カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

OASI-Z

Author:OASI-Z
札幌市出身で現在新潟市在住のOASI-Z(オアシーズ)です。
10歳の時に兄の影響で洋楽に目覚めたものの、80年代後半から急にロックがつまらなくなり、「競馬必勝法」の研究に没頭するようになる。その間、約15年以上のブランクがあったものの、2006年頃から空白を取り戻すかのように、洋楽を聴き始め今日に至っております。
音楽以外では、競馬を含むスポーツ鑑賞。サッカーJ1、アルビレックス新潟の熱心じゃない サポーターとしても活動中。

検索フォーム
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎のG1勝負 安田記念

NHKマイルCから5週連続で行われて来た「東京競馬場のG1レース」
オーラス、古馬のマイル王決定戦「安田記念」が今週の勝負レースです。

マイル(1,600m)という事で、ここでも書きましたが今週は血統馬券を重要視したいと思います。


【血統要注意馬】
・クレバートウショウ
・アパパネ
・リディル
・コスモセンサー
・ジョーカプチーノ


そして更に気になるのが、タイキシャトルのJRAのCM。
あのCMの意味するものは何か?

あの安田記念はタイキシャトルが1着、2着に香港のオリエンタルエクスプレス
2-11で決まりました。
何故覚えているかというと、珍しく的中したからです(爆)。
シンプルに考えて2番か11番。或いは枠連の1-6か?
或いは2着に日本では有り得ない、10文字以上の馬名の香港馬が来るのか?



第61回安田記念(G1)》 芝1,600m
【結論】
◎ジョーカプチーノ
◯シルポート
▲アパパネ
△ビューティーフラッシュ
注コスモセンサー


◎ジョーカプチーノ
近走は1,200mのレースを中心に走っておりますが、3歳時には府中1,600m
のNHKマイルCも制しており、距離は心配無いと思います。
前半、上手く折り合いをつけて、好位集団から直線抜け出しに期待します。

◯シルポート
ペースの鍵を握る馬。スローに落として逃げられる展開になれば、あっと
言わせるシーンも。

▲アパパネ
前走でブエナビスタを負かし、東京コースでは負けなしの実力は高く評価。
心配なのは、激戦の疲労残り。しかし不安は杞憂に終わるかも・・・。

△ビューティーフラッシュ
11文字馬名の香港馬。昨年暮れの香港マイルでは、エーシンフォワード
破り優勝。

注コスモセンサー
11番枠、キンカメ産駒、そして「大雨のなかの無敵」→「大雨のなか」→
「雨の中」→「雨中」→「宇宙」→「コスモ」(爆)
この馬が勝ったアーリントンCの2着馬が、なんとザタイキ!(大爆)


第61回安田記念の発走は15:40。
レース後の反省文をお楽しみに・・・。

***************************************************************

【レース後の反省文】

【レース結果】
1.リアルインパクト
2.ストロングリターン
3.スマイルジャック


いやぁ、上位3頭とも見事に買っていませんでした(大汗)。
ある意味、清々しいですね・・・(号泣)。
ジョーカプチーノは、粘りきれませんでしたね・・・。

それにしても勝ったリアルインパクトは、3歳馬として初の安田記念
制覇ですか。
それだけこのマイル路線における、古馬陣の層が薄いという事でしょうか?

アパパネは、激戦の疲れからか本来の走りでは有りませんでしたね~。

終わってみれば、堀厩舎のワン・ツー。キンシャサが引退しても、短距離
ではこの厩舎から目が離せませんね。

それと戸崎ジョッキー、初G1制覇おめでとうございました。
ウイニング・ランの時に、何度も何度も観客に頭を下げていたのが印象的
でした・・・。


関連記事
スポンサーサイト

THEME:競馬 | GENRE:スポーツ |

COMMENT

「大雨のなかの無敵」→「大雨のなか」→
「雨の中」→「雨中」→「宇宙」→「コスモ」は、笑えました(^^)
私も妄想し過ぎて余計な馬を買ってしまいます(^^;
3歳馬出走で要注意枠だと分かっていたんだけど、GⅠ2着馬とは言え新馬戦しか勝ってないからね(^^;

kazupさん、いつもコメントありがとうございます。

「コスモ」のくだりは、「赤面」ものですね~。あぁ、穴があったら入りたい・・・。
最低人気馬の、3着激走に期待してワイド馬券を買った事を後悔しています。

リアルインパクトの勝因は、何だったのでしょうね~。
斤量?それとも古馬が弱過ぎ?
騎手がデットーリだったら、説明もつくんだけど・・・。

リアルインパクトの勝因は、片岡理論風に解析すると2歳戦が国際レース化したニュータイプの世代だからですね!
予想にも3歳馬枠が激走すると書きましたが、3歳馬が出走出来るようになった年にNHKマイル3着馬の同枠が1着だったのは、既にリアルインパクトの激走を予言していたのかも知れません!

kazupさん、またまたコメントありがとうございます。

う~ん、片岡理論恐るべしですね。
しかも「NHKマイル3着馬」というのが、ポイントなのですね。
でも、NHKマイルCを勝ったグランプリボスが出ていれば、
ぶっこ抜いていたかというと、そうじゃないんでしょうね~・・・。

EDIT COMMENT

非公開コメント

oasiのつぶやき
Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。