドリン、ピアノ、フルート等、多種多様な楽器を用いながら、
オーガニックなハーモニーとコーラスを聴かせてくれる、「ネオ・フォーク」と
言われるこのバンドの音は、今回も健在。

その「ヒー・ダズント・ノウ・ホワイ」のような、カタルシスを喚起するような曲は
今回のアルバムには見当たらないのですが、聴けば聴くほど少しずつ、心が
浄化されて気が付けば、このバンドの世界観に包まれているアルバムです。

でも、フリート・フォクシーズを聴く人って年齢層高そうだな~。
(メンバーもヒゲ面で、老けて落ち着いて見えるし(笑))
ワタシが10代だったら、この音にはきっと向かわないでしょうね・・・。


Lorelai


【グロス・ドロップ/バトルス】

Gloss Drop

続いてのアルバムは、バトルスの4年ぶりの新作 『グロス・ドロップ
(Gloss Drop)』
 です。
先ずは先行シングルの「アイス・クリーム(Ice Cream)」をお聴き下さい。


Ice Cream これは過激にポップ!

前作(デビュー作)の『ミラード』を聴いた時、その圧倒的な演奏能力と
ビートとリズムを前面に出した、インストゥルメンタル中心のスタイルに 
「現代のプログレ・バンド」か?という感想を持ちました。
ビートとリズムを主体にしたプログレというと、キング・クリムゾン辺りを
イメージさせますが、バトルスは、もう少し過激でポップな佇まい。

この2ndでは、「バンドの頭脳」と言われたメンバーの中核タイヨンダイ
ツアーに疲弊して脱退。三人編成になった事により、以前は音楽的な
意見の対立で4人がぶつかり合う「バトル(笑)」が多かったのが、一つに
まとまる好結果を生んだようです。
その影響なのでしょうか、ポップな中にも実験的なリズムやアレンジに
よる高揚感が増し、ゲストによるヴォーカルの入った曲も増えて、1st
以上に聴き易くなった印象を受けます。

アルバムの中には、あの70年代後半~にシンセ・ポップで一世を風靡
した、ゲイリー・ニューマンのヴォーカルが、フィーチャリングされて
いる曲(曲名がなんとMy Machines!)があって、思わず涙を誘います。

余談ですが、前作同様に付録としてジャケット写真をモチーフにした
ポスターが収納されているのですが、このピンクのウニャウニャした
訳のわからないポスターって、要らなくね?


Atlas 因みにこれは1stの代表曲、イントロは「キャン・ザ・キャン」か?

関連記事
スポンサーサイト

THEME:洋楽ロック | GENRE:音楽 |

COMMENT

こんばんは!

バトルス、全然知らなかったのですがいいですね!
めっちゃかっこいいですよ、これ!!

素敵なものをご紹介してくださってありがとうございました。
要チェックやなぁ…。

煌砂さん、いつもコメントありがとうございます。

おぉ!、バトルス気に入っていただけましたか!
アルバムは未だ2枚しか出ておりませんが、キャリアは結構長くて、90年代からインディ・シーンで活動していたようです。

1stはインスト・ナンバーが多くて、アルバム後半はしんどい(笑)ところも有りますが、2ndはヴォーカル・ナンバーも多くて、聴き易いと思いますよ~。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。